teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


tanukisandaime3

 投稿者:YA1004297  投稿日:2017年 5月 1日(月)02時43分59秒
  "ここで話題の吉野翔太ことせつにゃんさんの裏垢やカカオを見てみましょう

"②元ジャニーズ事務所所属の【吉野翔太】こと【アンフェイト 刹那】 ア○ル責めを懇願(゚*゚)

https://twitter.com/mu_n4/status/856524881860501504

 
 

戦う勇気持って生まれてきたんだ

 投稿者:戦う勇気持って生まれてきたんだ  投稿日:2016年 8月30日(火)05時21分58秒
  私はエーチームという芸能プロダクションにすごく不信感?みたいなのがあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1380165498  
 

戦う勇気持って生まれてきたんだ

 投稿者:戦う勇気持って生まれてきたんだ  投稿日:2016年 8月18日(木)04時27分15秒
  エーチームグループの知恵袋の質問に対しての不信点について。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1425540819
http://okwave.jp/qa/q7228826.html
http://matome.naver.jp/odai/2144657674518799901
 

出会い 掲示板

 投稿者:あみ  投稿日:2016年 6月22日(水)00時53分43秒
  全国メル友掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/deai00sex03/001/
人妻メル友掲示板
http://galscom.eek.jp/aeruyo/adaruto/deai03/deai00sex03/002/
セフレ出会い
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0013/
熟女出会い
http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
人妻出会い
http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
無料チャット
http://hisasi.sakura.ne.jp/aeruyo/adaruto/deai03/lovelove05/LiveChat/
テレクラ
http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01/005/
ツーショット
http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01/003/
テレフォンセックス
http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01terehonsekkusu01/002/
無料!!人妻ライブチャット
http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01/001/
エッチな人妻との不倫
http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/deai00sex/002/
セフレ募集掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/deai00sex/004/
即えっち
http://hisasi.sakura.ne.jp/aeruyo/adaruto/deai03/lovelove06/05/
北海道
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/1/
青森県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/2/
岩手県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/3/
宮城県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/4/
秋田県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/5/
山形県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/6/
福島県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/7/
茨城県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/8/
栃木県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/9/
群馬県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/10/
埼玉県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/11/
千葉県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/12/
東京都
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/13/
神奈川県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/14/
山梨県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/19/
長野県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/20/
新潟県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/15/
富山県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/16/
石川県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/17/
福井県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/18/
静岡県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/22/
愛知県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/23/
岐阜県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/21/
三重県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/24/
滋賀県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/25/
京都府
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/26/
大阪府
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/27/
兵庫県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/28/
奈良県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/29/
和歌山県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/30/
鳥取県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/31/
島根県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/32/
岡山県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/33/
広島県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/34/
山口県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/35/
徳島県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/36/
香川県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/37/
愛媛県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/38/
高知県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/39/
福岡県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/40/
佐賀県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/41/
長崎県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/42/
熊本県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/43/
大分県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/44/
宮崎県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/45/
鹿児島県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/46/
沖縄県
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/47/

http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/

 

人妻専門テレフォンセックス

 投稿者:ようこメール  投稿日:2010年 4月20日(火)06時58分18秒
  人妻専門テレフォンセックスは欲求不満な人妻が男漁りに夢中♪
http://hp.did.ne.jp/madampotal/

無料ポイントでかなり遊べる!!

淫乱なリアル希望者多数!!

http://hp.did.ne.jp/madampotal/

 

中学生の性の性のモラルや価値観を低下させる「赤い糸」フジテレビで放映中、松竹映画上映中、子供を守れ保護者2

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月27日(火)10時05分30秒
  主人公がひたすら不幸です。何か、いいこと一つなかったような・・・可哀想でした。
空恋に続く(他にもあった?)携帯小説原作の映画ですが、若い女性にはこういうのが受けいいんですか?親近感のある設定がシンパシーを生んで、さまざまな不幸イベントを友達に起きているかのように共有してしまう!?20台男の私には共感できませんでした・・・あとラストはどういう意味?今の学生ウケを狙って作ったんでしょうが内容が薄い…フィクションだから突っ込み所満載ですが敢えて言いませんもっともっといい映画あるし携帯を手放して文庫本を読んで下さい。映画館で見終わって切実に「お金を返して欲しい」と思えた初めての作品です。1 原作の改悪。原作も魅力のある話ではないですが、それでもヒロインにはバカな子なりの魅力がありました。しかし、映画版では中途半端に「ピュアな子」に設定され、毒にも薬にもならないキャラクターに変更されています。また、原作では死なないキャラクターを自動車に轢かせて盛り上げようとする安直さにも閉口です。轢かれた瞬間に隣のカップルがニコニコとしていたのが印象的でした。2 魅力のない主人公たち。1でも触れましたが、ヒロインの中途半端ないい子ぶりに閉口します。そして何よりも解せないのが、アツシもメイも何故か「昭和のにおい」がするんです。セリフが今の中学生・高校生っぽくないんです。「中学生に見えない」という感想は、役者の体つきだけでなく、その中学生らしからぬ発言もアシストしてます。そんな中にも、今時っぽい中学生の日常が要所要所で混ざったりして何ともいえない奇妙なことになっています。主演二人の演技が下手という意見もありましたが、あの台本ではどう演じていいのかわからなかったのではないでしょうか。役者のせいにするのは酷かもしれません。3 トゥビーコンティニュード色々な方がレビューで触れていましたが、結局はTVドラマのダイジェストでしかないということです。もちろんダイジェストなので登場人物の感情はほとんど負えず、唐突な出来事や、アツシから漂う昭和のにおい、半端にいい子なメイのキャラに驚かされているうちに、あれよあれよという間に時は過ぎ、HYの主題歌が流れてきます。そしてとどめは「トゥビーコンティニュード」・・・。あとはドラマで???知らないで観てしまった身からすれば本当「お金返して」です。フジテレビさんはティーンエイジャーから小銭を巻き上げれればそれでいいんでしょうか。そういう意味ではTV局のなりふり構わない姿勢は伝わってきましたよ。映画やテレビを見た人からYAHOOレビューからも不満の声が多く噴出している。原因は「赤い糸」事態がまだ義務教育中の中学生の体と心の発達段階にあっていない。高校生でさえ厳しいドラマなのだ。今の中学生日記は2008年は校内暴力やいじめは小中高とも過去最高になったのにNHK教育テレビの「中学生日記」は中学生の問題などはそっちのけであり、フェミニストやジェンダーフリーが喜ぶ恋愛ストーリーばかりでもう中学生日記はやめてほしいと苦情が相次いでいるまたNHK教育テレビ天才てれびくんMAXも中学生特集や木曜生放送「うきうきラブアワー」で男女のケータイメール交換を指導するなど今はケータイは小学生も中学生も高校生までも持ち込み禁止の券が増えているのに天才てれびくんMAXも中学生特集や木曜生放送「うきうきラブアワー」に非難が相次いでおり学校ぐるみで視聴を中止するというバカげた現象をNHK教育テレビは起こしてしまった。「赤い糸」はこのような番組の延長線上にできたものであり、中学生では起こらない無理な出来事なのである。恋空でさえ非現実的と非難されているのに対象を中学生に下す加減知らずのスタッフのバカ興収入のことしか考えない。正月映画は恋愛物はSFに完敗した。これは子供を持つ親たちからの反発かもしてない。「コドモのコドモ」「14才の母」「赤い糸」「恋空」といった問題作は今後はもう2度と映画やテレビドラマでは制作してほしくない。子供の性の価値観やモラルを低下させて性のハードルが日本の子供たちは外国の子供たちに比べてはるかに低下しているのだ。

警戒緩めるな、まだ9館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中2

子供は産んだものの、一番大切なのは自分の人生という親が増えてきた。育児に自分の人生の時間を取られる事を、「リスク」だと言ってしまう女性達。生きたいように生きる為に子供はほったらかし。鍵を渡して、ご飯はレンジでチンさせて。今日学校であった事、聞いてほしい話を子供がしようとすれば「お母さんつかれてるから明日ね」と言ってそのまんま。自分のやりたい事が最優先になれば子供が毎日どんな出来事の中でどんな気持ちをもって生きているのかには無関心になっていく。もっと酷いのは、産んでいきなり赤ん坊を保育施設に預け、仕事、付き合いに没頭。子供に熱があろうが面倒見るのは保育所の先生。髪をふり乱して子供の為に過ごす日など一日もありはしない。そして育児はしようとすれども育てられず。夜鳴きが続けば簡単にまるで流行り病のように育児ノイローゼになりお人形みたいにじっと大人しくしていてくれない、言う事を聞かないといっては行き過ぎたせっかんで殺してしまう。こうした子供ほったらかし、育児出来ずの大人が多くなってる現代大人よりも、世間知らずゆえの真っ直ぐさで事を貫こうとする子供の方が人間らしいのではないか?そういう事がこの映画の言いたい事じゃないのかと、私は思いました。しかし子供が子供を産むなんて事があってはなりません。命が大切だと言うならなおの事。自分達の力で何不自由無く責任を持って育てていけるそういう年齢、社会的立ち位置に立たなければ命を創る事などしてはいけない。それだけはしっかりと映画の中で答えを出さなくてはいけなかった。レビューの中には子供達が力を合わせて出産に携わるシーンなどを手放しで素晴らしいと評価している方がいますが
それは大人としてあってはならないと思います。妊娠、出産、命、こんなテーマを上辺だけて美化して評価するなど大間違い。物事はどんな事でも、その立場、年齢、状況によって素晴らしい事になったり悲惨な事になったりと変化するんです。頼むから上辺だけの美談で素晴らしいなんて言わないでもらいたい。産んだ後どうなるのか、あの女の子は、あの父親の男の子の人生は男の子が18歳になるまで2人は待ち続け、必ず結婚するのか
どちらかの親が不自由なく育てればそれでいいのか赤ん坊はどんな環境でどんな問題を抱え、どれだけの精神的ダメージを受けながら育つ可能性があるのかとりあえず赤ん坊を死なせるような事が無ければそれでいいのか?人とは、社会とはそれでいいのかそれらを思えば、子供たちが協力して子供を取り上げるシーンが素晴らしいなど簡単には言えないはずだ、まともな大人なら。自分の子に性の目覚めるままに行動させ、生きさせて、責任も何も考えさせないのか。子供に良い映画だったと言うのなら産む事=命を大事にする素晴らしい行いだなどと考えさせるのは止めてもらいたい。これを見た小学生中学生に、「私ももし妊娠したら産みたい」なんてセリフを言わせるのではなく自分の歳で「もし妊娠したら…」などという事は絶対にあってはならないんだと教えてほしい。一つの命に責任を持って自分で育てていく事が大切であるからこそです。たとえ真剣にお互いが好き合っていても、今その思いのままに性行動する事、妊娠する事は愛でも何でもなく、互いを思いやれない無責任な行為なのだと私は子供に教えたいと思う。そのような事を考えました。
この映画は大人の不甲斐無さはそれなりに描けていたけれど何かもう一つ抉れていない事と見る子供に、最後まで「命」が大事ならこうなってはならない本当に「命」と「自分」を大切にするならばこれではいけないという事がいまいち伝えられない表現のままでなにか、「これでもいいのだ」といった感じで美化したままに終ってしまったのが残念だと、私は思いました。。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。小学生の出産はここ15年間以上も起きていない。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性の性のモラルや価値観を低下させる「赤い糸」フジテレビで放映中、松竹映画上映中、子供を守れ保護者1

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月26日(月)10時54分34秒
  「赤い糸」は時系列が不明、魔が義務教育中の中学生の出来事に設定というところに、すべてが唐突過ぎます女の子も学芸会レベル、監督もいちから出直してください。とにかく暗くて10代の学校生活の楽しさが全くありません。何故ここまで執拗に暗いものにしたのか。明と暗があってこそ感情移入できると思うのですが。始めから終わりまで、とにかく暗い欝なエピソードの連続です。画面も薄暗くてまるでホラー映画のような雰囲気だし。
出演者もずっと暗い顔の演技ばかりで、気の毒になりました。テレビドラマと連動して公開されたこの作品。映画ではメイの目線で。そして、ドラマではあっくんの目線で。両方を見ることで相乗効果を得られるというキャッチフレーズは全くなく変態の見るわった作品でした。事実映画館には中年のロリコンのおじさんが多くいました。携帯小説で人気だったこの物語。ケータイ小説は過激で売れてテレビ化は今後は非常に危険である。中にはこれは実話ですと書かれて、何と幼稚園児のセックスや妊娠、出産まで書かれていてこれは大ウソだとばればれのケータイ小説もあふれている。まだ子供の中学生の恋愛模様を描くラブストーリーは描くのは無理である、彼らの関係を中心に色々なことが巻き起こるが現実の世界の当てはめるとひとつでも起きるとマスコミが騒ぎだしとんでもない事件に発展する事件ばかりである。青春を謳歌し、毎日が笑顔で満ち溢れる!そんなハッピーな等身大な出来事が多く一番多くの夢ができるのは中学生時代である。友だちとの関係や家族とのことをはじめ、様々な要素が含まれて居るがどれも非常に暗いのだ。映画単体でもまとまっていると思えない映画はドラマのダイジェストのようなものだ。ドラマを観ることで、その始まりと終わりをしっかり見届けることが出来る要にしかけたのはいかにも腐った民放フジテレビらしい気がする。テレビドラマはまだ放映中だが放映の旅に中学生の多量に有害情報が注ぎ込まれて多くの日本政府機関に影響を与えている。偶然にも2月29日という、特別な日が誕生日だったメイと敦史。これは別に珍しいケースではない。端末みなし誕生日は2月28日生まれと法律上でなっていて一生で1日しかずれない。他の誕生日の人も全員閏年巳も普通の年も経験する閏年の年はだれでもすぐにわかる方法はオリンピックが開かれる年が閏年なのだ。アメリカ大統領選挙もこの時に行われる。その特別な出来事を、運命と感じ、惹かれあうふたりとは、ドラマの無理やりのくっつけもいいところだ。原作小説ではみなし誕生日は出てこない。そんなふたりの関係にも、いくつかの運命の糸が絡みつき、様々な方向へ動いていくことは原作「赤い糸」は年齢が社会人になるまで描いているが中学生編「赤い糸」だけでなく高校生編「赤い糸destiny」や社会人編「赤い糸precious」まで中学生に詰め込むからドラマに無理が大きく出て中学生では考えられない出来事まで描かれることになってしまった。中学生ドラマとしてはこんなドラマはもう2度と制作してほしくない。携帯小説というだけあって、色々な展開がたくさん詰め込まれているが。高校生編「赤い糸destiny」や社会人編「赤い糸precious」まで中学生に詰め込むからドラマがおかしくなる。ベタ、欲張りすぎな感じなんかとはかけ離れている。都合のよい少女マンガのような展開がつづく。彼らにまつわる人々にはたくさんの衝撃的な出来事が起こり、ふたりは心を痛める内容自体も無理がある。なぜに、ココまでこの子達にそんな過酷な出来事ばかりが起こるのか?今の世の中に蔓延る、様々な問題すべてを集約したようなことを設定を中学生にした制作者の手加減知らず。ラスト、つづく…な感じで終了なので、これは、ドラマも観せようとするフジテレビの制作、視聴率稼ぎの意図の丸出し、毎週多くの苦情が多くの保護者から相次いで起きている。

警戒緩めるな、まだ9館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中1

この映画を制作した人たちは、いったい何を考えてこの映画を製作したのだろう。女子高校生が主人公の「恋空」でさえあれほど批判を受けているにもかかわらず、今度は小学5年生の少女の妊娠ですか?最近、週刊誌の記事を読んでショックを受けたことがあります。アジアのある貧しい国で幼い少女達が売春をして妊娠・・ まだ幼いのに子育てを強いられ、そしてその子供を養うためにまた売春をしなくてはならない・・しかも少女を買う客の多くが日本人だとか・・(日本人としてホント恥ずかしい・・)妊娠してしまった少女達の多くは、難産のため死んでしまうのですよ。体が成熟していないのに妊娠なんてもってのほかですし、奇跡的に無事に産まれたとしても、いったい誰が責任をもって子供を育てるのか?しかもこの映画について監督は「ファンタジー」と言ってるんだとか・・この映画を観て小学生の女の子達が真に受けたらどうするんですか?言いたいことはまだいっぱいある生理がはじまる小学生の高学年女子に性教育が必要なのは当然ですが男子には性教育小学生では必要ではない。この映画の内容では性教育にもなっていません。この映画はぜったい小中学生の少女達に見せてはいけません。映画を見た私は強く強く抗議します!しかもジェンダーフリーの映画として作成されるのだ。ジェンダーフリー=悪である前提で、「コドモのコドモ」も悪であるという暗黙の指摘「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。「くっつけっこ」を見ることで、子供が悪い影響を受ける、という指摘。小学生どころか、18歳以下でも妊娠は危険です。こういった現状を見ても、子供が子供を産むことの素晴らしさなんて、言えるんでしょうか?制作に対する批判。11歳の少女に子を産ませなければ愛を語れないほど貧弱な人間観しか持っていないといえるのではないか?「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。正直、この制作グループに乗せられてこのような映画を嬉々として持ち上げ、賞賛、宣伝してきた人々の余りにも軽率で軽薄な単細胞ぶりに驚くばかりである。小学生の子供に、「くっつけっこ」と称する性交をさせ、妊娠、そして出産・・・。どう考えても、これって【児童への性的虐待】ではないですか。それを映画撮影という理由で、幼い子供に疑似体験させるなんて、大人のエゴとしか言いようがありません。この映画には、たくさんの子供たちがオーディションに参加し、その中から役が決められたそうですが、子役の親たちも、どういう映画なのか、その内容をちゃんと分かってたんでしょうか。分かって我が子を送り出したとしたら、子役の親達にも問題があるのではないか・・・と思います。ヒロユキのような小学生の父親は世界でも一人も確認されていない。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート20

