teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


雪のCZ句をマイアミながら

 投稿者:敬愚  投稿日:2014年 2月11日(火)22時29分46秒
  落花毛雪に黄いろ目立つなり 敬愚
雪だるま目鼻立段々無くなる いや(目鼻段々無くもなる、?)
大雪や唐物月琴まで首もなく 斗愚
修理師も枇杷の丸なる寒夜半 酒愚
日の陰もなく哀れ黄色の花毛 愚庵

きっと雪溶けばブログにもCZ。下のバナナ写真だが、次ぎの新葉はやっと開いた。バナナツリーの成長を逆スローモーションで見たい!完璧に巻けばぬっと入り最後に黒子豚の尾みたいの糸しかみえないところは凄い。

http://www.paraverse.org

 
 

雪2

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2014年 2月10日(月)22時38分9秒
  雪だるまとりのこされてそこにあり  斗酒庵

さすがにこのご時世,炭など持ってない家が多いせいか,うちの近所では目鼻のない雪だるまが多いです。「雪だるま」というものは本来,目鼻がついてはじめて「雪だるま」と呼ばれるべきものですので,この手の目鼻のついていない,たんに雪玉を二つ重ねたような存在を,以後「ゆきまるだ」と呼ぶことにいたしましょう。(w)

http://gekkinon.cocolog-nifty.com/moonlute/

 

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2014年 2月10日(月)22時34分7秒
  雪に落ちひらいた花のいとおしき  斗酒庵

東京は40年ぶりだかの大雪でした。
30センチ積もりましたが,本日晴天。
かなり溶けちゃいましたね。

このところ,首がなくなって胴体だけになっちゃってた古い唐物(中国渡り)の月琴を修理してましたが,先日ようやく完成。ただいまちょっと産後のキョダツ状態です。(w)

http://gekkinon.cocolog-nifty.com/moonlute/

 

バナナの新葉のゆくえ

 投稿者:敬愚  投稿日:2014年 1月20日(月)03時00分7秒
  今年初バナナの葉廿日なるも無事 敬愚
よく見ればバナナ移らで破りけり 又愚

こんなに寒くて風もあるが壁と家の間で破る過程が遅い。
確かにいおりとあんの使い分けに問題あった。有難う。寝正月はねしょうに勝るが、真面目にいうと = 早く元気になるように、必要だけ長く寝たほうがいい。こちらは、風邪などないがインフルエンザの注射で腕がやられた!深く高き過ぎては困る。直るに数ヶ月かかるかも。その間に足の運動するが。写真で前に詠んだ事をすこしでもお見せしようかと。今までにWebに出した一番おじんっぽい皃写真だが、バナナの葉との好対照と思えば。。。しかしね、振り子さんは?Where is everybody?
 

年初め

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2014年 1月 8日(水)16時13分54秒
    木枯らしの向こうから狐の招く  斗酒庵
  晦日(みそかび)にわれは何処の遣いやら

 ことしも「王子・狐の行列」に参加してまいりました。
 はじめは暖かかったものの,夜半の冷え込みキツく,以降些少体調をくずして寝込む日々----たしかに「寝正月」ではありましたね。(w)

 月琴34号太華斎の修理を開始。胴体だけでしたが唐物月琴ですね。
 自作楽器ウサ琴の第6シリーズの製作を開始。通常ボディのエレキ月琴になる予定です。

  今年又こちに吹かれて馬の尾と前髪に化ける椰子の木の葉か

 ----は,イイと思う。ヘビの連作は「庵(いおり)」じゃなく「苫家」とかにしたほうが良かったかも。「庵ながら案外のうちハ」「○×庵」と建物の名前で言うときは「庵=アン」ですが,単体では「いおり」って読んじゃうなあ。

  鳥の餌をめぐりネズミと綱引で負けて引かれてヘビも到らず

 ほかはもーわけ分からん。
 爺待午年の本歌

  かくれんぼ節季の鬼も知らぬ子がもうか/\と春を待ちぬる

 いまならこうかな?

  かくれんぼ節季の鬼も知らぬ子がゲーム欲しさに春を待ちぬる
  かくれんぼ節季の鬼も知らぬ子がもうか/\と年玉ねだる

 

うま/\うまい年を!

 投稿者:敬愚  投稿日:2014年 1月 5日(日)04時34分10秒
  一ヶ月来なければまだ去年のまゝぢゃ 敬愚
いさむ間にむまくゆくはづ午年ハ   又愚
行慶はもっぱら窓のことり/ \
午盥こそないが豆吹きの今朝
鳥の餌を喰う鼠去る巳が惜し
やはり、この類いは狂歌に任すべき! 年賀駄弁下記にc+v(長すぎる場合二回において)

只今957252Wordsの草稿、というより来る春やっと大・中・小の三冊の日本語狂歌集を組む前に間引きすべき数万歌の打ち込む作業中、下記のFavorite無名なる「暮」の「児待春」狂歌を偶々読み直した瞬間、爺待午年という返歌ないし概念尻取を思いついた。ワインも少々飲んでいたから、心の綱を放して、止めるまで十五、六首も出来てしまった。得点乞いではないが、御覧になったら、いけるぞと面白く読まれた首あれば、教えて頂ければ感謝だし、駄目と思われた駄歌も、教えて頂けば又有難い。。。

