teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


長男医師になる

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2017年 3月19日(日)17時30分17秒
返信・引用 編集済
  2017年3月17日午後2時少し前から、長男はパソコンの前に座り、厚労省の医師国家試験合格発表のページを開いて待ち構えていた。

午後2時になったとたん

「あった! やった!」

長男の叫び声が聞こえた。

長男が医師になった瞬間だ。

長男が同じ医師の道を進むと思うと、不思議な気持ちと同時に嬉しさがこみあげてきた。

世間では医師になる子供は、私の小・中・高で医師になった同級生のように、非常に真面目で優等生が多く、先生からも一目置かれたりする。

長男はそのような「まじめで勉強が良くでき、先生からの評判が良い子供」とは程遠い子供だった。

私が子供のころそうであったように、同年齢の子供達と一緒に遊ぶよりも、ひとりで自分の好きなように遊ぶのが好きな子供だった。(別の言い方をすれば協調性が無いのだ)

思い返せば長男との戦いは長かった、本当に長かった、苦悩の連続だった。

長男が医学部に合格した時もうれしかったが、やはり医師国家試験に合格して初めて同じ世界といえる。いくら医学部の合格しても医師になるには、国家試験に合格して初めて医師になったと言えるのだが、ここからが医師としてのスタートが始まるのだ。

これから2年間豊橋市内の病院で研修をすることになっている。
研修が始まるまでの間、乳幼児から老人、日本人だけでなく外国人にいたるまで、町医者に来る多くのありふれた疾患とその中に潜む重篤な疾患を嗅ぎ分ける方法を、長男に少しでも伝わればいいと思って外来の手伝いをさせている。
患者さんに長男だと教えると快く協力してくださる。

これから厳しい毎日が続くと思うが、へこたれることなく研修を終えてほしい。



 
 

高校同窓会

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2016年 7月 4日(月)00時10分49秒
返信・引用
  名古屋マリオットアソシアホテルで岡崎高校の同窓会があった。
前回、エレベーターを間違えて、少し遅刻し集合写真にぎりぎりだったので、今回は少し早めに出かけた。
40分ほど前に着いたが、すでに大勢きていた。おおよそ120名くらいの出席だった。
同窓会は、幹事の意向で毎回オリンピックの年に開催されることになっているようだ。
だから、次回は2020年東京オリンピックの年になる。

同窓会や同級会には小学校から大学まで余程の理由がない限り出席している。
というのは、「同級生の顔を見ると若き日の自分を思い出す」からだ。
回想することで当時のことが次々と思い出され、脳がリフレッシュしていく感じがする。
お互い年を取ったと感じても、しばらくするとどんどん若返ってくるのは面白い。
64才ともなれば脳の機能もだんだんと低下し、ほんの数分前のことが思い出せないのは情けない。

今回も久しぶりに顔を見て、たとえ話をしなくても「ああみんなまだ元気なんだ」とホッとする。
この安らぎが何とも言えないほど心地よい。

毎回、クラス別の写真撮影があり、岡高哀歌と校歌を全員で歌う。

会いたい人は何人かいるのだが、そういう人に限って出席していない気がしてしまう。
では、出席していたから話をしたいかと言うと必ずしもそうではない。
出席していないからそう思うのかもしれない。

今日は全国的に気温が上昇し今年一番の暑さだったとのこと。
名古屋駅のプラットホームは、冷房病の身には相当こたえた。
年中、快適な診察室で仕事をしているので気温の変化に体がついてこない。
新幹線の中は快適な温度で元気が出てくる。
豊橋駅のプラットホームも同様に暑かった。
急いでタクシーに乗り自宅に戻った。
やはり自宅はホッとする。

今日は眩暈がするほど暑かった。
その所為か同窓会が幻のように思えた。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2016年 1月 4日(月)00時12分20秒
返信・引用
  みなさまあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年はサミットが伊勢志摩で行われるため、毎年、年末年始を過ごす志摩観光ホテルクラッシックが内装工事となり予約できなかった。
そのため止む無く別のホテルで新年を迎えた。

今までも5月の連休と盆休みと年末年始の3回は、家族全員旅先で過ごす事にしていたのだが、長男と次男の大学受験があり、この数年間は全員が揃うことはなかった。
昨年、次男が東京医科歯科大学医学部に大学に合格したので5月は東京、お盆は奥志賀高原、年末年始は志摩半島で過ごす事が出来た。