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月25日(日)11時37分58秒
  今日の愛媛新聞の「ヤング落書き帳面」に高校生の危険だが、良く考えさせられる恋愛返信記事が掲載された。高校生の危険だが、良く考えさせられる恋愛返信記事そのまま掲載。

=好きな人を「奪う」表現がよくない えい(17)=

7日付「本当に好きなら彼に話しかけて」の千里さんへ。大好きな彼氏がいる立場なのかもしれませんが、あなたの投稿を拝見し、失礼ですが、不快な気分になりました。大体「奪う」などという言葉は、まるで「物」のようです。そこまでするのは、本当の愛ではないと思います。もちろん自己アピールしたり、積極的にアタックするのはステキなことで、私も経験しています。好きな人がいても、あきらめなくていいと思います。でも、「でも彼女がいないところで・・・」とか「奪う」という表現はいかがなものかな。歌に「君と好きな人が100年続きますように・・・」という歌詞がありますが、そんな思いはないのですか?好きな人の現在の幸せを壊したいとは願わないのでは・・・。ずいぶん失礼な言い方をしましたが何かを感じていただけたら幸いです。(松山市・女子)

えいさんという人のアドバイスはヤン落デスクのアドバイスよりも遥かに多くの説得力がある。言葉狩りをすればヤン落デスクは恋愛記事大好きで恋愛時期が出れば多くの顧問とは恋愛記事中心に書いていく。しかし失言が多い。恋愛記事や恋愛記事返信記事は内容は小学生でも大人でも文章表現は同じで小学生の場合は習っていない感じや文法の文章表現で書かれている怪しい面もある。恋愛記事中心のコーナーで送られてきた恋愛記事を手ない死して載せていることも考えられる。恋愛に「奪う」という言葉はえいさんの言う通りこれは恋愛を物扱いにしているこのような子供が結婚しても今は離婚が多く結婚制度まで反対者が増えているのは、今日のえいさんが鋭い指摘をしたような子供が増えているからなのだ。「奪う」という言葉は恋愛記事では失言である。しかしえいさんも危険な面がある。積極的な恋愛を推奨しているのは同じであること文章表現の間違いは指摘していても考えは全く同じであること。そしてなんといっても文末の「好きな人の現在の幸せを壊したいとは願わないのでは・・・」この意味不明な文章が非常に危険である。

NHK教育テレビ「ヒミツのちからんど」「シャボン玉ファンタジーショー」(後編)チャンネル :教育/デジタル教育1 放送日 :2009年 1月24日(土) 放送時間 :午後6:50~午後7:15(25分) ジャンル :趣味/教育>幼児・小学生 番組HP:- 埼玉県三芳小学校の6年生100人が「シャボン玉ファンタジーショー」に挑戦!後編では、細かな技を要する“テクニックシャボン玉”をマスターして幻想的なショーを披露。埼玉県三芳小学校から2週連続の公開収録で、6年生100人が紅白のチームに分かれ、「シャボン玉ファンタジーショー」に挑戦する。後編では、シャボン玉の中に小さな玉を入れるなど、細かな技を要する「テクニックシャボン玉」をマスター。体育館で下級生たちに披露する。前代未聞のショーに向け、日々の練習で試行錯誤する生徒たちの姿をドキュメント。子どもたちが自分で作る楽しさ、工夫することの楽しさを発見する姿を描く。小学生の教育番組までフェミニストやジェンダーフリーの猛威で小学生の性のモラルや性の価値観や性のハードルが大きく下がる。小学生や中学生向けテレビ番組の番組の質の低下とシャボン玉大会で優勝者に優勝したものには「キス」のプレゼントと有害不適切用語が出て小学生の性もモラル崩壊の基をNHK教育テレビが作っているのに驚きます。日本政府、文部科学省や厚生労働省はいくら政治が乱れてるとは言えこんな不適切な放送放置はひどすぎます。NHK教育テレビにも抗議のメールを送りましたが日本政府にも今放送中の不適切な番組を確認してください。埼玉県三芳小学校はどういう教育をしているのかこの小学校はジェンダーフリーが通っている過激な性教育が行われている学校ではないかという悪魔でもこれは憶測ですが多くのとんでもない非難が出ています。こんなに有害なエロ放送で高額な受信料を取られる国民はたまりません。「ヒミツのチカランド」までR=15になっては困ります。

「赤い糸」第6話の感想について。沙良の自殺事件の騒動から始まりまったが、こんな騒動を中学校の先生達は何の指導もしていない放置状態である。芽衣の母は淳史と芽衣を芽衣の里子の話を切り出し別れさせようとしているが。これは大人の汚い世界の丸出しでまだ義務教育中の中学生に切り出して話すことは義務教育中の中学生に話すべきことではない。芽衣のケータイに多くの脅迫メールがきて女子の声で「死ね」と脅迫文もある。沙良の事件は完全に芽衣には罪はない沙良のほうが100%わかる。知り合いの弁護士似たづ寝たところこのようなケースは弾劾裁判で芽衣はあっさり勝つことがわかった。芽衣の保護者が黙っているのはおかしい。淳史の家では麻美がいてゴミ出しの仕事をしていた。中学生の女子同士の男子の取り合いの三角関係は危険で有害だ。時には暴行事件の発展する恐れもある。芽衣が学校に行くと芽衣の靴がいたずらされていた。修学旅行で自殺未遂をした沙良は記憶喪失になって転校して行くことになる。芽衣や美亜、優梨達はお見舞いに行ったが記憶喪失状態だ。沙良の母は「もう沙良を忘れてください」と言っているが沙良の保護者は現実ならモンスターペアレント状態になり、こんな生易しいことで芽衣を普通は許すわけはない。両家庭の大げんかに発展するだろう。沙良の事件の後、芽衣は陸と近づいていく。原作はここから陸は淳史に変わり高校受験が終わり「赤い糸上・下」が終わるまで陸は芽衣の初めての彼氏になってセックスもコンドームなしで行うほどの彼氏になって淳史から主役の座を奪っている。しかしキャラクターの設定変更が多すぎである。芽衣は沙良のことは自分が招いた災難のように思いこんでいますがこれは芽衣には現実なら何の罪もない。自殺未遂した羅沙良のほうが明らかに悪い。中学生では失恋から自殺というケースはない。淳史も原作と違い芽衣の問題で悩んでいますが中学生がこんなに受験シーズン前に悩むと受験勉強に響く。原作小説では社会人になって結婚してパぴーエンドだがテレビドラマは中学生時代にまとめてしまい高校進学と同時にドラマは終了してしまうようだ。芽衣は学校に登校したが、黒板には芽衣の嫌がらせの言葉が書かれておりケータイのメールと一致した。現実の教育現場は日直の先生が朝早く校内巡視を行い帰りも校内巡視を行うから、現実の教育現場では、巡視した状況は学担に知らされますから、こんなことは起こりません。陸は沙良の事件は「自分のせいで攻めるなら自分を責めろ」と言っ
ていますが。級友は何と沙良の事件は芽衣のせいにして芽衣に「死ね」と罵声を浴びせています。こんな学級崩壊を中3で起こせば現実では学担は変えられ学担は指導不足教員認定されます現実の教育現場は学園ドラマにはならないほど厳しいのである。芽衣の母は淳史に芽衣の生い立ちについて話し始めました。芽衣の本当の母、町子のことが出ました。芽衣は友人の町子の夫が大事件を起こして投獄されて町子はその間に死んでいます。芽衣は友人、町子の子で里子です。ここは原作と一致していますが原作は中3の時芽衣のことも原因の一つになり大げんかして離婚しています。しかしテレビドラマは離婚場面は飛んでいます。淳史は芽衣のことを幼い時の記憶を思い出していますが、保育園年長になるまで普通の子は記憶がないといっています。始めての記憶は5歳の中間が圧倒的に多いことが学校の先生のアンケートで分かっています。ドラマでは淳史は幼児の記憶も残っていて淳史は、やはり芽衣のことが好きで芽衣と別れる決心をしました。芽衣の里子は原作と一致していますが内容は原作と大幅変更です芽衣の両親は中3の修学旅行の前に両親は一度離婚して高校生の時に父の癌の手術がきっかけで復縁しています。芽衣は母親に付くが春菜は父親に付いていきます。この大事な部分が飛んでいます。淳史は転校することになり
ましたが原作では転校はありません。 学校に来ない淳史に心配したサッカーの彼氏、夏は淳史を励ましています。夏は優梨を原作では妊娠させていますが。今後妊娠はあるのかも注目ですがあれば内容はまた中学生の妊娠かと叩き台になります。芽衣は淳史に夜に愛に行きました。淳史は芽衣と無理やり別れようとしています。芽衣は意味がわかりません転校のことを聞き驚く芽衣、大人のドロドロしたいやらしい世界を義務教育中の中学生の子供に教えるのは残酷です。芽衣の話も芽衣の里子のことは最低でも高校卒業までは伏せるべきです。これは単に大人の事情の有害な部分を中学生に与えることになるだけです。夏は淳史は変だったと芽衣に伝えました。麻美とも淳史はお別れです。麻美は淳史と幼馴
染、麻美は淳史と接近しました。芽衣は淳史に会いに行き麻美との仲を見て芽衣は淳史と別れる決心をしました。ここもドラマと原作は180度変わっています。どうもまだ義務教育中の中学生のドロドロした恋愛や大人の世界の汚れた世界を見せる有害ドラマもいいところです。中学生対象に恋愛ドラマを描く事態が大きな無理があります「14才の母」以上に中学生ドラマとしては「赤い糸」のほうが遥かに危険です。また日本の子供たちは学校で行われる過激な性教育や「コドモのコドモ」「14才の母」「赤い糸」「恋空」といった有害不適切なテレビドラマや映画、さらに民放の「モクスペ伸介VS世界の子供たち」「鉄腕ダッシュ」「世界の果てまでイッテQ」「家族でない人クイズ」NHK教育テレビでも「ぜんまいざむらい」「味楽る!ミミカ」「おじゃる丸」R=15番組化したといわれる「天才てれびくんMAX」などその他でも小学生や中学生幼稚園児まで性を連想させることを言わせる不適切な番組が増えたので日本の子供たちの性のモラルや性の価値観はアメリカなど北欧諸国や欧米先進諸国やアジアでも中国や韓国の子供たちに比べて3分の1以下に低下してさらに6分の1まで低下していることがわかった。今でも日本の小学生、中学生、高校生の性のモラルはさらに下がり続けている。アメリカではオバマ大統領は去年の起きた17人高校生集団妊娠事件が「JUNO」の影響を受けたと妊娠した高校生の話を受けて「子供たちの有害な情報を与えるテレビ番組や映画は今後は許さない 性教育ではなく自己抑制プログラムを実行する」と教育にも力を入れることを表明した。「JUNO」はオバマ大統領により上映中止状態に追い込まれた。小花大統領の方針では15才以下の妊娠や出産はテレビドラマ化や映画化は「青いサンゴ礁」からは中止されたが高校生17人の集団妊娠事件が「JUNO」の影響がわかり「18歳以下の妊娠や出産のテレビドラマや映画は作ってはいけない」とスパッとオバマ大統領はラインを取るようである。日本も性教育はやめて自己ゆく聖プログラムに切り替えて行くべきだが日本には残念ながらオバマ大統領やフランスのサルコジ大統領のような強力な男性リーダーがいないためフェミニストやジェンダーフリーの左翼たちが猛威をふるいフリーセックスになるような世界にしてしまいなんでも恋や恋愛に結びつける恋愛お笑いバラエティー番組ばかりになり大変な時代になったのだ。奈央高校3年生の性経験はアメリカは2年続けて再び上昇に転じていたが2008年は再び減少高校3年生女子の性経験は36%である、日本は高校3年生女子の性経験は何と96%である高校3年生ではなんともう4%しか処女はいないのだしかし男子に異性に関する価値観は変わっておらず結婚は処女でないといやだと98%の高校3年生男子はアンケートで答えている結婚状況はこれからはますます深刻になってくるのは間違いない。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中20

この映画を制作した人たちは、いったい何を考えてこの映画を製作したのだろう。女子高校生が主人公の「恋空」でさえあれほど批判を受けているにもかかわらず、今度は小学5年生の少女の妊娠ですか?最近、週刊誌の記事を読んでショックを受けたことがあります。アジアのある貧しい国で幼い少女達が売春をして妊娠・・ まだ幼いのに子育てを強いられ、そしてその子供を養うためにまた売春をしなくてはならない・・しかも少女を買う客の多くが日本人だとか・・(日本人としてホント恥ずかしい・・)妊娠してしまった少女達の多くは、難産のため死んでしまうのですよ。体が成熟していないのに妊娠なんてもってのほかですし、奇跡的に無事に産まれたとしても、いったい誰が責任をもって子供を育てるのか?しかもこの映画について監督は「ファンタジー」と言ってるんだとか・・この映画を観て小学生の女の子達が真に受けたらどうするんですか?言いたいことはまだいっぱいある生理がはじまる小学生の高学年女子に性教育が必要なのは当然ですが男子には性教育小学生では必要ではない。この映画の内容では性教育にもなっていません。この映画はぜったい小中学生の少女達に見せてはいけません。映画を見た私は強く強く抗議します!しかもジェンダーフリーの映画として作成されるのだ。ジェンダーフリー=悪である前提で、「コドモのコドモ」も悪であるという暗黙の指摘「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。「くっつけっこ」を見ることで、子供が悪い影響を受ける、という指摘。小学生どころか、18歳以下でも妊娠は危険です。こういった現状を見ても、子供が子供を産むことの素晴らしさなんて、言えるんでしょうか?制作に対する批判。11歳の少女に子を産ませなければ愛を語れないほど貧弱な人間観しか持っていないといえるのではないか?「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。正直、この制作グループに乗せられてこのような映画を嬉々として持ち上げ、賞賛、宣伝してきた人々の余りにも軽率で軽薄な単細胞ぶりに驚くばかりである。小学生の子供に、「くっつけっこ」と称する性交をさせ、妊娠、そして出産・・・。どう考えても、これって【児童への性的虐待】ではないですか。それを映画撮影という理由で、幼い子供に疑似体験させるなんて、大人のエゴとしか言いようがありません。この映画には、たくさんの子供たちがオーディションに参加し、その中から役が決められたそうですが、子役の親たちも、どういう映画なのか、その内容をちゃんと分かってたんでしょうか。分かって我が子を送り出したとしたら、子役の親達にも問題があるのではないか・・・と思います。ヒロユキのような小学生の父親は世界でも一人も確認されていない。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート19

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月24日(土)13時22分18秒
  とても考えられない「赤い糸」は、ドラマ自体がばかだろ ドラマは芽衣が高校生になった時から急激に正常化して性描写も少なくなっている。芽衣のようなことを行うと普通は高校進学はできない飲酒や喫煙でも駄目だがセックス、レイプ、妊娠、中絶とこんなに問題の多い子を引き取る高校があるわけはない。芽衣が高校生になった時のドラマのあらすじは『<赤い糸 -destiny-のあらすじ> 時は流れ、芽衣は高校2年生になった。芽衣の親友の優梨に子供が生まれ、昔の仲間たちが集まることになった。そこで芽衣は、新しい恋人と一緒にいるアツシの姿を見つけ、心を痛める。もう気持ちに迷いはないと思っていたはずなのに、再び動き始める芽衣の運命。やがて、父親ががんに冒され、芽衣は落ち込んでいたが、手術が成功し安心する。手術の帰りに立ち寄った神社の絵馬にはアツシが芽衣の父親の無事を祈る言葉がつづられていた。その言葉を見て、アツシへと心を動かされる芽衣。その後、芽衣がドラッグパーティーから持ち帰ったヤクを、かつて芽衣と一緒に輪姦されてしまったことのある親友の美亜が使ってしまい薬物中毒に陥る。芽衣は薬中になってしまった 美亜への対応に悩みつつ、アツシの彼女の麻美からの嫌がらせにも苦しめられるようになる。
やがて芽衣は、麻美と別れたアツシと正式に付き合うようになるが、境界性人格障害である麻美の嫌がらせは止まらなかった。麻美は、経営がうまくいかないアツシの母親の店への融資の件や、芽衣の輪姦事件をネタにして、なんとかして芽衣とアツシを別れさせようと画策する。しかし、目の前で芽衣を救うために車にはねられたアツシを見て、麻美の嫌がらせは止まる。そののち、芽衣とアツシの二人は見事結ばれる。物語の最後に、芽衣の本当の両親の話が語られる。アツシは自殺した芽衣の実母のホステス仲間の子だった。運命の赤い糸って…きっとある気がする。』エンドは「恋空」とは逆のハピーエンドであり感動は薄れる。 糞ドラマなので。かなり視聴者離れた。ケータイ小説時点で期待できない人も多かったんだろう。最近スタートのドラマは中学生や高校生のドラマはラブレターで人々はおなかいっぱいになってきている。現実の教育現場では起こらないことばかり描くNHK教育テレビの「中学生日記」の非難もひどい。「天才てれびくんMAX 中学生特集木曜生放送うきうきラブアワー」への非難も大きい。まだ未成年のタレントを今は屋は苦から汚しすぎている。また小説では東京だったらどこでも明るくて人がいるから駐車場でレイプなんかありえない。すぐに他人に気づかれてしまうのだ。ドラマも現実離れの矛盾が多く「コドモのコドモ」のようなファンタジーで逃げている面が小説を読破してわかり実話という言葉がファンタジーの上に乗っかっている恐怖感を私は覚えている。ケータイ小説(笑)って レイプや妊娠やクスリや病気や自殺ってのが本当にあったことです。と書かれているのが特徴である。私もケータイ小説の有害さを危惧してケータイ小説も読めてインターネットもできるケータイを持っている。溝端は避けられているどこが良いのかわかんない。加えてあのヒロインでもない物語がつかみにくい。 初回から中学生のドラッグや深夜徘徊とまともな青春ドラマにはならない。 1話目は中学生の発達段階ではシャレにも恋愛ドラマにならない。NHK教育テレビの「中学生日記」でもひどい非難が出ているのだ。この先どうドラマ化されるかはわからないがスイーツなドラマは初回から壊れている。映画絡みでこの時期に初回にした意図ははっきりとわかる。しかし、時期は新番組見ようって気には人々はならないのである。商業ドラマ臭、少しは消さないといけない。 最初からテレビドラマと映画化同時並走は成功例はSFしかケースがない。 映画公開の後の視聴率がどうなるかも気がかりである。映画が「恋空」の要の甘利に性描写が露骨だとテレビドラマは映画の後は保護者が子供に見せたくない番組に指定して視聴率は必ずダウンする。 番宣とかCM(コラボのつもり?)とか ごり押しとか映画への集客とか そんなのばっかり目についてイヤになるドラマだ視聴者をナメてる。 『恋空』みたいに、映画大ヒット → ドラマ化でも、あんな悲惨な視聴率だったのに、これじゃ、ドラマも映画も悲惨な事になりそうな気がする。問題は中学生という低年齢の過激なセックス、レイプ、妊娠、中絶、飲酒、ドラッグと有害な情報を注ぎ込む要素しかないからだ。 もう、携帯小説のドラマ化自体、良識ある人々からは飽きられてる。また小説最悪すぎる。主人公に全く共感出来ない。主人公はただのヤリマソ。あっくんはただのヤリチソ。という感覚の物語でしかない。途中のドラマは映画を見ても性的な描写の部分に目がいき中学生や高校生は見やしない。また「恋空」「コドモのコドモ」のようにロリコンファンのほうが多いことも考えられる。「コドモのコドモ」は映画がこけたが90%が中年独身男性のロリコンであることがアンケートで分かって映画会社も驚いている。携帯小説でも僕たちと駐在さんみたく身近で素朴なのなら良いんだけど ただの腐女子目線だと引かれても仕方ないと思う。原作読んだときは舞台に田舎を想像してたがドラマでは舞台東京だ。 東京であの話の展開はありえない。田舎でも今では「赤い糸」の話の展開は起きない。 2回目はハチワン子供の時に麻薬である。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中18