かくれんぼ節季の鬼も知らぬ子がもうか/\と春を待ちぬる(女)見世 K5-1(内容だけで原題のは一見明白で無用。「子=ね=の大晦日」だったら敬愚には文句ないが。)=百=
何ぞもうか/ \の涎よりもひん良く待てば社むま年になる (外人)敬愚 (社=こそ)
今年こそ心の綱を遊ばせてひゝはんきくも勇みっぱなし 敬愚
ひひんよく勇めば心の駒や自由自在そのまゝうま/\年を 敬愚
んもゝもう/\もじゃ道ことしこそ合言葉なれうま/\うまい 敬愚
今年こそ馬鹿正直の貧乏神祭る敬愚もきっとうまくゆく 敬愚

From Year of the Snake to Year of the Horse 狂歌風の年越。
去る奴の腰もなくゝる奴の腰こそ危ないは和歌の去年今年 敬愚
腰無きの穴あわれじゃ去年今年なるも腰折気にせぬ狂歌等 敬愚
去るが腰こそなくゝるは腰折を笑ってもいい狂歌の年越し 敬愚

一環前にココナツの椰子の木を西洋の東海岸に立ちながら仰ぐ思い出がまだ鮮やか。騎馬魔の妹はもうあの世。一番若い妹まだ活きている、やはり独身の午年。明日も見えるといいから、今日よりもいささかの風あれ。

今年又こちに吹かれて馬の尾と前髪に化ける椰子の木の葉か 敬愚
いさゝかぞ風あれと椰子さまに成るむま年に長閑さハ品なき 又愚

Old News:Last Year of the Snake that wasn’t here when s/he was needed.
鳥の餌をぬすむ鼠を食う蛇を一度とも我が庵に来られず
庵ながら案外のうちハ雨漏りに鼠が小もり守宮はいいが
庵のやね鼠の穴場なればしし臭くも来ぬじゃ人こそ恨む
狂歌のみ相手にすれば俳輩の這と縁なく寄らぬ蛇かな
お金さえあったら何尾も買った蛇(じゃ)どうしょうも亡くならぬハねずみ
 

落葉

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年12月12日(木)02時37分3秒
  落ち葉食む土へと還るにおいがした  斗酒庵
日の落ちる木の葉のむこう山の雪
 

湯屋

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年11月29日(金)19時57分50秒
  青鬼がゆだって帰る冬の湯屋  斗酒庵
青鬼が赤鬼になる冬の湯屋
極楽とは言うもののエンマばかり
この世とは赤鬼ばかり冬の湯屋

青鬼の句はどっちがマシかな?
 

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年11月20日(水)02時49分56秒
  ひいらぎの香る誰も知らない夜  斗酒庵

http://gekkinon.cocolog-nifty.com/moonlute/

 

冬月

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年11月17日(日)21時15分25秒
  月を見て吠える酔人のエチュード  斗酒庵
甲高くおのれ蔑む酔うた月
くりごとをただ冷ややかに冬の月

http://gekkinon.cocolog-nifty.com/moonlute/

 

食花三句

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年11月17日(日)20時57分37秒
  花を食う美しくもなき夕餉かな  斗酒庵
この花はめざしの手向け冬の膳
汁に盛る黄色き菊のあはれかな

ことしもまた菊の花のおみおつけの季節がやってきました。
もうほんと,毎日花ばっかり喰らっています。
夏の帰省から帰京して二ヶ月,月琴3本,笛一本を修理して,府中に行ったり鬼怒川に行ったり,熊谷に行ったりの毎日ですが,まだじっくりと紅葉など見ておりませぬ。

http://gekkinon.cocolog-nifty.com/moonlute/

 

蝉時雨

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 7月31日(水)13時22分11秒
  風ひとつ身にまとうかな蝉時雨  斗酒庵
蝉時雨ゲリラの雨と競い合う

雨の日の神社は子供のころの秘密基地のニオイがします。

うぃ敬愚さま,おひさしぶり。
こちらも現在フンドシ一丁。
日本の夏はやっぱりフンドシがよろしい----蒸れないし。

今日の深夜から帰省行,到着は2日早暁の予定。
去年は向こうも熱暑で,実家からほとんどどこへも行けませんでしたが,今年は少しうろつけるといいな。
8~9月に小樽・札幌方面おいでの方は,ご連絡いただければ市内B級(以下)グルメ案内くらいはしまっせー。
ほかは週1~2,運河で月琴弾いております。

http://gekkinon.cocolog-nifty.com/moonlute/

 

納涼

 投稿者:敬愚  投稿日:2013年 7月27日(土)23時27分31秒
編集済
  音楽は自由の夏ぞ他人はAC 敬愚
我独りマイアミの夏抜き身哉 慢愚
扇風機と窓の加減に過ごす夏 現愚
独りなつ下着一枚の老楽かな 老愚
納涼は朝から下着いちまいぞ 軽愚

今年も、まだAC一度とも使わず自慢。ただし日本で珍しい?天井扇風機で頭寒、石の床で足裏も涼しい。独り住いで、下着一枚の毎日は楽の最終句だけはいけるでしょう?