昨年、次男の合格祈願をしたのが天の岩戸(恵利原の水穴)だった。
https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_2222.html
元旦は家族全員でお礼参りをした。
ここは、参拝者が少なくて「霊験あらたか」な気がします。

長男の時は豊川の財賀寺で合格祈願をして長崎大学医学部に合格した。
http://www.ccnet-ai.ne.jp/zaikaji/
ここもお参りに伺うことが多い。

私は医学部受験で初めて合格祈願をしたのが岐阜市の伊奈波神社だった。
http://www.inabasan.com/
現役の時には神頼みをする気は全くなかったが、さすがに医学部受験の時には精神的なプレッシャーがあったので初めてお参りをした。
それ以来、機会があれば家内安全、商売繁盛、無病息災、合格祈願などお参りをするようになった。

気丈な人でも個人の能力には限界があり、目に見えない力が運命を大きく左右するものだと思います。
苦しい時の神頼みではなく「何かにつけてお参りをする」ことにしましょう。
私がこんなことをしているとは、同級生の誰も想像できないと思います。

何かご質問がありましたら忌憚なく書き込んでください。
 

泉鏡花

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2015年10月23日(金)19時19分16秒
返信・引用 編集済
  最近、泉鏡花の作品にはまっている。

「水木しげる」の妖怪本をアマゾンで探していて、「水木しげるの泉鏡花伝」を見つけたので早速注文した。
アマゾンから届いたので読んでみるとこれがまた面白かった!
原作の泉鏡花に急に興味が湧き、鏡花の作品を集めることにした。

アマゾンで鏡花全集を探したが見当たらなかったので、会員登録している「日本の古本屋」で見つけて
『鏡花全集』全29巻 岩波書店(全収録作品一覧http://www2s.biglobe.ne.jp/~ant/zensyu.html
を購入した。http://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/ra112/users/0/8/4/9/hibitai-img600x465-1432228860jqnujq26119.jpg

泉鏡花の作品は「外科室」「日本橋」「高野聖」くらいしか思い浮かばない。

私の蔵書の中に「特選 名著復刻全集 近代文学館」がある。
このなかに復刻版「日本橋」(泉鏡花)があり、その装丁は非常に美しく素敵で一見の価値がある。(写真1.2.3)

アマゾンのプライム会員になっているので特典として「プライムのついたビデオは全て無料」で視聴できる。
その中に、「日本橋」の映画ビデオがあったので早速視聴した。
本の内容とほとんど同じなのだが、視聴者に分かりやすく再構成してあった。
映画 日本橋 1956
https://www.amazon.co.jp/日本橋-淡島千景/dp/B015ANNJS6/ref=sr_1_1?s=instant-video&ie=UTF8&qid=1445565098&sr=1-1&keywords=日本橋

妖しくも美しい女の恋の執念を描いた泉鏡花の名作を大映カラーにより再映画化。
脚色は、「処刑の部屋」の和田夏十、監督も同じく市川崑、撮影は「魔の花嫁衣裳 (前後篇)」の渡辺公夫。
主な出演は「鶴八鶴次郎」の淡島千景、「夜の河」の山本富士子、「涙」の若尾文子、「惚れるな弥ン八」の船越英二、「鶴八鶴次郎」の柳永二郎、「スタジオは大騒ぎ」の品川隆二、その他岸輝子、浦辺粂子、潮万太郎など。