10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。産んだ後どうなるのか、あの女の子は、あの父親の男の子の人生は男の子が18歳になるまで2人は待ち続け、必ず結婚するのかどちらかの親が不自由なく育てればそれでいいのか赤ん坊はどんな環境でどんな問題を抱え、どれだけの精神的ダメージを受けながら育つ可能性があるのかとりあえず赤ん坊を死なせるような事が無ければそれでいいのか?人とは、社会とはそれでいいのかそれらを思えば、子供たちが協力して子供を取り上げるシーンが素晴らしいなど簡単には言えないはずだ、まともな大人なら。自分の子に性の目覚めるままに行動させ、生きさせて、責任も何も考えさせないのか。子供に良い映画だったと言うのなら産む事=命を大事にする素晴らしい行いだなどと考えさせるのは止めてもらいたい。これを見た小学生中学生に、「私ももし妊娠したら産みたい」なんてセリフを言わせるのではなく自分の歳で「もし妊娠したら…」などという事は絶対にあってはならないんだと教えてほしい。一つの命に責任を持って自分で育てていく事が大切であるからこそです。たとえ真剣にお互いが好き合っていても、今その思いのままに性行動する事、妊娠する事は愛でも何でもなく、互いを思いやれない無責任な行為なのだと私は子供に教えたいと思う。そのような事を考えました。この映画は大人の不甲斐無さはそれなりに描けていたけれど何かもう一つ抉れていない事と見る子供に、最後まで「命」が大事ならこうなってはならない本当に「命」と「自分」を大切にするならばこれではいけないという事がいまいち伝えられない表現のままでなにか、「これでもいいのだ」といった感じで美化したままに終ってしまったのが残念だと、私は思いました。。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート18

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月23日(金)11時04分7秒
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーにまた以前の記事をコピーし偽造したような中1の非常に危険な恋愛記事が掲載された。以前の記事をコピーし偽造したような中1の非常に危険な恋愛記事そのまま掲載された。

=彼氏が気になる如何すればいい ぷりん(13)=

私は中学1年生、今一番悩んでいることは恋です。小6の時私は2年前から好きだった男の子と付き合っていました。でも中学生になるまでに別れてしまいました。私は告白されて振られた時は「なんで!」とか「もう、大っ嫌い!」と思っていました。しかし、中学生になってその男の子と同じクラスになって…気がつけば私は彼のことを目で追っていました。彼も私のことを見ています。これは未練とうのでしょうか?今とあの頃の私は全然変わっていません。だから、告白しても、されてももう付き合えない。また付き合っても結果は同じではないのかなと思います。この感情を抑えることができません。どうしたらいいのでしょうか?(松山市・女子)

また前の記事をコピーしたような非常に危険な中学生の恋愛記事が出た。小学生の時から中1の恋を引きずったモーレツに危険な恋愛記事として愛媛県中に警戒を以前与えた恋愛記事である。同じ年齢、大人のような文体で驚かせた記事である。しかし中1の記事は小学生に近い年齢小学校時代が絡んでいること名で同じだが松山市は今日はHRから大人数だが調査に当たっている松山市は生徒数が多く捜査不能地域であり「ヤング落書き帳」の量は他の地域に比べると比べ物にならないほど多い文章の内容も過去の恋愛記事の「になってその男の子と同じクラスになって…気がつけば私は彼のことを目で追っていました。彼も私のことを見ています」コピーのような面があり徹底捜査を進めている。ここ連日愛媛新聞「ヤング落書き帳」の少女コミックのようなコーナーに悩まされている。学校によってはどぎついメールを送っても返信がなくどう仕様もない状態である。根負けしないように操作を粘り強くするしかないと松山市は今日も必死の捜査が続いている。松山市では愛媛新聞「ヤング落書き帳」を知っている小学生は0,087%でほとんどの小学生は知らない。中1では0,2%中3で1,2%しか知らない。高校生でもアンケートでは5%にも満たないのだ。まったく愛媛新聞の「ヤング落書き帳」にこれほどの恋愛投稿記事が行くことに先生達は首をかしげている。

モスクべ紳助vs100人の子供達 親の知らない仰天世界ドキドキ初体験SPの島田伸介の司会は、わざと小学生にHなことを言わせエロ化させようとしている視界が見え見えです。初めは相撲少年の話です。小2のケイスケ君という男子が同級生の女子小学生、ミナミちゃんに恋を告白する内容です。ケイスケ君は南ちゃんに大人並にデートに誘い「相撲の練習よりも恋を取る」など恋話に花が咲いています。ケイスケ君のような子は現実は激しい相撲の練習のは耐えられません。外国人力士ばかりが強くなってしまった大相撲の世界はここに見られます。「女子にかっこいいところを見せよう」とすること自体は小学生どころか中学生でも相撲部では起こりません小学生の発達段階を超えていて実態に合いません。相撲少年は小学校2年生、これは教育現場に問い合わせても現実は怒っておらず、超レアケースで放送で宣伝は良くないと小学生や中学生の保護者から非難の声が上がっています。小学生女子に好きな男子のアンケートを取ること自体が超エロです54人中34人が太っていても好きという言葉がでました。どこの小学校の児童かわかりませんね。島田伸介の司会は小6男子の相撲少年に「相撲は続けて相撲中心の考える」という言葉に対して「中学生になっても彼女ができないとどうするという」インタビューは島田伸介は真性ロリコンそのものです。島田伸介は教師のことを突っ込んでいますが。人間的に良い人でも一般教養がないと教師はできません。このコーナーは教師の為になるどころか熱心な教育現場の先生を逆に怒らせることを言っています。今は指導不足教員制度や教員免許更新制度などで忙しい教員の世界を島田伸介は知っているのか?教師は島田伸介のような高給取りはいない。島田伸介の何十分の1の安月給で芸能人並に残業で働かされる教師たちの世界を知っているのか。教師の睡眠時間は平均5時間以下、芸能人並なのだ。今度は何と幼稚園児の初恋です吉田シュンちゃんです。好きな男の子は古田ヒロト君です。幼稚園で大切な人が取られるとシュンちゃんは悩んでいますがこれはあり得ません超レアケースの紹介です。幼稚園児は悩むことはあり得ません。幼稚園児の記憶は年長からしかできません。記憶ができたての時は起こりません。しかも何と幼稚園児がラブレター渡しです。これは日テレは手加減知らずの放送をしていますね。シュリちゃんとヒロト君の卒園式にまたラブレターです。このようなことは一般の幼稚園児では起きません。シュリちゃんはお別れの手紙を渡しました。もうこれきり会えなくなるので渡すラブレターです。幼稚園児まで女子から男子に恋物語は幼稚園児まで有害な放送です。心ときめいた時これは有害不適切です島田伸介の司会で小学生が「幼稚園児の時キスした。カップルだったから」テレビの前でこんなトークができる、この小学生の考えを疑りたいですね。キスを小学生の時にしたというトークを小学生にさせることは島田伸介は完全に真性ロリコンです。島田伸介は子供向け番組には向いていません。今自分の言っている司会の言葉は小学生に「恋を取るか友達」を取るかで「恋をとる」という恋愛トークは小学生の性の価値観や性のモラルを崩壊さ人格破壊を起こさせます。小3のショウマ君とヒロト君は同じ女の子アミちゃんが好き、小学校の教育現場に連絡を取ると小4どころか小6ではこんなことは起こらないということです。アミちゃんが好きなショウマ君に急接近、ヒロト君は恋敵になってしまいました。水泳大会でショウマ君優勝、ヒロト君4着、ショウマ君の快勝、翌日はショックを引きづり記録は伸びない。こんな恋の三格関係は普通の小学生ではあり得ないという教育現場の小学校の先生達は言っています。島田伸介はアミちゃんの自宅まで乗り込んで大人の恋愛話を大人げなく語っています。真性ロリコンとは島田伸介のことを言います。小学生対象に何でこんなに激しい恋愛エロトークを行うのか?これは恋愛リアルでも子役たちにエロ役を多くやらせてきた島田伸介の真性ロリコン性が丸出しになった証拠でしょう。指名も女子児童が圧倒的に多いですからね。島田伸介は真性ロリコンです。今日のモクスペ 紳助vs100人の子供達 親の知らない仰天世界ドキドキ初体験SPの島田伸介の司会は小学生や中学生のような子供の性のモラルや性の価値観を落とし性のハードルを下げる番組を放送の司会者、島田伸介に非難の声が上がっています。この番組を見た多くの本当のロリコンたちのターゲットに小学生や幼稚園児の子供たちがされて登下校の危険性が増える恐れがあります。保護者も登下校の列について子供を守ることがさらに大変になります。日テレスタッフや島田伸介はこのような事態は全く考えていません。もう小学生や中学生に恋愛トークをさせる番組は日本政府の文部科学省や厚生労働省が中心になり、制作しないように呼びかけてほしいと思います。

NHK教育テレビ放送の天才てれびくんMAX木曜生放送今日は超問題放送のMTKライブスペシャル拓巳・あかり・樹里亜の『ほんとはあの娘が好きなのに・・・』のエロライブ
スペシャルは超問題のエロ放送。今日の天才てれびくんMAXの木曜生放送のエロ差に非難がひどく集中華麗ではR=15に指定。「好きな子になかなか告白できないラブソング」「女子も好きな恋する気持ちはおなじ」お便りで拓巳君に「実際恋したにしたことはあるのか」中1の拓巳の発達段階に合っていません。作曲家の間真太郎さんでは子供の拓巳君、樹里亜ちゃん、千帆ちゃんを実際に調べ上げることは子供のプライバシー侵害です。間真太郎さんでは恋に臆病な拓巳君、恋に落ちる小学生の樹里亜ちゃん、横でいらないことを言う恋の邪魔をする千帆ちゃん、と歌の内容もエロく、これは子供たちの応援歌には程遠く、子供たちの性の価値観や性のモラルを低下させ性のハードルを大きく下げてしまうとんでもない歌です。このMTKは全くいけません。セリフまでエロだらけです。これを応援歌というハリセンボンも異常です。応援化にするなら完全に勇気の歌にしないと子供たちの応援歌にはなりません。また樹里亜も拓巳をすでに好きになってしまったという歌詞のエロ差をハリセンボンの箕輪はるかと近藤春菜のエロい言葉は全くなっていませんハリセンボンはもう司会は降りてもらうしかありません。本当に今週は木曜日まで多くの家庭が視聴を小学生や中学生に止める状態が続きR=15指定の放送です。今週の天才てれびくんMAXは本当に腹が立ちます。ハリセンボンだけでなく拓巳ちゃんや樹里亜ちゃんや千帆ちゃんのような恋愛エロが大好きなてれび戦士ばかりで、てれび戦士の質も大きく低下して番組のモラルが大きく崩壊、天才てれびくんMAXのてれび戦士愛知県、水谷美月さんから「おとこのこをふりむかせる」のエロお便り紹介もミノポーの窓もいけません。もうお便り紹介は天才てれびくんMAXはやめてほしいです。本当に今日の放送は有害情報ばかり子供に注ぎ込む放送で多くの家庭の保護者が小学生や中学生にR=15指定で視聴禁止のもども向け番組を放送で高額な受信料を取るNHKに本当の腹が立ちます。恋愛エロ話をするてれび戦士ばかりでは困ります。天才てれびくんMAXを恋愛エロ化をしている近藤春菜のように子供番組も大人番組も一緒にするハリセンボンはも番組を下してほしいです。

「赤い糸」はこんなに幼い中学生の既に波瀾万丈で普通の人の何十倍の濃密な人生を歩いてる主人公を描き「可哀想」をとっくに越えてただただ開いた口が塞がらない。この映画の狙いはなんなんだ?視聴者を唖然とさせる事なのか?きっと少女漫画をダイジェストにしたらこんな感じに全部なる。わざわざ大きなスクリーンに映すことはない。映画「赤い糸」のストーリーを大まかに述べると次のようになる。8歳の誕生日に出会っていた芽衣と敦史、中学になって再び出会い、それに気づいた敦史は芽衣を好きになる。楽しい筈の修学旅行、よりによって2日目の2人での自由行動の前の晩、なんとヤク中の母親の事故の報で敦史は母の元に戻ることになる。前の晩、8歳の出会いの事を芽衣に告白、そして初めてのキス、
運命の“赤い糸”の相手と意識しあい惹かれあう。その晩、芽衣に陸が好きだと打ち明けた親友の沙良、自由行動に芽衣が密かに好きだった陸がついて来てしまう。気まずさに沙良にそれを言えなかった芽衣、沙良に2人一緒なのを見られていて、親友の芽衣に彼を奪われ裏切られたと思い自殺未遂、よりによって記憶喪失になる。戻ってきていた敦史は芽衣の母親と偶然出会い、彼女に何事かを告げられ、頑なに芽衣を拒むようになり、最後には芽衣に別れを告げ転校する。失意の芽衣、高校進学を機にあの陸と交際することになった芽衣、芽衣に固執する陸は守れない約束をするなと芽衣を殴る、蹴る・・・。そのうちには親友の美亜が失恋のショックに急にクスリに手を出して、高校になり地元に戻ってきていたクスリについて過敏な敦史に、クスリのことを指摘される。そこに美亜のことを心配して探していた芽衣が現れ敦史ともめて、それを見かけたあの陸は芽衣に張り手、腹にパンチ、そんな陸を止め、殴った敦史に、ふたりの問題だから彼に手を上げるなと怒る芽衣、一方、陸は芽衣と敦史を見て身を引くことを決意、ふたりを呼び出して会わせようとして、芽衣の留守電に恋人関係の解消、友達に戻ろうといれたと思ったら交通事故死してしまう。ここは完全の原作を180度変えている。原作では陸は芽衣をレイプ被害から守ったりいじめから守り芽衣とは別れるがラストは大学に進学して新しい彼女ができている。このような重要なキャラクターを映画では殺すのは人の命を極端に粗末に扱っているとしか思えない。そして2月29日、4年に1度の誕生日、よりによってそんな日に、芽衣の両親は離婚を告げ、芽衣は実の娘でなく親友の娘、その親友を死なせたのは敦史の両親だと思っていて、敦史にその事を話し、芽衣に近づかないようにいったと話す。一方、敦史が母がヤクと男のために、病院を抜け出してきたことを知ったのも誕生日、その男をナイフで刺し、ふたりが密会をしていた店を飛び出してくる。修学旅行の晩、16歳の誕生日、一緒に過ごそうとした約束、待ち合わせした訳でなく足が向いた8歳のとき初めて出会ったケーキ店の前、2人は出会う。芽衣は母から全てを聞いたことを話し、ふたりは抱き合う、なのにふたりは再び別れを告げて、それぞれの方向へ。そしてbe comtinue…(つづく)これはいくらでも突っ込みようがあるし、つづきのアイディアはいくらでも出てくる。まずは記憶を取り戻した沙良の登場、敦史を取りにいってもいいし、ヤク中や売春で芽衣を巻き込んでもいい。そして芽衣の実の父の登場、幼なじみの悠哉に迫らせてもいい。敦史は幼なじみ、そしてその父との係わりに迫るか、それより傷害罪で捕まえる方が手っ取り早いか・・・。ありえない、ひたすらありえない話です。まるで昭和のドラマか、それとも昼ドラか、そのベタな展開、ドラマチックで過酷な運命は韓ドラレベルか、
ただ個人的にはそんなにキライでもないので、結構ジ~ンとしながら観てしまいました。
でも麻薬絡み、今時の夜間部といった所は正直、ありふれた私では引いてしまった。原作では閏年の「みなし誕生日」にはこだわっていない。みなし誕生日は現実にはないからだ。2月29日は2月28日の延長日なので2月29日生まれの人は全員2月28日が誕生日と法律で決められているからだ。そして母が近づかないよういった理由が意外に大したことなくて残念です。感性によっては全くこっ恥ずかしいストーリー、幼稚に思っても至極当然の作品なので人には薦められません。演技力だって特筆するものは感じなかったし・・・。ただ単にドラマの抜粋を適当に編集しているだけ、しかも手を加えていないから話の流れに無理が有る、さすが携帯小説だけ有ってドラマチックてんこ盛り。そもそもどう見ても中学生に見えないし中学生というまだ義務教育中の子供の設定はこのドラマでは許せない。最近は日本はアメリカや欧米先進諸国と違いこのような児童ポルノもどきの映画が増えて小学生や中学生や高校生の性の価値観やモラルがひどく低下してしまい、性のハードルが下がり学校で行われる過激な性教育とバッチングしてフリーセックス状態になり望まない妊娠やエイズや性感染症が中学生や高校生に爆発的に蔓延して来年の2010年の高校生は一人も子供が作れない状態になり少子化どころではなくなるという大変な事態が起きようとしている。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中18