在ブルクリンの頃6階の窓からCZさんのしたから見た三月桜同様のFeelingを覚えて入る: 夏虫のごと街灯に群がる春の雪 と早く解けるを字余りなるが。。。 又、春の電話に応えしなかったが、あれや浮け海鼠ころの美代子さんの野生?句みたい。写真と組み合わせるユーモアは中々。

http://www.paraverse.org

 

あじさい

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 6月20日(木)10時04分30秒
  紫陽花の色気まぐれにうつろうて  斗酒庵
上水の掃除が告げる桜桃忌

今年も月琴で太宰はんの朗読の伴奏してました。
女性は好きみたいですね~。
どんな魚に生まれ変われただろうか?----と聞かれたので,

「チョウチンアンコウのオス。」

と答えてしまいましたが(w)。
 

桜桃忌

 投稿者:まにょん  投稿日:2013年 6月19日(水)22時55分48秒
  ですね。今日は。
 

梅雨

 投稿者:まにょん  投稿日:2013年 6月17日(月)23時48分23秒
  裏切りや梅雨の晴れ間の跨線橋  まにょん

むしむしと梅雨ですね。でもそんなに嫌いじゃない。
皆様お元気でせうか。
 

新緑

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 5月15日(水)00時44分6秒
  青もみじ透かした空に人が行く  斗酒庵  

春夕

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 5月 7日(火)14時38分49秒
  夕焼けに追いつくまでにどのくらい  斗酒庵

んー,藤見,今年は行けなかったなあ。
菖蒲あやめ,かきつばたのため葛飾方向へ遠出しようと思ってます。
 

藤の花

 投稿者:まにょん  投稿日:2013年 4月28日(日)23時44分32秒
編集済
  今日の亀戸天神の藤の花です。もう盛りは過ぎていましたが、
それでもとてもきれいでしたよ。亀がのんびり甲羅干ししていました。
それにしてもすごい人手でした。
 

(無題)

 投稿者:まにょん  投稿日:2013年 4月16日(火)19時47分19秒
  悔い深しされど揺れるは藤の花   まにょん

春は後悔の季節?後悔しても始まらないこともあり……。
 

春愁

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 4月15日(月)17時55分49秒
  誰が植えたわけもなく咲く悔いの花  斗酒庵

 

(無題)

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 4月14日(日)23時29分37秒
  葱坊主みんなならんでどこへゆく  斗酒庵

 

菜花

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 4月14日(日)23時27分45秒
  菜の花を追いかけて空へ漕ぐ  斗酒庵
 

落花

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 4月13日(土)03時32分4秒
  散る花の影を追うては猫の跳ぶ  斗酒庵

日本はまだ花の季節。桜のつぎはツツジが咲きます。
つぎはアヤメかカキツバタ。
 

落花休養?

 投稿者:敬愚  投稿日:2013年 4月12日(金)04時24分39秒
  風の手も人の足跡もない落花 のご写真(二つ↓)も俳句よ。
SFのタイトル面白い。はじめて、砂糖も加えないYoghurtを日本人に紹介すれば、われわれは決してこのようなすっぱいもの喰わないよ、日本人の口には。。。と言われた、誰かが。

http://www.paraverse.org

 

花見

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 4月10日(水)01時40分46秒
  花を見て疲れて帰る親も子も  斗酒庵
花を見てなお哀しげに受験生
液晶に花びら落ちてしかめつら
 

花筵

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 4月10日(水)01時30分57秒
  花のむしろに遊ぶ子等に幸あれ  斗酒庵

 桜の季節も,もう終わりですね。馬肉食いたい。
 『地球はプレイン・ヨーグルト』(梶尾真治)っていうSF知ってる?
 味覚の前では人間って,ああいうもんだと思うなあ。
 意思の疎通があろうとなかろうとねえ。
 

復活祭

 投稿者:敬愚  投稿日:2013年 4月 5日(金)03時36分55秒
  復活祭初日の出を見逃す牧師 敬愚 (ルポ俳句ですね)

3-31の下記は。鯨一頭がペンナイフにて切り離されたビデオを、CZへ送ったわけ。
我輩も鯨の肉、いや、そのコリコリかじられる脂肪が旨いとおもうが、最期まで見たら、腹がつくような気持ちでないと思うよ。何回もめちゃくちゃに高く飛びあがるだけではなく、尾を五回引き続いて海面に叩くことから、鯨からの感謝の表現と受けない方が難しいよ。

http://www.youtube.com/watch_popup?v=EBYPlcSD490> Click

http://www.paraverse.org

 

鯨春

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 3月31日(日)01時19分32秒
  せめて尾の先を噛ませよ春鯨  斗酒庵

うむ,観たら何やらお腹が空いた。
 

早春

 投稿者:CHARLIE ZHANG  投稿日:2013年 3月23日(土)23時00分17秒
  誰か電話した?いきなり春が来た  

レンタル掲示板
/51