淡島千景が美しくとても魅力的だ。
山本富士子も若尾文子も美人だが淡島千景の魅力には叶わない。
映画のストーリーは下記にあるとおりで、現代日本人が失ってしまった「愛」が美しく表現されている。
http://movie.walkerplus.com/mv24838/
日本橋元大工町、幽霊が出るという噂のある露地の細道に稲葉家は移転。女あるじお孝は雛妓お千世を始め抱妓九人を持つ日本橋の芸者、意地と張りが身上で界隈切っての美人芸者清葉と張合い、清葉に振られたためお孝と出来た客も一人、二人でない。五十嵐伝吉もその一人。もとは海産物問屋だが、清葉に振られた処をお孝に拾われ夢中になったのも束の間、やがてお孝にも追い出され、問屋はつぶれ女房も死ぬ。今は可愛い子供も棄て、お孝を求めてさまようばかり。行方知れぬ姉を探す医学士、葛木晋三は姉に瓜二つの清葉を知り、ある夜、待合お鹿で自らの心情を打明ける。だが清葉は旦那も子供もある身、乱れる心を押え冷たく別れの盃を交す。その夜更け、一石橋の上で姉のかたみの一文雛を川へ放した葛木は通り掛った笠原巡査に不審尋問。困っている処を、ほろ酔い加減のお孝の気転で救われる。二人はその夜、結ばれた。清葉の家の露地板にある夜、捨て子。赤熊こと伝吉の子供とも知らず、清葉は養い親となる。初夏の頃、もうお孝にとって葛木は無二の人。短刀で凄んで居直ろうとした伝吉もお孝の真剣さに圧倒され、一石橋で葛木を待伏せ、お孝と切れてくれと嘆願。葛木は彼の執念に動揺し、世を捨てて巡礼に出る。翌年の夏、恋しさのあまり狂人となったお孝は、叔母と名乗る性悪婆に一人残った抱妓お千世と三人の佗住い。日の暮れる頃、清葉の家の近くに火の手が上る。清葉の母と養いの赤児を救った伝吉は、その勢いで恨みの稲葉家につっ走る。伝吉は婆とお千世を一突き、だがお孝は彼の手から刀を奪い彼を刺す。その瞬間「しまった」と駈込む旅僧姿の葛木。お孝の瞳に正気が甦った。だが生涯に唯一度、誠の夫と誓う人への再会の喜びも束の間、正気を取戻したお孝は台所で静かに毒をあおいだ。数日後、旅立姿の葛木が清葉を訪れ、仏門に余生を送る覚悟を述べた。お孝こそ自分の妻と語る彼は、忍び泣く清葉を後に日本橋を去って行く。

また、別の見方をされているブログがあるので紹介しておきます。
鏡花、人形、『日本橋』http://www2s.biglobe.ne.jp/~ant/nihonbas.html



****
 

中学の同窓会

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2015年 9月28日(月)12時30分26秒
返信・引用
  九月十九日土曜日に中学校の同窓会が三河湾リゾート・リンクスで開かれた。

リンクスの場所が分からなかったので、一週間前の九月十二日土曜日にドライブがてらリンクスを見に行った。場所は分かりやすく景色のとても良いところに建っていた。

今回は帰宅組と泊まり組の選択で、私は娘が待っているので帰宅組とした。

恩師は数学の先生一人で、中学一年の時の担任は体調不良とのことで急遽欠席となった。
中二中三の恩師はすでに他界されている。

同級会や同窓会には都合がつく限り出席することにしている。
やはりこの年になると、「自分はまだ生きているぞ」と知らせると同時に、同級生が今どうなっているかが気になる。

出席するメンバーはたいてい同じ顔ぶれでみな元気そうだった。
しかし、亡くなった同級生の話を聞き・・・
ああ。あの娘が・・・笑顔のかわいい子だった。
小中と一緒だったこともあり寂しい思いをした。

今どうしているか顔を見たいと思うくせに、もう一つの心は顔を合わしたくないとも思う相手もいる。
子供の頃の思い出は、あとから思うと普通はいいことが多いのだが、私の場合はいろいろありまして、なかなか難しいものがあるのです。

小中高の同級生でプロのジャズピアニストになって活躍しているのもいる。
彼は福山雅治似のいい男で見た目も若さを保っていることに感心した。

毎回会う同じクラスの女性と、いつものごとく近況報告をした。
懐かしい人たちと会うことの大切さは、会わなければわからないものだ。
昔、仲が悪くとも何十年の月日がそれを解決してくれる。

同級会に出席して、少しばかり元気をもらいました。
 

Re: 少年オルフェ

 投稿者:通りすがり  投稿日:2015年 7月 5日(日)17時49分14秒
返信・引用
  > No.315[元記事へ]

アオキ医院さんへのお返事です。

わたしも長い間探しています。
これはネットで見つけた画像です。
たぶん初版の表紙。おぼろげに覚えています。
 

Skypeで家族団らん

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2015年 4月14日(火)23時02分18秒
返信・引用 編集済
  ITの申し子(長男)の大活躍で、次男の東京住まいもようやく落ち着いた。