2007年は14才以下の出産は43件あったが41件は中3の14才と中2、中1の出産が2件あった。しかし小学生の出産は0件だった。2008年は「コドモのコドモ」や「赤い糸」の悪影響があり、14歳以下の出産は45件と2件も増えた内訳は中314才と中2で42件、中1が3件あった。小学生の出産は0件でこれで小学生の出産は16年連続0件である。起こっていない。問題にもなっていないことを映画化するから映画化自体が問題になり性教育なんかには全く使用できない。小学校5年生が出産衝撃で問題いっぱいの幼い奴らの物語、命の大切さ友情、団結、子供の成長、あなどるな子供達の力という映画のキャッチフレーズは完全におかしいではないか。突っ込まればきりがない超問題映画だ。「14才の母」の問題とは比較にならない。「コドモのコドモ」は見なくても多くの学校教育現場に悪影響を与えていますね。小学校5年生で男女合同宿泊の件で「コドモのコドモ」の原作漫画を読んだ親達が危険だから男女合同宿泊がモンスターペアレントのような親達が出現してウザくなってきたのですよ。小学校5年生になると全員が子供を作れる体になるというひどい性教育的な間違いがあるからです。小54月で精通する男子はデーター調べてもありません女子の生理さえも小54月では40人に一人以下です。子供が性交しても、できるわけはないのです。誤解を保護者達に与えてしまっています「コドモのコドモ」はいやなら見なければいいだろうという問題ですまないのですよ。小学生や中学生の出産や妊娠の映画たテレビドラマは「いやなら見なければいいだろう」で済むと思ったら痛い目にあいますよ。直接的な影響だけではなく間接的な影響も考えてくださいよ。映画観ました。つまんなかった。コドモを馬鹿にするな!!とも思いましたね。劇中の性教育だって「コミニュケーション」とか教えてましたよ。これを見た親が、「性教育はもっと早くからやるべきだ」なんて言い出すんじゃないかしらね。言いだすと逆効果が起きて余計に子供の性が暴走する悪循環が起きる。大人が子供の無邪気な力に触れて感動したくてつくった映画。子供のためにはならないね。性交シーンとかはないから18R禁止にはならないんでしょうね―残念ながら。ひどい映画作ったモンだね。小学生の性行為は認められてるのですか?倫理を置き去りにして感動もないでしょ。観終わって「何故、この原作を映画化しようと思ったのだろう?」という疑問が頭から離れません。原作の漫画は連載の途中で無責任な出版社によって連載が停止。「子供が子供を生む」という現実的にもある(実際に多くの国であること)親にはショッキングな内容だっただけに何の決着も無く終了というのは、非常に残念なことでした。そのことに決着をつけようという意思があるのであれば
もっとテーマを掘り下げても良さそうなものですがこれでは単純に面白がって映画化しましたと思われても仕方の無いことだと思います。これでは倫理の欠如を問われても仕方の無いこと。その点をもっと考えた脚本であれば良かったのですが子供たちの演技の素晴らしさ以外に、この映画から得るものは私には無かったようです。監督並びに制作関係者がまさにコドモのコドモである。このようなケースの子供を美化していい訳がない。誰でも自分の子供が同じ様な状況になったら、こんな内容許せるはずがない。大人が見ればファンタジーで済むけど、子供は影響受けやすいんだから常識的に考えてほしい。制作者側は、あえてこういう問題映画を作れば話題になり、みんなが興味を持つってのが意図だろう。何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。私はマスコミ試写会できちんと映画「コドモのコドモ」を見て感想を書いている。映画の試写会に参加した人の中には多くの城英反対の声があがりましたが反対の声は無視されて映画は強制上映ですPG-12、R-18の指定もありません。ただしマイナーな単館映画で上映するという条件付きでした。単館映画でも今はシネマ・シンジケートができてその第一弾が「コドモのコドモ」です。単館映画でもこれから全国で見られますから。見ていても絶対に起こらない10才の小学生同士での性交での妊娠や教育現場や医療現場が完全にバカにされ現実離れしすぎであり主人公が妊娠により追い詰められる場面もなく物語に重さがないと非難が続出です。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート17

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月22日(木)11時23分31秒
  愛媛新聞「ヤング落書き帳」にこれまでの記事をコピーした非常に危険な中学生の恋愛記事掲載にこれまでの記事をコピーした非常に危険な中学生の恋愛記事そのまま転載。

=芸能人への恋意見きかせて☆LOVE☆(15)=

私には今、めちゃくちゃ大好きな芸能人がいます。その人はとてもかっこよくて、優しい喧嘩をしています。かなわぬ恋だということが分かっています。でも、本当に大好きなんです。できるものなら会いたいと思います。芸能人に恋する私って変でしょうか。皆さんの意見を聞かせてください。(大洲市・女子)

この記事は全く許せない多くの学校が愛媛新聞「ヤング落書き帳」の恋愛記事を切り抜きりぬいて残しているが今日の大洲市の中学生の記事は完全にコピーした記事である。「大好きな芸能人がいます。その人はとてもかっこよくて、優しい喧嘩をしています。かなわぬ恋だということが分かっています。でも、本当に大好きなんです。できるものなら会いたいと思います。芸能人に恋する私って変でしょうか。」というこの書き込みは以前の書き込みそのままなのである。以前の恋愛記事のコピーまで乗せる愛媛新聞は腐ってきたとしか言えません大洲市は生徒指導や学校のけじめに厳しい地域で受験シーズンで学校の先生達はHRで生徒特定も急いでいるがそれ以前に前に使われた記事のコピーとわかり怒っている。大洲市の中学校、大洲東中学校、大洲南中学校、平野中学校、肱東中学校、新谷中学校、大洲北中学校、の先生達は各学校とも連絡を取り合いけじめに厳しい大洲市の中学校は受験シーズンをも変えまだ県立高校の受験はまだでありこれからが本格的な受験シーズンにとんでもない記事厳しい調査がツずいている。

今日のNHK教育テレビ子供向け番組、天才てれびくんMAXで超エロコーナースペシャルトークコーナー 「モテモテ団」は小学生や中学生に有害情報を与える危険なコーナーで保護者から怒りの声が出ています。今年度のてれび戦士の男子もてれび戦士女子に負けないエロさです。「セレ部」で女の子3人が話した内容を参考に一磨君・聖斗君・裕太君・翔太君・翼君・元太君の6人が、「女の子へのカッコいい告白のしかた」これはさらにエロが強まっています。元太君が「女の子は自分で告白するよりも男に告白するほうがいい」という言葉を聞き、安田大サーカス、ダンチョ、クロちゃん、ヒロクン、も問題です。告白の仕方は一磨君は「店にさそう」佑太君は「誘い込み好きだと叫ぶ」元太君は「誰もいないところでシンプルに告白」翔太君は学校の帰り道で「好きだから愛しているからという」これはもう小学生や中学生の番組ではありません。元太君は「放課後誰もいない教室で好きですと告白する」と言う民放ではこんな下品な破廉恥な子役たちはいません。純情に「好きな子はいません」と言うアイドル子役が多いです。てれび戦士の質の低下がひどく人気も落ちています。また司会の安田大サーカスも問題ですお笑いタレントは子供向け番組天才てれびくんMAXには向きません。今年度のてれび戦士達は破廉恥でいけません。これ以上小学生や中学生の性の価値観やモラルを落とし性のハードルを下げて小学生や中学生をセックス漬けにしてしまう恐ろしい番組放送は許されない。天才てれびくんMAXが恋愛エロ番組に腐ってしまった原因はお笑い芸人ハリセンボンの箕輪はるかや近藤春菜やお笑い芸人安田大サーカスを起用しているから多くの家庭が子供に見せられないR=指定の番組になってしまっています。ワンミッションでも樹里亜ちゃんは日本中の学校で禁止されて来ているケータイを小学生なのに「彼氏に連絡を取るために持っているがいる好きな人はこの中にいる」という小学生では考えられない、とんでもないエロいことも言っています。彼氏に連絡取るのに小学生がケータイを使うということは文部科学省も許せますか。各学校に通達したばかりですよ。絶対に許されません。家庭によりNHK教育テレビの子供向け番組「天才てれびくんMAX」が家庭のよってはR=15に指定される子供向け番組を放送して高額な受信料を取るNHKは本当にいけません。これは大問題です。文部科学省や厚生労働省もよく考えてほしいです。

「赤い糸」の映画を見て携帯小説っていう文化に早く廃れてもらいたいと心から思います。ドラマも映画もそれに汚染されていくのが悲しい。携帯小説って性への興味と傷つく事と死んじゃう事この三つで盛り上がりたい若い子の巣窟。何読んでも同じで最悪。それがどんどんテレビや映画になるのは日本の制作者の低迷。大世離れな原作を、まんま世に送り出す事はしなかった。つまり、映画はとてもマイルドである。過激なアレもない。しかし中学生に有害な情報は十分に注いでいる。ご周知の通り、原作は『今の中学生ってここまでアレなの?』の、ド自堕落さがとにかく目に付く。ドラッグやアッチ(過激性描写)系の連発。比喩的表現、文脈で人を惹き付ける事もせず、ただもう乾いた表現で、ショッキングな事も加わり、それは覗き見的な、禁断の世界の興味を引く(多分)。“キワもの”と言って良し。例えば他の作品なら、バンド活動やスポーツの中に青春像を組み込む。“好いた、ハレた”以外にチャンと見せ場を創る。対してこの物語は“恋愛の他に見せ場がない”。“ムキ身”のテーマとでも言おうか。ずーっと『好いた、別れた』の世界。それはそれで良いのだが、それだけじゃ話にならない。結果、ドラッグやアッチ(過激性描写)系の話で刺激を与える。それが受けた…それだけの事なのだ。『赤い糸』はそうだった。ただし児童ポルノほうはケータイやインターネットの小説にも大きな影響は与え過激な性描写ものは控えるように警告が出てからは、続編高校生編「赤い糸destiny上・下」「赤い糸precious」完結編では並の大人しい表現に変わってしまっている政府の命令では作者、中宗根泉さんもかなわなかったようだ。『コレって実話って噂』の声もあるらしいが、どうなんだろう?実話なら、手間のかかる小説にせず、ドキュメントとして発表した方が、よりセンセーショナルだろう。まぁ、そんなマコトしやかな噂(多分)が出るのも、物語にあまりに空想性がなく、どこかニュースや雑誌で見た程度の“事件”しか起きない為だろう。しかし中学生がこれほどのことを現実にやるとビッグニュースになり芽衣や他の学校の生徒がかかわっている先生や学校長も首は瞬時に飛んでしまう。これは空想のファンタジーである「恋空」も現実と書かれていたが倒錯の空想話、ケータイ小説は幼稚園児がセックスして妊娠出産してもこれは実話ですというバカげたケータイ小説が激増している。ケータイ小説も制限を加える必要がある。まぁ、それは原作の話。今回、フジは映像化にあたってTVドラマを先行させた。素直に巧いと思う。“原作とは違うピュアな物語にしてます”そう宣言した。これに肩スカシを喰らった人は、もう付き合う必要はない。キュンときた人は、映画も大丈夫。そういう準備段階を創った。手抜かりないのは、映画はTVドラマを観たくなるような“仕掛け”をしてある。
TVは、各登場人物によりスポットを当て、丁寧に立体的に、同じ話を描くのだ。かつ。 映画の続きを観たい方は、TVの最終話あたりを観て納得する形。(映画は1つの終わり方がある)“フジは、青少年にドぎついドラマは売りにしません、戦略で勝負します”そんなことはない。中学生のドラッグや夜遊び深夜徘徊は十分に有害な情報を与えて過激なドラマになっている。テレビドラマも映画はドぎつさ、過激なアレ(過激な性描写)は全くない。芽衣、敦史ともに、アバズレなど縁遠く、極めて清純。特に淳史は原作のアツシではなく、真面目で、母の薬物依存に心痛める、等身大の少年である。だからこそこの2人、微妙なスレ違い、誤解に揺れ動く。しかし中学生の大恋愛自体が中学生の発達段階を無視している。南沢奈央、溝端淳平のイメージも舞台あいさつのラブシーンを生で行いぶち壊した。とても繊細な心の様、それがメインに描かれて行くのだ。お父さん、お母さん方。
お子様が『【赤い糸】を観てくる』と言うとやはり警戒する必要がある。原作が【赤い糸】である以上、薬物シーンや自殺、恋人の暴力といったシーンがある。それは他の中学生向け映画は見られない過激なものだ。『それでも、まっすぐに生きなきゃ』と言う、
若いひたむきさがみられるというバカげたキャッチフレーズまであるのだ。チャンと心救われる映画に仕上っていない有害映画だ。“適度に”危険シーンオンパレードである映画。それが「赤い糸」だ。原作の毒は抜けても作品の中身が駄作で子供に与える有害情報からは抜け出せていない。これが問題になった。“過激さを抜くなら、【赤い糸】である必要はないのでは?”そういう疑問が沸いてくる。今作は、原作の流れを“キレイに”さらったダケ、つまりは毒のない【赤い糸】なのだ。ただし過激な性描写がないだけである。原作の不快なインパクトを、“揺れ動く心”の描写で補い切れたかと言うと…?である。原作を抑える事を良しとしながら、なんともジレンマなのだが、つまり、ソッチ(過激な性描写)系ではない強い見所を加えなければ、“この作品でなければ”という、愛着は沸かない人が多いロリコンと思われる中年のおじさんたちの数が半数を占めた映画館もあった。この原作の映像化そのものに、無理があったのかも知れない。恋愛模様しか展開されないドラマは、展開のストレートさが目に付く。これが中学生なのかという面が多い本当に刑務所にびち込んでやろうかと思うシーンは満載だ『コイツら好いた、ハレたしかないんかい』と。原作の知名度を利用し、“形だけ”の【赤い糸】を、ブームにのせて創ったそれが真実かも知れないが、とにかく独自性はない。“適度に”だから、それなりの見所もない。淳史の画になるたたずまい。芽衣のクリクリ目の芯強さも何かアンバランスである、次第に目が行くキャラがへんに描かれている。そして、1992年2月29日と言う特別な日をよりどころにして、紡ぎ上げていく、現代味のピュアな“想い”はどうか。1992年は阪神淡路大震災があった大変な年で村山内閣が崩御した年なのである。TVと同じキャストだから、どうなんだろ?と思った役者力も新鮮さに欠ける。とにかく、原作よりもTVドラマが好みの方には、安心して観られる作品ではない。映像化にあたり、原作のどぎつさに頼らず、“戦略”は中学生により過激有害情報を注ぎ込んでいる。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中17