今日は、長男(長崎)、次男(東京)、家内(岐阜)、私(豊橋)の4ヶ所を
Skypeを介して顔を見ながらの家族団らんができた。

祖母と娘と私の映っている画面に、長男、次男、家内の姿も映しだせるようになっていた、
以前のSkypeがさらに進化しているのに驚いた。

これで、次男の勉強のアドバイスが3人でできる。

うるさいのがいっぱいいるから次男もたいへんだ。



今日、次男は初めてご飯を炊いたらお粥になってしまったとのこと。

皆で大笑い。

「失敗から学習は始まる」

いままでご飯を炊いたことのない次男にとっていい勉強になったでしょう。
 

ギターで歌うフォークソング「ひき語りでいこう」

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2015年 2月25日(水)00時01分57秒
返信・引用 編集済
  ギターで歌うフォークソング「ひき語りでいこう」①②③④
原荘介編<全音楽譜出版社>(写真:上)

「フォークソングの広場」 <全音楽譜出版社>(写真:中)

40年以上前の本ががまだ手元にあります。

当時を私たちは岐薬時代と呼ぶ。
ものすごい田舎、岐阜市三田洞の若竹荘で4年間過ごした青春時代。

本はボロボロ・・・思い出ポロポロ

見るからに古い本ですね。
とうぜん、今はレア本です!
さていくらの値がつきますか・・・絶対に売りません。

身も心もボロボロになりながら自分の生き方を模索していた。
自分は何のために生まれてきたのか・・・
自分はどんな生き方をすべきか・・・
自分の未来には何があるのだろうか・・・
真剣に悩んでいた。
だから「なんのために」(写真:下)をホントに良く歌った。

本も暗い作品ばかり読んでいた。
とくに太宰治の作品で、多くの人が「はしか」のように一度は経験する「人生に対する虚無感・厭世観」に酔い痴れた。
自殺を真剣に考えたりもした。
しかし、実行はしなかった。
今思えば「そのように思う自分に酔っていた」だけのこと。

学生運動に参加したおかげで「人間の嫌らしい根性」を目の当たりにした。
彼女との決別もあって、この大学で過ごす価値がなくなった。
そして、「大学生をやり直そう」と医学部再受験をした。
この四年間は私にとってまさに「暗黒時代」だった。





*******


*******
 

1962年初版の「少年オルフェ」

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2015年 2月24日(火)23時48分50秒
返信・引用 編集済
  ついに手に入れた!

先日、ネットで1962年初版の「少年オルフェ」(米沢幸男)がオークションに出されていた。
早速、長男に連絡し「小遣いやるから絶対に落札しろ。競争入札だからいくら掛かってもかまわない。必ず落札しろ」と指令した。
かくして落札できたので先日本が届いた。
53年も前の本とはとても思えないほど良い状態だった。
箱も無傷で、本にはセロファンのカバーがかけられ読んだ形跡のない将に53年前の新品だった。
これには本当に驚いた。
やや高めの落札金額だったが、この状態なら安いと思えるほどだ。
長年恋焦がれて探し続けた本が手に入り喜びもひとしおだ。

私がこの本に入れ込むには訳がある。
この本は私にとってエポックメイキングな存在なのだ。
それは小学校4年10歳のときだった。
行儀の悪い私は担任から連日ビンタをうけ廊下に立たされ授業をまともに受けていなかった。
そんな面白くない毎日を過ごしていた私が、この本に出会ってから読書の面白さを知った、まさにエポックメイキングな存在だった。それ以来、図書館に行っては面白そうな本を手当たり次第に読んだ。
私は夢中になると音が聞こえなくなるので、当然、始業ベルの音も聞こえなかった。
当時のクラスメート(教師になっている)が同級会で会うたび「授業始まっても、お前がいないのでオレは探しにいかされた」とこぼすのだが、全く記憶にない。
(それはそうでしょう。もともと教室にいないので記憶にないのはあたりまえですね)

前回掲示板に書いたのは1981年、講談社版、青い鳥文庫の「少年オルフェ」だった。
初版とは、挿絵作家が違う。
1962年の初版は依光隆氏。
1981年は谷俊彦氏。

この1981年の講談社版青い鳥文庫の「少年オルフェ」ですらなかなか入手困難だ。
ネット検索し地元の図書館にあることが分かり早速借りた。
読んだとたん「この本だ」と感じた。
しかし1981年当時、私が29歳で医学部の4年生だから、昔読んだのはこの本ではない。
それゆえ、初版本にはとりわけ強い思い入れがある。