ここまで日本映画界は落ちたかと情けなく思うばかりです。全く評価に値しない最悪の有害な映画である。  2008年の最悪映画の名誉(?)は決定だな春菜の友達は、赤ん坊を自分力で決意するのも凄いし考えられないです。『コドモのコドモ』 命の物語というには、命をあまりにも軽々しく扱っていませんか?性の知識の全くない小学校5年生の女の子が、恋愛感情のない幼馴染の同級生のコドモを身ごもってしまい、せっかく授かった命だからと、オトナたちには内緒で出産することを決意し、それをクラスメートのコドモたちも応援するというストーリー。描いたのは、コドモたちの力強さと大きな可能性の物語(ファンタジー)なんだって。それで、各界から絶賛!賞賛!のコメントが続々と到着!!だって。だから、この物語をあなたの目で観て確かめてくださいって。心で感じてくださいって。ということなのだか子を持つ親としては嫌悪感しか感じないストーリーであっても、納得させるようなエピソードがあって、すっきり爽やかな展開になるんだとばかり、思っていたのですが。けれどもそんなことはなく、冒頭に記したストーリーのまんまの映画でした。リアリティーの欠片もない内容でした。もしかしたら、“リアリティーのない物語のことをファンタジーと呼ぶのだ”と、勘違いしているんじゃないだろか?原作のコミックにはきっと、オトナには頼れないのでコドモだけでって決心するに至る過程が描かれているのだろうけれど、この映画にはそこがまるで抜け落ちているところが、致命的なのである。母親役で宮崎美子が出演している。姉役で谷村美月も、出演している。この演技力のある二人が、すごく間抜けで頭が悪くみえてしまう。演出や脚本に忠実であればあるほど、という皮肉…。とても気の毒だ。だって一緒に暮らしている娘が妊娠していることに、コドモが生まれちゃうまで気づかない親がいるだろうか?同じ部屋にいるのにもかかわらず、臨月まで妹の体の変化に気づかない姉がいるんだろうか?一緒にご飯を食べたり、ちゃんとコミュニケーションをとってる家庭なんだよ、ここん家は。保護者の描き方も判で押したようなステレオタイプで、これもまたリアリティーがゼロ。これで、既成の観念やオトナのルールにしばられないで、ピュアな心で命の尊さを感じてほしい、なん言いたいのだろうけれども、それ、完全に間違ってます。11歳の未成熟なコドモの妊娠・出産がどれだけ危険が伴うものなのか、わかってるんだろうか。しかも清潔とはいえない場所で、医者もいない、設備もないところで、コドモたちだけでって。奇跡的に無事に生まれて、類まれな安産でしたで片付けちゃうのこれって逆に、命をあまりにも軽々しく扱ってるってことでしょ。そもそも“親になる覚悟がないのに”親になっちゃいけないっての。道徳的に…なんて野暮なことをいっているわけじゃない。これは、“人間的に” もしくは “人として”という問題です。観念やルールに縛られたくないと言うのなら、人間をやめるしかないでしょう。社会に生きるのが、人間なのだから。犬や猫ではないのだから。この映画を支持するコメントを寄せている方々の中に、教育者もしくは教育に携わる人たちが多くいることがとても気がかりでなりません。性教育にも間違った知識が入りこむのである。設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。「コドモのコドモ 」from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年10月1日 0時1分)のどかな地方都市、ほんわか顔の子役たちとムードはソフトだが、描くのは小学生の妊娠・出産とハードなものだ。賛否両論は覚悟で、命の意味をとことん考えてと呼びかけている。春菜とヒロユキは興味本位で“くっつけっこ”という遊びをする。春菜は妊娠するが、大人には相談.... ...[外部サイトの続きを読む]試写会で拝見しました。観おわった後「なぜこのテーマにする必要があったの?」と言う疑問だけが残りました。観ていて、「こんなことありえない」と思うことや「なぜ??」と思うことが多く、共感できない。つまり感動が無かった。「子供たちの演技」にこの作品は頼りすぎていないだろうか?子供たちの一生懸命さには、心が痛んでならなかった。正直、映画化されるべき作品ではなかっする必要は無かったのではないかとさえと思う。せめてR指定にすべきではないのでしょうか?観てない人の意見を気にすることはありません。 良い映画です。この映画で描かれていることは、実は世間体にばかり子だわっている大人より、浅はかで馬鹿だけども子供の方が命に対して真面目に向き合っている、という事。それとここは映画の感想を書くところで、他人の意見を批判するところじゃないよね?このように言う人が今は少ない。多くの人は映画を見て映画を批評しているは非難の声があんのじょう多い失礼ですが、監督さんにはお子さんがいらっしゃらないのでしょうか?   奥様は?  大人でも、子供を生むに当たって、物凄い費用と不安が圧し掛かります。 痛みだって、男性の方なら耐え切れない痛みだといいますよ?実際私も普通分娩を3回経験しています。あんな痛みが、果たして子供に耐えれるのか。子供目当ての性犯罪が起きている現代そういうことも考えてらっしゃるのでしょうか?『コドモのコドモ』 命の物語というには、命をあまりにも軽々しく扱っていませんか ※賛否両論のある作品です。みなさんは、どう感じましたでしょうか。 『コドモのコドモ』 監督:萩生田宏治 原作:さそうあきら「コドモのコドモ」 脚本:宮下和雅子、萩生田宏治 出演:甘利はるな、麻生久美子、宮崎美子、谷村美月、草村礼子、塩見三省、上野樹里も出演しているがみんなキャラクターは生きていない。なっきーさん。自分力で決意するのが凄いですって? 11歳の子供に何を決意できるっていうんですか? 1円も稼げない人間に何ができるっていうんですか? 決意っていうのは根拠があってはじめてできることです。 子供が子供を生みたいっていうのはただのわがままであって、決意でもなんでもない。 それを命がどうとか、友情だとか、感動っていうフィルターで映画にしているこれは作品なんて呼べない最悪なものです。こんな状況があって許されるものか?? 感動・いのち・友情ということばが踊っているが、こんな状況が自分の子どもの身に起こったと考えると、そんな安易なことばは絶対に出てこない。 命をテーマにする映画なら、こんな題材ではなく他にもあるはず。 センセーショナルなテーマで命を扱う安易さには耐えられません。道徳的に…なんて野暮なことをいっているわけじゃない。これは、“人間的に” もしくは “人として”という問題です。観念やルールに縛られたくないと言うのなら、人間をやめるしかないでしょう。社会に生きるのが、人間なのだから。犬や猫ではないのだから。この映画を支持するコメントを寄せている方々の中に、教育者もしくは教育に携わる人たちが多くいることがとても気がかりでなりません。性教育にも間違った知識が入りこむのである。設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート16

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月21日(水)11時01分3秒
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーに猛烈に危険な小学生の危険な恋愛詩と非常に危険な恋愛記事が掲載された。

=無題 愁華(12)=

「運命は変えられないんだよ」親からそう聞いた時涙が出た もう君に会えないの?本当に会えないの?今まで、ずっと一人だった 君の手が届かない所に行ってから 「ずっと一緒だよ」そう約束したから大丈夫だよね?あたしには君がいる 離れても 手が届かなくても いつかは逢える「君はひとりじゃないよ」そう言った時の君の温かさ そういった時の君の優しさ そう言われた時の涙の冷たさ そう言われた時の心のぬくもり いつまでも覚えているよ すべて君が教えてくれたことだから アタシは信じている 君の言葉を 君の温もりを(四国中央市・女子)

なんとこれは小6の小学生の記事が載り四国中央市だけでく愛媛県中に激震が走っている。国語専門教諭に分析してもらったところ詩の改行の仕方やまだ小学生では出てこない漢字も使われ文法に間違いなく大人でもこれだけの詩が書ける人は少ないという。良く16歳の作家という人がいるが小6の時の文章はひどく幼稚である。また小6の作文を多くの小学校の先生達は見ているが「あえる」という言葉を詩や作文に入れても「逢える」とは書かいている小6は見たことがない男子も女子もいない。小学生の詩や作文は小6でも、ひらがなが多いのが特徴だ。四国中央市は恋愛記事は小学生では危険度は中学生とは
まったく違うので朝のHRから徹底調査で学級指導やゆとり時間も使って調査となってしまい大変な事態である。これは愛媛県十の小学校も問題視しており、愛媛県十の小学校も調査をする事情が続いている。「小学生までセックスずけにする気か」と怒りの声を上げる小学校の先生達、投稿者も特定できてほしい。小学生は中学生や高校生と違い特定できたケースhが過去に何回かあるということだ。

=フラられたけど好きでいたい 卓球になりたい(15)=

私には好きな人がいます。小6の時から中3の今まで大好きでした。しかし、この前告白したところ、フラれました。「嫌いじゃないけど高校に入っても彼女はつらくない」という理由でした。彼は卓球の推薦で私とは別の高校に行きます。彼に「付き合っても会えんやろ」って言われました。彼は「ほかの人探したほうがいいよ」とも言います。だけど、私には彼しかいません。私はどうすればいいのでしょうか。みなさん、教えてください。(松山市・女子)

中学生の危険な恋愛記事である。中学生はまだ受験シーズンである中高一貫校の中等学校の中学生以外ではこのような恋愛記事を書く暇はないということだ。松山市は中学生も多くいて捜査は困難だが生徒指導中心に一番積極的に間違いが起きないうちに動いているが生徒を一番よく知っている松山市の中学校の先生達はこのような記事を投稿する生徒はいないそうである。一番大切な時期に間違いが起きないように中学校の先生達も必至である。中学校の先生たち特に松山市の先生達は松山市が恋愛記事の8割を占めているだけに「ヤング落書き帳」コーナーを快く思っていない。なお松山市の中高生のアンケート調査では「好きな人に自分から告白しますか」のアンケート調査をしたけっか女子は自分から告白すると答えた人はわずか2%にも満たない男子は80%もいた。ヤング落書き帳の記事があべこべなのは女子の意見ばかり載せておりフェミニストやジェンダーフリーの大きな力が働いている。

=ヤン落デスクより=

◆4年間ずっと好きだった人に、ようやく告白できたのにフラられた、と卓球になりたいさん。彼も断りはしたいものの、告白されて心が揺れているかもよ。もう一度当たってみたら?(U)

このヤン落デスクはいと呼吸も置かずイケイケゴーゴーの世界を作り出す危険な支持ばかり出している。ヤン落デスクは良く変わりヤン楽デスクの考えで恋愛記事は増える時期は多い。少ない時期もある。今のヤン落デスクは非常に危険である。

天才てれびくんMAXいい!TV スペシャル 今週はスペシャルウィーク樹音プレゼンツ、「セレ部」の後編の恋愛エロトークが恋愛エロの限度が過ぎる。天才てれびくん視聴を学校の地域ぐるみで禁止している地域はR=15指定だ。NHK教育テレビは手加減知らずだ。民法ではこんなにエロい子供向け番組はない。三重県の葵ちゃんからの「初恋したけど告白ができない」というお便り、樹音や千帆は「ズバッという」とは天テレ史上最悪のエロ下品なてれび戦士の中でもエロすぎです。羅夢は「自分からは言わない」この3人はてれび戦士女子では最低の女子てれび戦士です。千帆は「告白や恋愛の季節は夏、お祭りの時にズバッと告白する」羅夢の「好きな男の子は髪のきれいな子」「経験あり」はこれはもども向け番組ではエロすぎで性交(セックス)も連想させます「告白することで愛も勇気もできる。好きな男子にプレゼントしたり多くの愛の告白できる機械を作る」恋愛エロもいいところですね。女の子は男の子の告白されたいのかという言葉も恋愛エロすぎです
。セックスまで連想させる経験という言葉はいけません。小学校や中学校が地域ぐるみで視聴を禁止することは禁止された地域ではR=15に指定されたということになる。国民から高額な受信料を取りながらR=15指定の放送をすることはNHKは最低な行為で国民は許さない。保護者が増えている証拠となる。とんでもないことだ。これは。視聴率も当然ビデオリサーチでは落ちていますよ。恋愛はSFには勝てないことは今年度の映画の興収入の違いからもはっきりしているhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090120-00000056-mai-soci<携帯電話>小中学校で禁止指針…文科省、月内にも通知 天才てれびくんMAXはケータイメールの男女のやりとりを指導する有害放送を行うなどふざけすぎている。これで高額な受信料を国民から取っているのであきれる。

「赤い糸」は映画をなめてる2時間という枠で収めきれなかったのか?だったら監督が無能てことですね。まだ映画としては恋空のほうがまし、だってまだエンディングがあるんだもんドラマ見なきゃ結末わからんとか映画じゃない、心の底からあきれましたね。あとコイツら中坊なんですよね!?壮絶な人生歩んでます薬物依存症の母親がででくるんですがどうにも甘ったるい、以前ドキュメンタリー番組で見た方はこの程度じゃなかった、もう何もやる兆しがないような顔色も青白く見てて言い方は悪いが私も顔が青ざめた携帯小説ってのはどうにもこういう重いテーマを押し込んで重厚感を出したいらしいけどいい加減これはノンフィクションとかいうのやめてもらえないかな?あんたらどんだけ壮絶な人生送ってるんですか今月から始まる「フジテレビ」の連続ドラマの映画版。しかも、本来なら「映画公開」→「ドラマ放映」 「ドラマ放映」→「映画公開」というのが流れなのだが、「ドラマが放映途中に映画公開」というなんだか変な映画。「赤い糸」というぐらいだったので、恋愛物で大変に暗い映画かと思ったが、実は青春物だったので、イメージほど暗くはなかったけどね・・・とにかく、突っ込む所ばかり・・・・友人が自殺未遂するんだけど、退院して記憶がなくなるんだけど、会いに行くと、傷ひとつない綺麗なひとなのね・・・・男の友人が親友の彼女だった子と付き合うんだけどね・・・あんなに良い子だったのでに・・・付き合うと180度性格が豹変するんだよね・・・そんで、また良い人になってあっさり友人に彼女を返すんだよな・・・・そんで、申し合わせたように交通事故で死んで(笑い)また、主役の女の子に両親が生世の秘密を話す場面があるんだけど、本当ならもっと話すタイミングってあるじゃん、あんな時に普通は衝撃事実なんか話すタイミングじゃないよ・・・と、言ってしまえば、韓国ドラマのような・・・・日本なら日本映画の良いところがあるのにね・・・韓国ドラマのまねしなくてもね・・・でも友人が事故で死んだ時、隣で座っていた女子高生ふたりは、涙ぐんでいたよね・・・それを友人に、涙ぐむ理由が分からないと言うと「それは、ゼネレーションギャップだよ」と、笑われてしまった。ま、今の子なら良いのかもね・・・・私的には、作り物ね・・・リアルさがかけて、まさに今時のドラマ、これなら「3年B組金八先生」を過激化したドラマ。自殺、薬、妊娠など、これらの負のキーワードさえ入れておけば今の携帯小説原作の映画化は成り立ってしまう。紛れもなく二匹目のどじょう狙いだが観客は馬鹿ではない、前回のガッキー主演の映画で辟易しているにもかかわらず似たような映画を作っても正直どうだろう。前回の映画が受けた背景は紛れもなく携帯小説ブームという背景があったからこそで今やその神通力も通じまい。所詮、薄っぺらい原作には薄っぺらい映画しか生まれない。対観に行かないでください! つまらない 恋空以下 お金の無駄ですドラマの延長線上というなんともお粗末なシステムドラマもゴミだが 映画もひどかった 大人はもちろん 高校生いや中学生にも退屈する内容主演の二人が感情もなく台詞をたどたどしく話す 演技の勉強もしていない俳優陣に言葉もでないある意味アイドル映画以下である
お金をはらうのも、レンタルするのもおすすめできない関係者は必死で「純愛!リアル!最高!感動ストーリー!」などど絶賛のあらしを書き込むだろうそして 多くの学生からなけなしのお金搾り取っていく被害者を少なくするため立ち上がろうと思う絶対観ては行けない理由は つまらない 退屈 俳優がごみ 携帯小説の最低映画。試写会で時間つぶしのために鑑賞。この映画のゴミさにある意味で翻弄された。くだらないという言葉を使うことすら出来ないあまりのゴミさ。試写会の劇場全体からとてつもないイビキは聞こえてくるわ。映画自体も本当におもしろくないわ。舐めてるんですか? 本当に映画製作する気あり!? 馬鹿!?「純愛はキレイごとじゃない」とか言ってましたが正直、映画本編でこの言葉はあまり関係しません。しいて、すると言えば主人公が不幸になるぐらいです。まぁ花男よりもひどい出来です。なんせ、主演の二人がろくに演技できていませんから!!!!ドラマ×映画とかいう新しい試みをしているなどと宣伝していますが、これは私「映画評価君」を怒らせるための火薬ですか!??私は以前からドラマの映画化は必ず邦画界をぶち壊しにかかると申しておりましたが、ついにそのときがやってきたのかもしれませんね。テレビ局が製作するのは映画ではなく「興行回収のための有料ドラマ」なんですよ!!!!!!!!!!!まず監督の村上はテレビ畑の監督ですから映画を製作する能力はないです。以前、「電車男」や「7月24日通りのクリスマス」なんてゴミ映画を作っていましたが、それから成長することもなく今回も相変わらずゴミな仕上がりです。それから映画の中でセックスのテーマを持ってくるのはやめろ!!これは、私、一国民としての叫びだっ!こういう映画は嫌でも、若年層が集まってくるものである。それなのにこういうテーマを持ってくるのはやめなさい!年末の時期に入っているのにも関わらずこのような不衛生な映画に出会ってしまったことが非常に残念である。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中16

この映画を制作した人たちは、いったい何を考えてこの映画を製作したのだろう。女子高校生が主人公の「恋空」でさえあれほど批判を受けているにもかかわらず、今度は小学5年生の少女の妊娠ですか?最近、週刊誌の記事を読んでショックを受けたことがあります。アジアのある貧しい国で幼い少女達が売春をして妊娠・・ まだ幼いのに子育てを強いられ、そしてその子供を養うためにまた売春をしなくてはならない・・しかも少女を買う客の多くが日本人だとか・・(日本人としてホント恥ずかしい・・)妊娠してしまった少女達の多くは、難産のため死んでしまうのですよ。体が成熟していないのに妊娠なんてもってのほかですし、奇跡的に無事に産まれたとしても、いったい誰が責任をもって子供を育てるのか?しかもこの映画について監督は「ファンタジー」と言ってるんだとか・・この映画を観て小学生の女の子達が真に受けたらどうするんですか?言いたいことはまだいっぱいある生理がはじまる小学生の高学年女子に性教育が必要なのは当然ですが男子には性教育小学生では必要ではない。この映画の内容では性教育にもなっていません。この映画はぜったい小中学生の少女達に見せてはいけません。映画を見た私は強く強く抗議します!しかもジェンダーフリーの映画として作成されるのだ。ジェンダーフリー=悪である前提で、「コドモのコドモ」も悪であるという暗黙の指摘「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。「くっつけっこ」を見ることで、子供が悪い影響を受ける、という指摘。小学生どころか、18歳以下でも妊娠は危険です。こういった現状を見ても、子供が子供を産むことの素晴らしさなんて、言えるんでしょうか?制作に対する批判。11歳の少女に子を産ませなければ愛を語れないほど貧弱な人間観しか持っていないといえるのではないか?「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。正直、この制作グループに乗せられてこのような映画を嬉々として持ち上げ、賞賛、宣伝してきた人々の余りにも軽率で軽薄な単細胞ぶりに驚くばかりである。小学生の子供に、「くっつけっこ」と称する性交をさせ、妊娠、そして出産・・・。どう考えても、これって【児童への性的虐待】ではないですか。それを映画撮影という理由で、幼い子供に疑似体験させるなんて、大人のエゴとしか言いようがありません。この映画には、たくさんの子供たちがオーディションに参加し、その中から役が決められたそうですが、子役の親たちも、どういう映画なのか、その内容をちゃんと分かってたんでしょうか。分かって我が子を送り出したとしたら、子役の親達にも問題があるのではないか・・・と思います。ヒロユキのような小学生の父親は世界でも一人も確認されていない。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート15