話の内容は覚えていたのだが、肝心のタイトルを間違えて「黄色いオルフェ」と記憶していたので、「少年オルフェ」とわかるまでに随分時間が掛かった。
なぜ「黄色いオルフェ」になったのかは、この1962年初版本を手にしてようやく納得した。(写真上)
なぜなら背表紙が黄色で、(図書館では背表紙しか見えない)この黄色が本の題名に入り込んでしまったからであった。

念願の1962年初版の「少年オルフェ」が手に入ったので報告します。



*****
 

Kindle Voyage

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2015年 1月19日(月)14時39分35秒
返信・引用
  最近、amazonで昔懐かしい教科書や原著や古典を買っている。

暇に任せていろいろ探していたら、Kindle Voyageが新発売になったのを知った。



いままで、iPadやNexus7のアンドロイドを使っていたので読書だけのためにKindlewo買うつもりはなかった。

ところが、いろいろな本を購入していると、Kindleのダウンロード版で本が格安または無料で手に入るのを知った。



Kindle Voyageの「ワイヤレス接続: Wi-Fi + 無料3G」にすると、

Wi-fiを使用しなくともdocomoの3Gが無料(amazon負担、機械代にくみこまれている)で利用できる

ので、早速1-Clickで購入した。



ついでに、付属品もいろいろ購入してしまった。

Amazon Kindle Voyage用ORIGAMI本皮カバー

Amazon Kindle 5W USB 充電器

BUFFALO Kindle Voyage専用 気泡ができにくい 反射防止フィルム 2枚入り BSTPKDT4FTW

Kindle Voyage用 事故保証プラン (落下・水濡れ等の保証付き)

昔から、私はこの手のものを衝動買いしてしまうことが多い・・・・(;^_^A

付属品が先に届いて本体が後から届いた。



ここから私は大失敗したのです!

今回はこの苦労と対処法を残しておきます。

早速本体に反射防止フィルムを貼ろうとしたときにスイッチを入れてしまいKindleが起動してしまった。

フィルムを貼るまえに言語設定をしなかったので、

言語がなんとスペイン語になってしまった
!!!

Nexusでは英語だったのですぐに言語の再設定ができたのだが、今回はスペイン語!!!

さて、困ってしまいネットで検索したがわかりやすく出ていない!!!

たった一つあったのが、ホーム画面で右上の三本線をタッチしそこから

「設定、端末オプション、言語と辞書、言語 と押してゆけば日本語になる」

とあったが、スペイン語なので困った。

いろいろ押しているうちになんとかたどり着いたのだが、これでは効率が悪い。



そこで、判りやすく戻す方法を残すことにした。

<Kindle Voyage スペイン語を日本語に戻す方法>

まずホーム画面で右上の三本線をタッチする。



リストの上から四番目(設定、Configracion



リストの上から四番目(端末オプション、Personalizar mi Kindle



リストの上から五番目(言語と辞書、Idioma y diccionarios



リストの一番上(言語、Idioma



日本語をチェックしOKを押す。



すると、再起動しスペイン語が日本語になります。


簡単に「ホームで三本線をタッチして、4、4、3、1番目、Okとタッチして再起動」です。


キーボードは何カ国でも設定できるのですが、いろいろあると探すのが面倒なので英語とドイツ語だけにした。

知ってしまえばなんてことは無いのですが、初めてで(英語やドイツ語ならまだしも)スペイン語やその他の言語になってしまうと途方にくれしまいます。

そんなことで、今回は大失敗を残しておきます。、
 

謹賀新年

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2015年 1月 1日(木)17時26分25秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。
写真は天の岩戸です。
伊勢神宮は混雑するのでいつも避けてお詣りをします。
ご質問がありましたら、遠慮なく書き込んでください。
非公開の場合はメールください。
 

エボラについて

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2014年11月 4日(火)23時05分28秒
返信・引用
  エボラ感染が世界的脅威になっている。
すでにネットでエボラ出血熱についての情報を得ているでしょう。

加藤康幸医師の意見が解りやすいのでUPします。

エボラウイルスの危険性と日本の準備態勢
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20141029-00013747-president-nb&p=1

■どんどん感染する、どんどん人が死ぬ

 死者が4000人を超え、米国やスペインでも二次感染が確認されたエボラ出血熱。いよいよ日本上陸か――。国際感染症対策室の医長・加藤康幸氏は、WHOのミッションでエボラ出血熱の発生地である西アフリカを今年2度訪問した。現地では何が起きているのか。日本の対策は万全か。日本で「ウイルス性出血熱―診療の手引き」をまとめた加藤氏※に聞いた。

※医師 加藤康幸(かとう・やすゆき) 国立国際医療研究センター国際感染症対策室医長。1969年生まれ。千葉大学医学部卒、米ジョンズ・ホプキンス大学大学院修了。都立病院勤務などを経て現職。日本で数少ない「1類感染症」(最も危険性が高い感染症)の専門家。

 エボラ出血熱はリベリア、シエラレオネ、ギニアを中心に感染者が増えています。私は5月と8月の2回、リベリアの首都モンロビアを訪れました。

 5月の時点ではほとんど患者はいませんでしたが、8月に行ったときには急速に増えていました。しかし私の到着時、感染者を治療する施設ETU(Ebola Treatment Unit)は1つしか稼働しておらず、ベッド数は25床のみ。すでにキャパシティを超えていました。入院が必要な患者も60人、90人という加速度的なペースで増え続けていました。

 症状は体温が39度を超えるような高い熱が一般的です。最初の1週間高熱が続き、嘔吐や下痢、腹痛もよくあります。2週目に入ると症状がより顕著になり、下痢や嘔吐のなかに血液が混じることもあります。生死を分けるのは発症から、10日から2週間程度の間です。その期間を耐えることができるかが問題です。

 そもそもアフリカ大陸には様々な感染症が蔓延しています。リベリアやギニアなど西アフリカではマラリアが多く、診療所には日々マラリア患者が来ます。ただ、エボラのように短期間で人から人にうつり、医療従事者まで亡くなってしまうような病気はほとんどなく、私自身もこれまで経験したことがありません。

 エボラウイルスが人に感染する経路は主に粘膜です。目や口の粘膜のほか、傷口などからも入ります。感染者が集中している3カ国は、経済指数でいえばアフリカでも下から数えて何番目かの国々。居住空間では、狭い部屋に大勢の人が生活をしています。水洗トイレはありませんから、患者が下痢や嘔吐をしても水で洗い流せるわけではないのです。どうしても衛生面での問題がある。

 医療機関にも同じことがいえます。5月に訪問したとき、各地の病院を視察してわかったことは、手洗い場が少ないことです。あっても石鹸がない。手を拭くタオルもいろんな人が拭いたものがずっとそのままになっているので清潔ではありません。

 このような状況で病院内にエボラが入ってきたら間違いなく拡がります。5月に現地入りしたときは医療環境の改善に力を入れようとしたのですが、物資も医療従事者の意識も、現状に追いつけませんでした。8月の再訪問時にはここまで拡がるものかというほど、感染が拡がっていたのです。

感染が拡大した背景には、現地の葬儀の風習もあるといわれています。WHOのスタッフには文化人類学の専門家もおられたので、その方々から聞いたのですが、西アフリカの葬儀は厳かで、とても盛大なのだそうです。

 日本だと病院で亡くなる方が多いですから、看護師が防護具を身につけ、遺体をきれいにします。口や消化管からは亡くなった後も体液が出ますので綿を詰めたりします。そして服を着せ、あとは葬儀屋さんが棺に納めるという流れになりますが、西アフリカは違います。男性が亡くなれば男性の親族が、女性が亡くなれば女性の親族が、家の中で体をきれいにする。身近な方が死者を清めることが大切で、精神的、宗教的な意味合いが強いんです。長い間続いてきた慣習を、外からやってきた人が「そうするとエボラウイルスに感染するから、やめたほうがいい」と警告しても通じません。「今まで死者の体を洗って問題など起きなかった。何を言っているんだ」と、そういう感じだろうと思います。

 エボラが流行して社会がパニック状態なのかというと違います。町の様子は至って平穏でした。420万人の国で、エボラに感染した方が半年で4000人とすると0.1%。さらにその0.1%のうち半分は助かります。エボラ以外の様々な病気で多くの人が亡くなっているのが現実ですから、ラジオで「Ebola is real(エボラは本当です)」と伝えても大半の人がリスクに実感を持てなかったのです。

 いつのアウトブレーク(疫病の発生)も最初の症例がどういう経緯での感染だったのかははっきりとしません。エボラウイルスは野生のコウモリが持っているといわれていますから、コウモリの排泄物はエボラを含んでいるかもしれません。かつて、コンゴ(民主共和国)の山深いところでゴリラが多数死んでいるのが発見され、研究者が調べてみるとエボラだったという報告がありました。人間には感染せず、ゴリラだけで終わったアウトブレークですね。