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月20日(火)10時14分25秒
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーに社会人か大学生の危険な恋愛記事返信が掲載された。社会人か大学生の危険な恋愛記事返信そのまま転載。

=片思いでも恋後悔しないで カルピス姫(19)=

19日付「好きになる人にいつも彼女が・・・」の佐々本さんへ。やっぱり、好きな相手に彼女がいようが、好きな気持ちは抑えきれないようですね。見返りをしなくても見返りは素敵なことです。だから、自分の気持ちをはっきり伝えたほうが良いと思います。「愛は芸の肥やし」という言葉がありますがまさにその通りで、たとえ片思いでも恋は恋ですし、勉強でもよい意味で影響してくると思います。学生時代の恋愛は何年後かに振り替えると、全しあし関係なく大切な思い出になります。高海だけはしないように頑張ってください。応援しています。(松山市・女子)

一般人は高校生と違い調査対象とならないが義務教育中の中学生やまだ修学中の高校生へ恋愛を進め性の暴走をさせるような恋愛記事を書く人は快く思っていない。松山市の中学生や高校生のアンケートでは女子は好きな気持ちは抑えきれないような恋愛をし礼るものは中学生は0である。高校生で結婚前提で付き合っている男女交際をしている者は高3で3%だった。こんなに深刻にとらえて中学生や高校生の性を乱すようなことをされると困ると松山市の先生達は答えており松山市では中学生や高校生の改めて受験に対する規律やけじめの正しい学校生活を送るように今日のHRから注意している。

今日放送天才てれびくんMAXでR=15にまで指定する家庭が多く増える騒動が発生している恋愛エロ放送が行われる。超問題放送いい!TV スペシャル 今日の放送は民放の恋愛バラエティーや学生恋愛ドラマ以上にエロく有害であり、保護者も怒りが収まらないと怒っています。「いい!TV(ティーヴィー)」樹音プレゼンツ「セレ部」てれび戦士が女の子のお悩怪傑で樹音ちゃん・千帆ちゃん・羅夢ちゃん「恥ずかしくて好きな男の子に告白できない」相談テーマは恋愛エロすぎます。小学生や中学生への悪影響を考えていません。おたよりは、三重県かおりさんの「私は初恋をしてしまいました告白の仕方が分からない」という恋愛エロの不適切お便りから大げさに恋愛話が発展。千帆の返答も樹音の返答も羅夢の返答も不適切、今のてれび戦士はエロ下品になり下がりました。千帆は小6の初恋を多く告白したりしました。民放の人気タレント子役の小学生や中学生は「だれも好きな子はいない」というのに対して、NHK教育テレビのてれび戦士は多くの好きな小屋告白があったなどと答えるなど、どうかしていますね。千穂ちゃんや樹音ちゃんや羅夢ちゃんのようなエロてれび戦士選考が大きな間違いがあります。こんな下品な子役たちをてれび戦士に採用することは間違っています。告白された人数は多くいると答える千帆ちゃんや羅夢ちゃんは言っていることが有害すぎます。てれび戦士がいる中学校は非常に乱れた中学校です。一度見てみたいです。こんな小学生や中学生の発達段階に合わないとんでもない番組放送をするNHK教育テレビはどうかしています。樹音ちゃん・千帆ちゃん・羅夢ちゃんの「恋にまつわるナイショのはなし」は恋愛エロが満載で民放でもこんな下品な番組はないし下品な子役はいません。てれび戦士の人気の低迷を物語っています。小学生や中学生の発達段階に全くあっていない。視聴が禁止された家庭ではR=15に指定されたということになります。国民から高額な受信料を取りながらR=15指定の放送をすることはNHKは最低な行為です。高額な受信料とられている国民のことをよく考えてほしいと思いますNHKあまりにもふざけています。NHKへメールを送りましたが返信は来ません。日本政府の文部科学省や厚生労働省でもよく考えて欲しいと思います。

2008年は14歳以下の出産は45件と2007年に比べて激増した。14才の出産は一人増えても1万人以上の激増になるのである。それが二人も増えたのだ。内訳は中314才と中2が42件、中1が3件だった。小学生の出産は0件だった。小学生はこれで16年連続0件となった。14歳以下の出産が増えた理由は「コドモのコドモ」や「赤い糸」のような青少年健全育成に不適切な映画が多かったためだ。小学生の出産はここ16年間も起きていないし問題にもならないのに現実の世界のように映画化して子供の性を暴走させるのは許せない。「赤い糸」も現実の中学生では起こらない青少年の健全育成に不適切な映画だと言える。映画「赤い糸」はYAHOOレビューを見るとあまりよくない。私は映画も見たは後余韻は全く残らなかった。違う映画のついでに見たのだががこちらの「赤い糸」ほうは見て損をした感じだ。私はこういう携帯小説のような、中学生や高校生が妊娠やDV、薬などの話は全く好きではなく政策に反対である。たしかにそういう要素がちりばめられているし、人が簡単に死んだり死のうとしたりしているし、これはいくらなんでもやりすぎだと思う。中学生対象に、そこまでしなくてもいいんじゃないか、ひどすぎる、かわいそうすぎる、と感じる。過激なテーマと映像で観衆を引こうとしている映画会社の意図が見え見えなのだ。とくに最期の2人の別れのシーンは曲と旨く重なり、だまっているヒロインの心情が歌となって代わりに流れているのでとても不愉快だった。往年の人気TV番組“赤いシリーズ”を思わせる強力なベタ攻め。時代に合わせて手段は変わっているが、基本的には同じ。ドラマは暴走している。それは言い換えると非常にTV的であり、映画としてはまとまりに欠け、過剰に盛り上げて落とし所がない用に見せかけている。盛り上がるようで盛り上がらないのはまったく楽しめない。ヒロインの南沢奈央は中学瀬う役は無理である。透明感と存在感を出しているが、悲鳴を上げる場面は“どうして良いか分からない”感が漂うのが残念。しかも、女の子のお腹にグーパンチはドン引きだろう。ドラマと連動という事で前半部分はドラマの内容だったと一緒に見た友達が言ってました。(私はドラマは途中でギブアップしましたw)正直、赤い糸自体には全く興味はないが批判論を書く上で映画揉みないといけない私のような人も多くいたようだった。内容はまったくの駄作である。メイの彼氏が事故で死ぬシーンは「軽いトラウマになりました」という女子中学生や女子高校生が多くいて「夢にまで出てきた」。というのはこれは生徒虐待につながっている。大人の私でさえ、ちょっと怖かっのだ。中学生や高校生ならショックは何倍も強いだろう。メイの波乱万丈っぷりが「えぇ!?」ってなりました。そしてアツシが不細工すぎて前半は居眠りしていた。キャストとケータイ小説に興味のある方は原作と見比べるのもいいだろう180度改変部分が多くあるからだ。ドラマが今後どうなるのか気にならない。原作小説や映画も見ればラストの流れはドラマではこのようになるという予測はだいたい付いてくるからだ。薬物シーンや自殺、恋人の暴力といったシーンがある。それは他の中学生向け映画は見られない過激なものだ。『それでも、まっすぐに生きなきゃ』と言う、若いひたむきさがみられるというバカげたキャッチフレーズまであるのだ。チャンと心救われる映画に仕上っていない有害映画だ。“適度に”危険シーンオンパレードである映画。それが「赤い糸」だ。原作の毒は抜けても作品の中身が駄作で子供に与える有害情報からは抜け出せていない。これが問題になった。“過激さを抜くなら、【赤い糸】である必要はないのでは?”そういう疑問が沸いてくる。今作は、原作の流れを“キレイに”さらったダケ、つまりは毒のない【赤い糸】なのだ。ただし過激な性描写がないだけである。原作の不快なインパクトを、“揺れ動く心”の描写で補い切れたかと言うと…?である。原作を抑える事を良しとしながら、なんともジレンマなのだが、つまり、ソッチ(過激な性描写)系ではない強い見所を加えなければ、“この作品でなければ”という、愛着は沸かない人が多いロリコンと思われる中年のおじさんたちの数が半数を占めた映画館もあった。この原作の映像化そのものに、無理があったのかも知れない。恋愛模様しか展開されないドラマは、展開のストレートさが目に付く。これが中学生なのかという面が多い本当に刑務所にびち込んでやろうかと思うシーンは満載だ『コイツら好いた、ハレたしかないんかい』と。原作の知名度を利用し、“形だけ”の【赤い糸】を、ブームにのせて創ったそれが真実かも知れないが、とにかく独自性はない。“適度に”だから、それなりの見所もない。淳史の画になるたたずまい。芽衣のクリクリ目の芯強さも何かアンバランスである、次第に目が行くキャラがへんに描かれている。そして、1992年2月29日と言う特別な日をよりどころにして、紡ぎ上げていく、現代味のピュアな“想い”はどうか。1992年は阪神淡路大震災があった大変な年で村山内閣が崩御した年なのである。TVと同じキャストだから、どうなんだろ?と思った役者力も新鮮さに欠ける。とにかく、原作よりもTVドラマが好みの方には、安心して観られる作品ではない。映像化にあたり、原作のどぎつさに頼らず、“戦略”は中学生により過激有害情報を注ぎ込んでいる。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中15

「コドモのコドモ」この映画上映の最終日。大阪府の映画館へ小学校の京師の私は勤務が終わり13歳の娘と見に行って来ました。娘の名前は仮の名ですがリンレンとつけておきます。見終わったときの会話は、リンレン「非常にわるい映画だったなあ~。こんなくだらない。この映画のどこが いいのか さっぱりわからん。特に、親と一緒に、子どもが見たほうがいいな。子供だけでは危険だよ」父「そうやな~」リンレイ「うちは今妊娠するようなことは絶対にしないし 妊娠したことが分かれば他人に分からないようにそっと胎すよお父さん」父「この映画のように性交をして子どもができることを知らずに、くっつけっこして妊娠してしまった・・というシチュエーションならこの映画では妊娠は無理だ小学生の10歳同士の性交では妊娠は起こらない小学生の父は世界でも確認されていない。 また小学生ではこのこのように、産むことは不可能だ命がけの帝王切開手術になり昔の日本や発展途上国では今でも多くの少女が低年齢出産により命を落としている。いのちの重さを知ってるりおんなら、このような映画は作成できないだろうな、生まれた子供も育てていけれるはずはない~子供だけの出産は生まれた子どもは死亡するし生まれた条件では母子ともに即死するのだよ。その前に、親が気がつかないことはおかしいけど。」
リンレイ「私なら大変なことなので親にすぐ行って子どもは胎すよ、生んでも親の手がないと自分たちだけでは育てるのは無理です。第一命がなくなるのは怖いもの、この映画は小学生に小学生でも無事に赤ちゃんが生まれることの誤解を招き大変な事態を招く映画だよ」父「この映画のように生むまでが描かれてるなら 感動して終わり、乃は現実は厳しくてならない発展途上国のケースを見ても11歳の出産は多くの少女が自然分娩出なくなっている武田信玄の初めの妻も13歳の低年齢出産で死んでいるのだ息子勝頼は23歳の嫁の子供なのだ。現実は、その先が大変やしな。もちろん感動軟化は実際のありゃしない、その先の責任が、今の自分に持てるはずはない~ここ15年間以上も小学生の出産は起きていない14歳以下の出産は毎年45件前後起きているが中3の14才と中2で40件前後、中1で5件前後起きているが小学生の出産はここ15年以上も起きていない。子どもを育てるって 真剣勝負なんやて。一緒に生きていきながら学ぶことも多いけど、まず精神的にも、経済的にも自立して 始めて責任が持てる 立場に立てるんやと思うよ。
小学生では出産は命にかかわってくる中学生もリスクは非常に高い。中学生はたとえ生むのは産めても、子どもを一人前に育てるのは どっちがかけても難しい。だから、セックスを、今の自分がやれる時期なのかよく考えないかんと言うよりもしてはいけない時期なのだ子宮癌を知っているかい。子宮癌は生理があって1年以内に性交をしたものは生理があって10年後に性交したものよりもなんと26倍のハイリスクができるのだよこれはペニスによる刺激だからコンドームをつけていても一緒なんだよ」リンレイ「本当に怖いね妊娠だけでなく性感染症もかかりやすいのだね。うちもそう思う。また自分の娘の妊娠をだいたい、まわりの親や、教師が気づかないのがおかしい!!まさか、子どもが子どもを妊娠してるなんて、おもわんにしても、5か月もすれは親も身体検査を毎月行っている学校の先生も絶海に気がつくよ子どもをみてない妊娠に気がつかない大人にびっくりしたわ。親が性教育をするべきだしまた八木先生の性教育は過激な性教育で子供の姓を刺激して大変な事態を招くと思う。性経験の年齢低下は社会環境のせいにしているけれで一番大きな原因は学校の過激な性教育が一番大きな原因で学校が 一番悪いとおもった。うちみたいに性教育にはダブーにならず性教育も発達段階に合わせて、ちゃんと育てとったら、相談も出来るし、親も安心できる。自分たちが教えすぎたり教えてないから、不安やし、子どもに知らせたくないんやろ。そんな親に聞いてみたい。高校生のなれば自分たちはなぜ子どもを生んだの? どういう気持ちで性交をしたの?娘や息子が聴いてもズバッと答える時期に初めてなってくるのだ。エロ本とか見てさ、興味があって、やりたくって子どもができたんだったら、もっとばかや。エロ本見ても昔から性交に走る子供は出てこない学校の性教育が子供の性交を激増させるのや自分らがそうやで 恥ずかしいこととおもっとるのはいいことであり、子どもにも恥ずかしいことでキスシーンだけ見て凍りつく雰囲気が昔の子供は性のガードになっていた。「コドモのコドモ」はまねされたら困るんやろ~。そんなんなら、その子どもも、親から聴けずに、友達とインターネットやケータイでエロサイト見らねなくするのは、今は簡単だ。それで普通と思わせないといけない。子どもは、悪いことをしたということがわかっとるから、親が怒ると思って、おとなには何にも言わんくなる。親が知らんところで、自分たちで、カンパして、いのちをあたりまえのように中絶して・・・怖いことやよ。しかしいくらカンパして中絶しても保険所の関係で親にはばれるようになっているのだよ。うちは、こうしてけじめをつけるように話せるけど、だめです!!っていえない親や子供をジェンダーフリー家庭で自由に育ててしまうフリーセックスを進めるこの映画の世界のような家庭ばかりでは、こんな話絶対できんしな。」父「そうやな~。こういった映画はもう製作はしないことだ、小学生や中学生の妊娠や出産を描いたドラマは、いやなら見なければいいだろう出は絶対に済まない。もう生理が始まったら、すぐに妊娠できるというのは間違いだ。女性は初経後10ヶ月経たないと妊娠できる体にはならない。小学生でも10カ月すれば妊娠できる体になる。日本人の平均初潮年齢12,6歳と外国人よりも1年以上も早いので小学生の妊娠は+10か月でも性交相手が中学生以上の大人だと超レアケースでも妊娠はしてしまうわけだから、もし妊娠すれば命にかからるから小学生は中学生や高校生のようにカンパでりゅうぜつなど入っておられない。妊娠を正直に親に打ち上げて親と真剣に 話し合うことが必要やな。文部科学省から目をつけられている性教協の学校の保健の先生の話では、情報は大げさだが実際に、小さい頃に、父親から性的虐待を受けてた子が、おとなになってそれが性交であったことを知り、ショックで立ち直れなかったり、やはり小さい頃、近所のおじさんにレイプされたけど、何のことかわからなかった。ただ、痛くて痛くて、母親におなかが痛い!!と訴えた。母親は、おなかが痛いという子を内科に連れて行くわけだけど、なんともない。その家では、性器の名前を恥ずかしくって口に出していなかったという 悲惨なこともあるらしいよ。しかし今では内科でも妊娠は検査ですぐにわかるのだ。「コドモのコドモ」の世界はあまりにも現実離れでSFでありしかも悪質なSFだその、年、年齢、成長段階で、どこまで話すかはあるだろうけど 成長に合わせて、話をしていくことが大事やとおもうよ。」ただ問題はここ15年間以上も起きていない小学生の妊娠を描いた問題提起では現実に起きていないのになんでわざわざ映画化してまで問題化しないといけないのかここに大きな問題点があると思う。これは私の親類の家庭から送られたお便りを基に書き込んだドキュメントです。女性は命いっぱいの覚悟を決めて出産に挑むのです出産とは女性にとっては、一生の内に命をかけるすごい瞬間のはずこの映画は、その神秘的で素晴らしい命の誕生を女性をおちょくっているとしか思いません。と映画を見た後、反発を繰り返す女性が多かったのだ。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート13

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月18日(日)12時00分6秒
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳」にまた危険な恋愛記事が掲載された危険恋愛記事そのまま掲載。

=彼氏と出会って人生観変わった まりん(16)=

8日付「大好きな彼氏と過ごす幸せ」の深兎さん。私も今つきあっている彼氏がいます。彼はいけないことはいけない、頑張った時はほめてくれたり、いつも私を受け止めてくれます。そんな彼とはちょうど1年前に出会いました。友達からの紹介で軽い気持ちでメールをし始めたのが始まりでした。どうせたいしたことにはならないな、と考えて特に何も考えていませんでした。しかし最初はそういうふうに思っていた彼も今では大切な存在です。彼と出会ってから前向きになれたし、頑張ってさまざまなことに挑戦するようになりました。今までと人生観が変わりました。こんなふうに日常の出会いはたくさんあると思います。皆さんも出会いを大切にして毎日を過ごしてみてください。きっと何か変化が生まれると思いますよ。(松山市・女子)