 今回どういう経緯でエボラが拡がったのか、そのメカニズムははっきりとしていないんです。私の印象ですが、アフリカの奥地にまで自動車社会が到来したことが関係している気がします。私たちは、5月に山奥の発生地へ行きました。車で10時間かかりましたが、それでも車が入れる程度に道路は整備されていました。トヨタのランドクルーザーがあればたどりつけるんです。そのこと自体が、これまで山奥だけで終わっていたアウトブレークが外に出て、人口の多い都市部に拡がる背景にあるのではないでしょうか。そして流行地からやってきた旅行者が外国で感染が発覚し、そこから二次感染が生まれている。便利さを求めてきた人類が「パンドラの箱をあけた」といえるのかもしれません。

 新興感染症という用語が出てきたのは1970年代でした。エボラはその代表格です。研究でわかってきたのは、熱帯地域の生物の多様性です。様々な動植物ばかりでなく、熱帯雨林には病原体もたくさんあるんです。

 世界的に人口が増え、人類は食べ物をつくっていかなければならなくなりました。快適な生活空間もつくらなければならないし、移動手段も増やさなければなりません。エボラの発生地である西アフリカの山奥は、鉱山資源が豊富な地域として注目を浴びてきたところでもありました。

■日本にいつ来る、どうする、どうなる

 ですが、熱帯雨林に手をつけるのは危険をともないます。凶悪なウイルスが眠っている可能性がある。「(ウイルスを媒介する)コウモリと接触する機会が増えすぎたのではないか」「その原因は何か」そういう発想が必要だと思います。つまり、個々のウイルスへの対処とは別に、地球の生態系をひとつの生き物としてとらえる視点です。

 日本では99年に感染症法ができ、エボラは各県の感染症指定医療機関で対応すると定められました。日本で経験したことのない病気について、指定医療機関の医師の研修に協力してほしいと厚労省から2007年、国立国際医療研究センターに依頼がきました。海外での研修を企画してほしいというものでした。そこで年一回の海外研修を始めました。

 また、各県の指定医療機関で患者が発生したときの治療法や感染症対策のガイドラインがなかったので、それを作成してほしいという依頼が11年にありました。それもお引き受けし、6人のチームで3年かけて診療の手引きをつくりました。近々ホームページに載せたいと考えています。

 日本の場合、西アフリカと人的な強いつながりがありませんからエボラが直接入ってくる可能性は高くないと思います。先日、私が診察した患者はリベリアから帰国後、高熱が出たという人でしたが、診断結果はマラリアでした。可能性が高いのはマラリアです。診察する場合はまずマラリアかどうかを確認し、それでも判断がつかないまま症状が悪化するようであれば国立感染症研究所に相談していただきます。エボラは米国での状況次第でしょう。米国の事例はよくも悪くも世界に大きな影響を与えます。もし日本に入ってきたら現行の法律で定める「各都道府県での対応」は現実的には困難もあります。エボラかどうかがわからないまま時間がたってしまうことがないよう、検査も含めて私ども国立国際医療研究センターや国立感染症研究所が直接相談できるシステムを構築しています。

 対応策は99年からつくりあげてきました。その仕組みもさらに改善しています。万が一、日本にエボラが入ってきても感染の拡がりを防ぐべく、万全の準備をしていく必要があります。
 

ありがとうございます。

 投稿者:K  投稿日:2014年 1月31日(金)15時13分37秒
返信・引用
  母のあやふやな記憶でしたが、思い出して頂けてとても嬉しいです。下宿先のお好み焼き屋さん、とても懐かしいですね。(同じマンションにいた東海生は その後引っ越されましたが、医師になられたと聞いています。)既に父は亡くなり、母は元気ではありますが 歳相応にあちこち痛みを訴えております。弟は数年前に急性膵炎で一度はだめだと言われたものの、奇跡的に回復致しましたが 年に何度も検査を行っています。私もそろそろ更年期障害の年代です・・・また不調な時、是非相談に乗っていただけたら幸いです。
先生は背が高く、とても勤勉でいらっしゃいましたね・・・人気のある立派なドクターを想像します。。何十年も経て、お話が出来て嬉しかったです。長々と失礼致しました。
 

Re: 感謝

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2014年 1月31日(金)12時36分52秒
返信・引用
  > No.342[元記事へ]

確かに「菊ちゃん」の記憶はあります。
たしか小学校4年生(くらい)の女の子で目のくりくりしたちょっと小太りのとっても可愛い子でした。お母様にはとっても親切にしていただきました。
それは30年前でなくもう少し前(32年位前)、私がまだお好み焼き屋の二階の安アパートにいた頃の話です。
その後、私も忙しくなり、下宿を少し遠くのマンションに引っ越したこともあり家庭教師を途中で止めました。医学部6年の時には引っ越していましたので4年か5年頃の話だとおもいます。

私の想像ですが、「菊ちゃん」の家庭教師を止めたあと、別の医学生が家庭教師をして、その先生が病院でお母様とお会いしたのだと思います。

その頃の記憶では、「菊ちゃん」のマンションの上の階には東海中学か東海高校の男子学生がいて、ラ・サールの生徒に英語の手紙を書くから英作文を見てほしいと言われたことがありました。

私の記憶にある「菊ちゃん」と同じならとても懐かしいですね。
健康について質問がありましたら、気楽に書き込んでください。
 

感謝

 投稿者:K  投稿日:2014年 1月31日(金)09時45分57秒
返信・引用
  返信ありがとうございました。72歳になる母の記憶ですが 「菊ちゃんはお元気ですか」と話して下さったと聞きました。どなたかと間違えていたら申し訳ありません。自分の子供が当時の私の年齢になり、自分はどう過ごしていたのか色々な事を思い出します。叱咤激励し、勉強の合間に医学書を見せて下さった先生の事を鮮明に覚えており、青木先生は、私の人生において忘れられない恩師です。何十年も経ってしまいましたが 感謝の気持ちが伝えられて本当に良かったです。  

Re: 家庭教師 2

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2014年 1月30日(木)23時08分13秒
返信・引用 編集済
  > No.339[元記事へ]

ありがとうございます
とっても元気です。

私と同姓同名は日本にはもう一人いますが、私よりも若いのですぐに違うと分かります。
名前の漢字が全て一致していれば私です。

ただ、気になりますのは、10年前だとすでに豊橋で開業していますので、名古屋の病院では勤務していません。
もしお母様が私に会ったとすれば別人の可能性があります。

必死に昔のことを思い出してみました。
ご訪問、ありがとうございました
 

Re: 家庭教師

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2014年 1月30日(木)22時57分32秒
返信・引用 編集済
  > No.338[元記事へ]

30年前なら私が医学部の5年か6年生か卒業したばかりのころです。
確かに当時、名古屋で何人かの家庭教師をしていました。女子で思い出されるのは二人います。
当時、Kさんは小学6年か中学1年か2年ですね。
記憶が混在していてどちらの方なのかすぐには判断できません。すみません

 

家庭教師 2

 投稿者:K  投稿日:2014年 1月30日(木)10時06分48秒
返信・引用
  突然のメッセージに驚かれたと思い、追記させて頂きます。過去のスレッドを読むにつれ、私がお世話になった青木先生だと確信に変わりつつあります。10年程前、母が病院で先生に偶然お会いしたという話を聞き、先生のフルネームを記憶していましたので 検索してみた次第です。お元気でいらっしゃいますか。  

家庭教師

 投稿者:K  投稿日:2014年 1月29日(水)15時11分13秒
返信・引用
  42歳になる名古屋市在住の主婦です。もしかしたら・・・30年も昔、家庭教師をして頂いた青木先生でいらっしゃるのでしょうか。。先生のご記憶におありでしょうか。。  

謹賀新年

 投稿者:アオキ医院  投稿日:2014年 1月 1日(水)14時22分17秒
返信・引用
  新年明けましておめでとうございます
今年も医師の世話にならぬようお元気でお過ごしください

医療状況は年々厳しくなってきています。
さらに、税金も復興税が加わり、消費税が増税、さらに給与所得控除の減額で所得税増税となり、国民の生活はますます苦しくなります。
一方、大企業には相変わらず優遇税制が認められています
不公平は税制ばかりでなく、医療においても世間の風当たりあたりは、医療業界にも厳しいものとなっております。

アオキ医院は、これまで通り地域医療の一端を守ってゆく覚悟でございます。
今後ともよろしく御支援お願い申し上げます。
 

レンタル掲示板
/17