この少女は付き合って1年にもなる彼氏がいることはもう性交渉まで行っている恐れは十分にある。「今までと人生観が変わりました」という言葉に危険性がある。恋愛記事投稿は異性の興味はあるかという返答に男子は女子の5倍も強いことがアンケート調査で分かった。先に異性に恋心を抱くのは男子のほうである。女子は最近はやりのお笑い芸人さえ幻滅している(特に女子のお笑い芸人)こともアンケートで分かった。愛媛新聞ヤング落書き帳」は少女コミックの恋愛コーナーのようなものであり、新聞で毎朝駅で新聞を買って目を通すのは多くの人は教員であり学校でも職員室にはいつも愛媛新聞は置かれているのである。このために学校の先生たちからは「ヤング落書き帳」には強い反発がある。松山市は人数が多く操作は困難だが松山市はアンケート調査は徹底している。女子ばかりの投稿記事、フェミニストやジェンダーフリーの塊のようなフェミニスト、こんな子供の恋愛記事を掲載されると今の愛媛の教育とは正反対であり子供にけじめがなくなりフリーセックス化して大きな少子化の超加速に結びつくと危惧している。

=ヤン落デスクから=

寒い季節も、彼氏がいるまりんさんは温かく過ごせているんでしょうね。彼との出会いは人生観まで変えたといいます。

記事の内容も奥深く考えないヤン落デスクのコメントもいい加減である。女子ばかりの恋愛記事を毎日のように掲載して子供の性の暴走に輪をかけている。

「赤い糸」は映画もテレビドラマも起こりうる出来事の全てが唐突過ぎて『何故そうなったのか?』と、いう部分で説得力に欠ける。現実にいる本当にいる中学生なら警察どころではなくマスコミにも取り上げられて大事件に発展する。中学生ではありえない出来事オンパレードで義務教育中の中学生には有害情報を与えるばかりで受験や少年式を迎える中学生には純愛自体も現実には無理なのだ。今の子は発達していて進んでいるというのはこれは性教育の関係者、性教協や日教組や野党など性教育推進派が騒いでいるから騒ぎ。終戦後昭和20年は日本人の平均身長は17歳で男子が157cm女子は146cmだったが1970年で男子は170,4cm、女子は157cmになった初経や精通もそれズレ1年早まり女子の初経は12,9歳、男子の精通は13,1歳となった。1985年に男子は172,5cmで1cmの伸びしかない。女子は158,5cmで1,6cmしか伸びがなくここが日本人の成長の限界となり現在では1985年から身長も体重も伸びていないのだ。初経は女子が12,6~7歳とわずかに一カ月早まったが1985年からは変わっていない。男子は精通年齢は何と1970年よりも遠慢化しているのである。今の子は発達が早いというのは性教育により作り出されたものなのである。性教育が始まり十四の性の価値観や性のモラルは1970年の女子高校生の100分の1以下になったといわれている。映画は何一つ共感できない。原作を読んでるか読んでないかで評価が分かれるだろう、原作知らないとドラマと映画やテレビの大きな変化はわからないのだ。原作ドラマは中学生編、高校生編、社会人編と別れている。社会人編「赤い糸precious」でやっと一般人の発達段階にドラマは追い付いている。高校生編「赤い糸destiny」では性描写は児童ポルノほうがやかましきなり嘘のようになくなっているがやはり発達段階は超えている。過激な性描写があるのは中学正編「赤い糸上・下」であり、ここでドラマは終わらせることはできるがテレビドラマや映画化はできなかったろう。「赤い糸」では檀氏の主役は淳史ではなく後半は陸なのだ。高校生編「赤い糸destiny」からははっきり主役は男子も淳史になってくる。物語の途中から始まって、途中で終わるみたいな感じだ。私はドラマも見てるし、原作も読んでたので楽しめるどころか批判論を書くために見ている。最後の淳史と芽衣がさよならを言って、別々の道に歩いていくのは、なんでなのだ?もう2人の恋はうまくいくことは分かっている。溝端くんや南沢さんは二人ともこのドラマには不向きであるファンの方は多くは分かっているがなんといっても中学生という義務教育年齢の設定に大きな無理がある。この物語は、すごい切ないというがどこがせつないのか全く分からない。しかも、芽衣役の南沢奈央は高校生も飛び越えて大学生約のほうが似合う役者である。淳史役の溝端淳平は大学生か社会人約のほうが似合う。私は、まったく感動できないし、「赤い糸」事態が駄作の映画である大きな無理を感じる。作品をこまめに見て非難論が十分に書けるように浸ってしまったのか、帰りながら振り返ってみるとストーリーに入っている要素は、従来の携帯小説とかなり改変されている点が多い。陸軟化の改編は悲惨である。悲恋とか死とか。決定的に違ったのは、露骨にお客様を泣かしにいくかいかないか。登場人物が死んだり、失恋したりするシーンばかりである。ダラダラドラマをひっぱりしすぎである。一瞬で、場面転換する方式もよくない。だから、どんな思いだったのだろうとか、ここから場面転換までの間に、なにがあったのだろうかとか、想像を膨らましても何せ設定が中学生、本当の義務教育中の中学校の出来事なら大事件である。つまり、空想世界が、無限に広がってしまって、結果として、お客様は勝手に、登場人物たちの感情を深く考えてしまい、感極まってしらけてしまい感涙する場面もない中年男性が多かったから仕方がないか。ただし製作側が、そこまで計算をしていたかというと、それは疑問です。テレビも同時進行しています。わたしは、まず原作小説5部作をこまめに読みテレビドラマや映画を見て感想を書いている。前日放送分含めテレビドラマも鑑賞して、公開前のテレビ分から、映画後のテレビ分につなげるために、映画の2時間の尺は短すぎる。だから、総集編のようにダイジェストっぽくなっている。となると、テレビでは深く掘り下げ、見ている側が「しつこいよ」と思うようなシーンであっても、映画ではサラッとしている。「恋空」に比べるとドラマも味気ないという人が多く中学生という設定に大きな無理があるという人が圧倒的に多かった。映像で描かれない見えない部分は、お客様に想像してもらうしかなくなり、それが膨らみ変な方向に行ってしまう。苦肉の策が、まったく裏目に出た感じである。フレッシュな役者も中学生という無理な設定でぶち壊れてしまった。南沢奈央さん。『山桜』『シャカリキ!』映画2作連続でパッとせず、「赤い糸」でもぱっとしない、テレビのスケールがフィットするんでしょうね。悲鳴の声質など、細部で気になる点はありましたが、すんごくなっとくできなかったです。役柄の行動には、男性として、理解できない部分もありました。岡本玲さん。実は同作、若いお客様を動員する上で、キーになるのは彼女だと睨んでました。ずばり、それは『恋空』主役、新垣結衣さんと同じニコラモデル出身者で、ガッキーの記録を塗り替えるほどの、人気を獲得していたから。『憐』『仮面ライダー キバ』と真面目で、どちらかと言えば暗い役ばかり。今作、髪の毛の色も変え、みんなのムードメーカーで、明るい甘えん坊役。はあっていません。笑顔は作られた笑顔です。悲しい表情の上手さはこれまでの作品の中でも最低です。何のために出演したのかわかりません。石橋杏奈は完全に期待外れ。『きみの友だち』主役で、かなり期待してたんですが、セリフ・カメラ映りともに、パッとしませんでした。自分と同年代の、いい子ちゃん役。普通すぎてやりにくかったのかもしれません。涙を拭き、鼻を啜りながら、上映終了。となる映画が全く逆で映画が終わると中年おじさんたちが多くすぐに席を立たってしまった。10分足らずで映画館は空っぽになった。あれこれと、映画の感想を話してるんです。いやぁ、こん菜くだらない映画の感想は初ですよ。作品にもがっかりしましたけど、この光景にもがっかりしました。中学生という無理な設定で中年のロリコンおじさんを狙った映画は良くないですね。「これ、テレビ見てないと、わかんないよね」映画観る人もなにがなんだかわかりませんよね?批判を大前提に、作品はフルスロットルで進み、登場人物のつながりや、描写はほぼカットされています。が中学生に喫煙や飲酒、ドラッグと有害情報を注ぎ込みすげです。予告編を何回も観ているか、テレビを見ていないと、さっぱりわかんない。定期購読している愛読雑誌では、評者全員が★で大酷評でした。いやぁ、これも初めてです。映画の続きは、引き続き、テレビドラマで観手も仕方がないですみんなネタばれです。ラストは社会人の成長した芽衣と淳史は結婚して妊娠して子供も授かり最高のプレゼントとなり完全なハッピーエンドなのです。「赤い糸」は「恋空」も駄作でしたが。「赤い糸」はその何倍も駄作です。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中13

この映画を制作した人たちは、いったい何を考えてこの映画を製作したのだろう。女子高校生が主人公の「恋空」でさえあれほど批判を受けているにもかかわらず、今度は小学5年生の少女の妊娠ですか?最近、週刊誌の記事を読んでショックを受けたことがあります。アジアのある貧しい国で幼い少女達が売春をして妊娠・・ まだ幼いのに子育てを強いられ、そしてその子供を養うためにまた売春をしなくてはならない・・しかも少女を買う客の多くが日本人だとか・・(日本人としてホント恥ずかしい・・)妊娠してしまった少女達の多くは、難産のため死んでしまうのですよ。体が成熟していないのに妊娠なんてもってのほかですし、奇跡的に無事に産まれたとしても、いったい誰が責任をもって子供を育てるのか?しかもこの映画について監督は「ファンタジー」と言ってるんだとか・・この映画を観て小学生の女の子達が真に受けたらどうするんですか?言いたいことはまだいっぱいある生理がはじまる小学生の高学年女子に性教育が必要なのは当然ですが男子には性教育小学生では必要ではない。この映画の内容では性教育にもなっていません。この映画はぜったい小中学生の少女達に見せてはいけません。映画を見た私は強く強く抗議します!しかもジェンダーフリーの映画として作成されるのだ。ジェンダーフリー=悪である前提で、「コドモのコドモ」も悪であるという暗黙の指摘「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。「くっつけっこ」を見ることで、子供が悪い影響を受ける、という指摘。小学生どころか、18歳以下でも妊娠は危険です。こういった現状を見ても、子供が子供を産むことの素晴らしさなんて、言えるんでしょうか?制作に対する批判。11歳の少女に子を産ませなければ愛を語れないほど貧弱な人間観しか持っていないといえるのではないか?「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。正直、この制作グループに乗せられてこのような映画を嬉々として持ち上げ、賞賛、宣伝してきた人々の余りにも軽率で軽薄な単細胞ぶりに驚くばかりである。小学生の子供に、「くっつけっこ」と称する性交をさせ、妊娠、そして出産・・・。どう考えても、これって【児童への性的虐待】ではないですか。それを映画撮影という理由で、幼い子供に疑似体験させるなんて、大人のエゴとしか言いようがありません。この映画には、たくさんの子供たちがオーディションに参加し、その中から役が決められたそうですが、子役の親たちも、どういう映画なのか、その内容をちゃんと分かってたんでしょうか。分かって我が子を送り出したとしたら、子役の親達にも問題があるのではないか・・・と思います。ヒロユキのような小学生の父親は世界でも一人も確認されていない。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート12

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月17日(土)10時45分35秒
  「赤い糸」は恋愛対象がまだ義務教育中の中学生でここにドラマの大きな無理がある。「14才の母」以上に有害情報を中学生に与えて中学生が今後はさらに性のモラルや価値観を低下させてセックス付けになり少子化、結婚制度の崩壊というフェミニストやジェンダーフリーの思うつぼの世の中になってきているなと映画を見終わって、率直に思った感想です。「この映画のテーマは何?」はっきり言って駄作としか言いようがない。安易な飛び降りたり、無駄に恋人が志望したり、あげくほとんどドラッグネタ。原作者は、ドラッグは仕方ないとでも言いたいのでしょうか?しかも終盤になって、寄りを戻そうとする強引な展開。無駄に人間関係こじれさせて、最後わからずどうでもよくなる。生意気に続編予告が一番失笑だったけど、一途に一人の人を思い、自分も相手もお互いを思い頑張って良いように成長する。そして苦難があればともに頑張って乗り越える…そんな恋愛物語、今は昔だね。女子中学生の主人公はイケメンの彼氏がいる(というかイケメンに好かれる前提)恋愛描写はイチャイチャとセックスそれに尽きたらレイプ、ドラッグ、病気、死を出してみる。昔の大学生ドラマとどれもこれも同じやん!中学生が「赤い糸」はテーマで「恋空」よりもさらに性の年齢対象を落としている有害情報を中学生に注ぎ込み教育的な配慮は一切ない映画はまだ義務教育中の中学生にとって本といに有害である。高校生でも無理があるドラマ展開は日本映画も日本も世も末と感じる。主人公がひたすら不幸です。何か、いいこと一つなかったような・・・可哀想でした。空恋に続く(他にもあった?)携帯小説原作の映画ですが、若い女性にはこういうのが受けいいんですか?親近感のある設定がシンパシーを生んで、さまざまな不幸イベントを友達に起きているかのように共有してしまう!?20台男の私には共感できませんでした・・・あとラストはどういう意味?今の学生ウケを狙って作ったんでしょうが内容が薄い…フィクションだから突っ込み所満載ですが敢えて言いませんもっともっといい映画あるし携帯を手放して文庫本を読んで下さい。映画館で見終わって切実に「お金を返して欲しい」と思えた初めての作品です。1 原作の改悪。原作も魅力のある話ではないですが、それでもヒロインにはバカな子なりの魅力がありました。しかし、映画版では中途半端に「ピュアな子」に設定され、毒にも薬にもならないキャラクターに変更されています。また、原作では死なないキャラクターを自動車に轢かせて盛り上げようとする安直さにも閉口です。轢かれた瞬間に隣のカップルがニコニコとしていたのが印象的でした。2 魅力のない主人公たち。1でも触れましたが、ヒロインの中途半端ないい子ぶりに閉口します。そして何よりも解せないのが、アツシもメイも何故か「昭和のにおい」がするんです。セリフが今の中学生・高校生っぽくないんです。「中学生に見えない」という感想は、役者の体つきだけでなく、その中学生らしからぬ発言もアシストしてます。そんな中にも、今時っぽい中学生の日常が要所要所で混ざったりして何ともいえない奇妙なことになっています。主演二人の演技が下手という意見もありましたが、あの台本ではどう演じていいのかわからなかったのではないでしょうか。役者のせいにするのは酷かもしれません。3 トゥビーコンティニュード色々な方がレビューで触れていましたが、結局はTVドラマのダイジェストでしかないということです。もちろんダイジェストなので登場人物の感情はほとんど負えず、唐突な出来事や、アツシから漂う昭和のにおい、半端にいい子なメイのキャラに驚かされているうちに、あれよあれよという間に時は過ぎ、HYの主題歌が流れてきます。そしてとどめは「トゥビーコンティニュード」・・・。あとはドラマで???知らないで観てしまった身からすれば本当「お金返して」です。フジテレビさんはティーンエイジャーから小銭を巻き上げれればそれでいいんでしょうか。そういう意味ではTV局のなりふり構わない姿勢は伝わってきましたよ。映画やテレビを見た人からYAHOOレビューからも不満の声が多く噴出している。原因は「赤い糸」事態がまだ義務教育中の中学生の体と心の発達段階にあっていない。高校生でさえ厳しいドラマなのだ。今の中学生日記は2008年は校内暴力やいじめは小中高とも過去最高になったのにNHK教育テレビの「中学生日記」は中学生の問題などはそっちのけであり、フェミニストやジェンダーフリーが喜ぶ恋愛ストーリーばかりでもう中学生日記はやめてほしいと苦情が相次いでいるまたNHK教育テレビ天才てれびくんMAXも中学生特集や木曜生放送「うきうきラブアワー」で男女のケータイメール交換を指導するなど今はケータイは小学生も中学生も高校生までも持ち込み禁止の券が増えているのに天才てれびくんMAXも中学生特集や木曜生放送「うきうきラブアワー」に非難が相次いでおり学校ぐるみで視聴を中止するというバカげた現象をNHK教育テレビは起こしてしまった。「赤い糸」はこのような番組の延長線上にできたものであり、中学生では起こらない無理な出来事なのである。恋空でさえ非現実的と非難されているのに対象を中学生に下す加減知らずのスタッフのバカ興収入のことしか考えない。正月映画は恋愛物はSFに完敗した。これは子供を持つ親たちからの反発かもしてない。「コドモのコドモ」「14才の母」「赤い糸」「恋空」といった問題作は今後はもう2度と映画やテレビドラマでは制作してほしくない。子供の性の価値観やモラルを低下させて性のハードルが日本の子供たちは外国の子供たちに比べてはるかに低下しているのだ。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中11

クラスの子供達も、最初はまさに学級崩壊を思わせる憎らしい子供達ばかりだが、春菜の出産が機になったのか、ラストはやけにハッピーに終わる。厳しい育児の現実が待っているというのに、そんな現実は考えなくても良いというように、観客の心をただ暖めるだけかのように、ハッピーエンディングであり、スタッフロール時に名前の横に現れる、キャストの赤ちゃんの時の写真。そこにもの凄く違和感を感じた。この映画は、ただ赤ちゃんが生きようとする暖かさだけを描いた映画だったのか?小学生の妊娠なんて衝撃的なテーマを扱っているのに、ただ命の尊さ、その逞しさ、暖かさ、だけを取り上げて描いてしまって良いのか?「厳しい現実なんて何処かへポイ!人の命はこんなにも暖かいんだよ!力強いんだよ!人間の源なんだよ!」そんなメッセージの描き方なんて、あの「恋空」と一緒である。この映画を製作した意図が「恋空」みたいに軽く描く事にあったのならば、小学生の妊娠なんてテーマを採用する必要はない。壊れていく子供達と、人生の規範にならなければならない先生の教育ロボット的な模範、学校に自分の教育を押し付ける無責任で、文句だけ言うけど子供達には無関心な親達、そんな社会を見せ付けられても、自然と成長していく子供達。「そんな社会で良いのですか?」そんな命題を突きつけるにも残念ながら、責任に裏付けされた愛情が、この映画からはあまり感じられない。この監督は、この映画はファンタジーだ、などとのたまったそうで、それならわざわざ社会派ぶった、壊れていく社会の姿を取り入れる事は無かろう。ただ人の興味を惹く題材を取り上げたかっただけ、と言われても仕方のない事かもしれない。あるお気に入りレビュアー氏が憤慨していたように、この映画にR指定がない事も、製作陣の意識の軽さが窺える。もし、この映画を見て単純に「命ってなんて素晴らしいのだ!」なんて思われたら、その責任は重いと言う言葉以上の重さが製作陣に降りかかる。命には光だけではなく影もあり、輝き続ける為の責任もある。こんな衝撃的なテーマを扱うならば、もっと真面目に妊娠、出産のテーマを掘り下げて欲しかった気がする。表現の自由にも限度があり日本政府は外国のように思い切って国会で取り上げ完全規制をアメリカやスウェーデンのように書ける必要があるかもしれません。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して深刻に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。「命の尊さ」といいながら、小学生がくっ付け遊びといいながらふざけてやるものでなありません。妊娠、出産、産まれてくる赤ちゃんは命を掛けて必死なのです。本来、遊びでやるわけではありません。命を落とす人もいます。あなたは遊びで死ねますか?可笑しいと思います。小学5年生の妊娠、出産を描いている割にあまり深く真実味が伝わって来なかった。子供が曲がりなりにも自分達の力だけで立ち上がる姿が微笑ましいが、そこまで根付いた大人への不信感が何故に因るものなのか、社会派映画にしては描かれる事に説得力のパンチが無い。ハルナの家庭はまさに宮崎美子という俳優が持つイメージそのままの家庭環境で過ごしてきたように思えるが、そのイメージに反してハルナは冷めた今時の子供だし、姉の不審な行動に対して「アンタの顔を見ればアンタの体調や何か隠しているのか、すぐ分かるんだからね!」という実に母親らしい母なのに、何故最後までハルナの妊娠には気付かないのか?姉や父親も同様、姉に至っては友達の妊娠で悩んでいた筈なのに、何故かハルナには無関心。でも、家庭はアットホーム。・・・・・・・あり得るのか?あのまさに母親らしい母親なのに。これなら田舎のアットホームな雰囲気を醸し出すようなハルナの家庭環境を都会的に代えた方がまだ良くはないか?まるで主人公の家庭設定だけ宮崎美子の俳優イメージに、舞台を合わせたかのようだ。おおらかにハルナを包んでくれる暖かいお婆ちゃん。おばちゃんの姿を見るだけでも、孫への暖かい想いは伝わってくる。でも、お婆ちゃんはまさに母親の中の母親である。プロ中のプロである。育児や教育の辛苦は今まで嫌という程経験されて来た筈だ。小学5年生で妊娠して更に産んで育てるという事が、どれだけ大変な事か判っている筈である。それなのに、「そりゃあー!驚いたさー!」という台詞だけで終わらせて、ただ祖母の愛情を描いているのはどういう事か?お爺ちゃんに至っては、ただ認知症老人という事を笑いのネタに使っている。すこしお爺ちゃん、お婆ちゃんの存在をやけに理想的に描き過ぎているのではないだろうか。クラスの子供達も、最初はまさに学級崩壊を思わせる憎らしい子供達ばかりだが、ハルナの出産が機になったのか、ラストはやけにハッピーに終わる。厳しい育児の現実が待っているというのに、そんな現実は考えなくても良いというように、観客の心をただ暖めるだけかのように、ハッピーエンディングであり、スタッフロール時に名前の横に現れる、キャストの赤ちゃんの時の写真。そこにもの凄く違和感を感じた。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート11

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月16日(金)10時34分27秒
  また愛媛新聞「ヤング落書き帳」に中学生の非常に危険な恋愛記事返信が掲載された。中学生の非常に危険な恋愛記事返信そのまま掲載。

=彼女いる人でも思い伝えてみて みぃ(15)=

10日付「好きになる人にいつも彼女が・・・」の佐々木さんへ。好きになった人に彼女がいるなら、それを知った上でその人が好きということを考えたほうがいいと思います。まずは自分の気持ちを知ってもらう必要があるのではないでしょうか。私には好きな人がいません。だから佐々木さんのように、人を好きになれるのがうらやましいです。だから自分の気持ちを大切にしてください。勉強にも恋にも積極的になるのが一番だと思います。(松山市・女子)

松山市の中学校は広範囲で人数も多く中学生は把握できないがアンケートは積極的にとっている。この時期に一番の生徒の悩みは受験であり一部に就職関係、恋愛は10位にも来なかったことがわかった。高校生でも、悩み一位は受験であり雇用対策が2位であり恋愛は10位にも来ていない。愛媛大学生性にも協力してアンケートを取ってもらった結果、1位は雇用問題で恋愛は大学生でやっと7位に来ている。異性関係の悩みは周りが騒ぐほど深刻ではないのであるがヤング落書き帳に必要にいく少女コミックの恋愛特集のように恋愛記事が毎日のように掲載される。指定された地域は大騒ぎである。ヤング落書き帳はもっと時期にあった必要な記事を載せてほしいと教育現場の先生達は憤慨していっている。

「赤い糸」は驚愕するほどダメな映画だ。全く深みが無く短絡的な登場人物たちの思考回路に呆れ、三(四?)角関係にドラッグにいじめにDVに友人の死にと、これでもかというくらいドラマティックな要素のオンパレードに閉口してしまいました。こんな中学校ワールドが出現すれば。テレビや新聞、ラジオなどのマスコミが大騒ぎしてしまう。果ては運命の人が行き別れの兄妹かというオチもない。原作と大幅に改編されたストーリーただ設定が中学生というのは大きな設定の無理があり現実離れである。ラストも何じゃそりゃ!デス。この映画をみて最初は話しの内容は、学園ドラマ?位にしか思えない。主人公二人が色々な人を巻き込んで話しが進んでいくのですが、DVや自殺、ドラッグなどの学生が手を出しそうな誘惑にどう周りが対処するかとかを低い年齢層に訴える場面はない。みんなのめり込んでいるのである。主人公二人の出会い方も単なるワンパターン。ラストシーンはなんかワケワカメだった。原作ではラストも生きて幸せになっている陸をを事故死させるのは、まったく良くない。本当に中学生に有害情報を与えて夢や希望もなくしてしまっている。2008年は14才の出産は「コドモのコドモ」や「赤い糸」の影響で去年より2件も増えた14歳以下の出産は2006年42件、2007年、43件、2008年は45件となった(厚生労働省資料より)2008年の14歳以下の出産の内訳は中3と中2が42件、中1が3件だった。小学生の出産は0件である。小学生は16年連続出産は0件となった。こんな問題にもならない。性教育的な間違いも多くあり有害な小学生の出産を取り上げた映画「コドモのコドモ」は許されない。起こらない、起こりもしないことを描きファンタジーとの言い逃れはできない。単なるチャイルドポルノにしかならない。「赤い糸」も設定が中学生だということはこんな大事件に発展してしまうことは今の時代はあり得ない。これも中学生の「フィクション」ですでは済まないのである。ケータイ小説はこれは実話ですと書いた悪質な小説が私もケータイ小説はみんな逃さず読んでいるが悪質な小説が増えている。昼ドラのがまだまし。かなり強引で、矛盾だらけでつじつまがあわない。山場もなく、といって淡々というわけでもない。意味不明なテンションでとにかく最後まで続く。人と待ち合わせしてて、ちょっと先にいってたんだけど、前の回の人が出てきたときに、あるカップルが首をかしげてたので、ちょっと不安になったが、みごとに的中。この数年でもっとも無駄な時間と金を使ったと思った。ちょっと前に携帯小説からでたヨシとかいうののドラマだか小説だかがすごい話題になったが、あの時の反省を思い出せばよかった。まじでつまらんし、泣けるとこもなく、笑えるとこもない。もーとにかく駄作!!!!まじで金返して!といいたかった。16歳は4歳の4倍の誕生日はこれは閏年の「みなしご誕生日」には当てはまらない。普通日のものも閏日は4年に一度全員迎える。ズレは一生に一度しかない閏年2月29日は2月28日の延長日であり誕生日は2月29日とするのが正しい。法律上もそうなっている。4年に一回の誕生日などの設定はどうかしている。閏日の「みなし誕生日」が存在すればそのあとの生まれも全員が一日ずつづれていって4年に一回しか誕生日はなくなるどころか一生誕生日は全員なくなる。このために閏年「みなし誕生日」のものの誕生日は2月28日生まれに振り込み問題を解決している。つまらなさすぎで、終わったとたんに苦笑してしまった。せっかくのHYの曲も滑稽に聞こえるほどだった。高評価の人もいるけど、いったいどの場面が感動したのか、まじで教えてほしい。まず、キャスティングが年代と微妙にづれていました。ケータイ小説って、中高生の昼ドラ的なものかも知れませんが、内容は昼ドラよりエグイですね。しかも、性描写や暴力を作品を盛り上げるためだけに、安易に使っているので、映画で観るのには、抵抗があります。全体的にも、ドラマの域にも達していないですし、一過性の面白さを追求するだけの何でもありのストーリーには共感できませんでした。この映画は、映画でやる必要はなかったと思う。普通にドラマで見てた方がおもしろかった。あと、小説と話が違いすぎてつまらなかったレビュータイトル「映画調査何たら」(名称を書くと投稿できないが?)と「本当の評価」は、本当に映画観てんのかなぁ?特に今回「映画調査何たら」は”セックス描写が問題だ”みたいに書いてあるが、原作とは違いこの作品で性描写は皆無だ。それに観た作品についてどう感想を書こうが勝手だが、人に強要するのは筋違いじゃね?観るかどうかは本人が決める事だろ。まー私だって期待などしてないよ。ネタのために観ただけだ。だが「赤い糸」は私の期待をいい意味で裏切らない作品だった。原作は未読、TVドラマは第1話だけ鑑賞。何が凄いって、この作品途中から始まって途中で終わっているのだ。続きがありそうな終わり方をする映画は結構あるし、TVドラマと連動しているといったメディア戦略を取った「赤い糸」が、続きを期待させ終わらせるのはまあいいが(よくないか)、物語の始まりが唐突過ぎる。主人公2人には既に幾つかのエピソードが起こっていた様子で、その周りの家族や友人たちの関係性も、観ている側はある程度把握しているのが前提で映画が始まる。只でさえ薄っぺらな人物描写なのに、個性を感じられない人間関係を理解するのに四苦八苦してしまう。っていうか結局はよく判らなかった。特にメイの衝撃の過去。今でもよく判らん。ケータイ小説や素人作家の常套手段である奇跡の偶然の乱発も当然あり、偶然の積み重ねによって物語は進む。そして物語上必要無くなれば事件が起こり姿が消えてゆく。中学生とは思えない風貌や行動の数々。未熟な子供は未だしも、大人でさえ自分勝手に振舞う連中ばかり。それでも原作より表現はマイルドらしい。要するに原作者の視野の狭さがそのまま作品に反映されてしまっている。素人にそこまで望むべきでは無いのだろうが、自分の大して無い知識だけを頼りに物語を構築するため、矛盾や無理な設定に気が付かない。そしてその世界にある全ての事柄は、作者に都合よく書き換えられてしまう。それは妄想であってリアルでは無い。そして純粋な疑問として、今の中学生は文化祭ってあるの?小説では高校生で文化祭を迎えている。中学生は親の経済面も考えて文化祭取りやめ校が多くなっている。仮にあったとして、出店を構え他校や一般人を呼べる程大々的に行われているの?後、修学旅行に行ったとして、生徒だけの自由行動って許されているの?どうもこの辺りが中学生とは思えぬ高校生の学校生活にしか見えないんだよねぇ。舞台は中学だが行事は高校で行われるモノばかり。ここで引っ掛かるのが主人公2人の共通する設定、2月29日の誕生日だ。4年に一度訪れるのは御承知の通り、4の倍数である8歳の誕生日に初めて出会う2人。その後再会し時を重ね訪れる誕生日は、4の倍数である16歳(20歳では年食い過ぎ)でなければならない。その設定在りきだからこそ、出会いは中学生にしなければならなかったのだ。知らんけど。いいと思えたのは人物や背景の捕らえ方だ。TV演出にありがちなガチャガチャした事は無く、あくまで人物を中心にフレーム内に収まっているといった基本を崩してない。演技も目を背けるような酷さではなく、無理をしている(年齢以外)感じも無い。ヘタに造りこみ現実離れした風景も無く、やたら綺麗に着飾る事も無かった。私個人としてはTVドラマとの連動など如何でもいいし、映画とTVは全く違うコンテンツだと認識している。そういう意味で「赤い糸」は(個人的に)映画では無いと云える。だからといってケータイ小説やその映画化に反対とかは無く、大いに結構、やればいい。それは時代(ある世代)が望んでいるのだから。だがそれを提供する大人が問題なのだ。私はフジの亀山Pの手掛ける作品がほぼ嫌いなのだが、それでも今までは(儲けを度外視する事は無いだろうが)亀山本人が面白いと感じたからこそコンテンツに手を出してきたと思っていた。だが今回は明らかに集客目的が一番の理由にしか感じられない。「恋空」もそうだが、「赤い糸」はいい大人が心底楽しめる物語の筈が無く、この物語を純粋に伝えたいと思う筈が無い。金儲けと割り切っているならば救いはあるが、もし本気で面白がっているならば、最先端メディアにいてコンテンツを提供する立場にいる重要さを認識するべきだ。まず自分のセンスを疑えよ。原作が駄作だけにドラマ化しても映画化しても駄作である。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中11

小学生が妊娠・出産するという設定上、批判や議論が非常に多い。2007年12月13日付けの毎日新聞によると、映画のロケは秋田県能代市で2007年8月25日から行われ、能代市は廃校になった旧・能代市立渟城第二小学校の校舎を撮影場所として提供した。 撮影に際して、地元住民もエキストラとして参加するなど協力体制が取られ、撮影は順調に進んでいた。
しかし、「主人公が小学5年生で出産する」という設定であるため、いくら廃校になっているとはいえ、公共の小学校校舎をロケ地として提供するのは児童への教育上、おかしいのではないかという意見が一部の市民から出たため、市議会での議論になった。 毎日新聞によると、2007年12月12日に行われた定例市議会で、柳谷渉議員が一般質問の席に立ち、撮影支援の経緯について説明を求め、「原作を読んだ限り、命の尊厳について(描かれているとは)感じない。」と苦言を呈した。 これに対して斉藤滋宣能代市長は、「原作を読み、いささか戸惑いを覚えたのは事実。」とコメント。その上で「ショッキングなアプローチであるが、作品の中で子供たちが成長していく過程が教育を考える機会になればと考え、撮影を支援していくことにした。」と述べた。神馬郁朗教育長も斉藤滋宣市長と同じように戸惑ったが、「映画に関しては芸術表現の一つ。廃校使用は管理上支障がないものと考え、許可した。」と答弁した。しかし、柳谷渉議員は「原作に複雑な感情を抱く声があり、ロケ受け入れは見送るべきだった。」と返答した。能代市教育委員会はJ-CASTニュースの取材に対し、「市民の間に小学5年生が妊娠するという設定は教育上けしからん、という声があるのは事実。」としながら、「市民に映画の内容が正しく伝わっていないのではないか。」、とコメントしている。「ロケ受け入れに際しては、事前に萩生田宏治監督からいろいろと説明を受けました。映画のストーリーは原作とは若干変え、性描写は入らないということです。もともと原作も『性』に特化しているわけではなく、現代社会を描いているわけですから・・・・」ともコメントしているが、これは、小学生の性描写シーンをそのまま演出すると児童ポルノに抵触するからであり、作品を完成させるための苦肉の策だったと考える方が自然である。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート10

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月15日(木)10時49分11秒
  映画「赤い糸」は原作のケータイ小説も、TVドラマも観ないと映画は見られないようにできている。ここは制作者の腹の黒い部分が見られる。う~ん!最初がよく分からない始まり方だったけど、(ドラマの続きから映画が始まっている)これが中学生向けの恋愛ドラマの発達段階を飛び終えているドラマだということがよくわかる。幼稚とまでは言わないけれど。
あまりに荒唐無稽な盛り込み展開を見せるので…スゴイなぁ。さすがに原作小説「赤いシリーズ」とはぜんぜん違うからより中学生の発達段階を超えている。出生の秘密から、恋人との衝撃的な過去は原作小説でも描かれてはいるが2月29日のみなしご誕生日には原作小説は触れていない。原作小説は「赤い糸上・下」これが一番人気が中年男性にはある過激な性描写がポルノ小説級に描かれている。社会情勢が変化して児童ポルノほうがやかましくなり高校生編「赤い糸destiny」社会人編「赤い糸precious」では嘘のように性描写は消え真面目な純愛ドラマになり芽衣と淳史が結婚する社会人編「赤い糸precious」は人間の発達段階に追い付いている。ここは普通である。中学生編「赤い糸上・下」は異常な世界である。自殺未遂、交通事故、DV、ドラッグ、こんな人生を送る中学生がいるんだろうか??いたら凄すぎると思うくらいのまさに大映ドラマ的な展開をみせてくれる。現実にはいないというよりもできない新聞に載る大事件になり学校は保護者会の連続になる事件が続々出ている。非情に非現実的なのだ。この物語の原作者はお幾つくらいの方なんだろうか。性教育の知識は全くない。若いことは間違いない。まぁその分、私のような年齢には懐かしすぎるほどの若いのだろう。しかし社会情勢を考えて描かずこれは現実のドラマですは嘘がおおばれである。純愛!?が描かれているのは中学生では設定に無理がありすぎる。「14才の母」以上の超問題作に指定されているのはわかる。手を繋ぐことも、キスをすることも、とにかく初々しさはない。子供の性の暴走である。そういう意味では本当に「初恋」じゃない描き方で純愛とはかけ離れてしまい純愛にふさわしいドラマではなくなってしまった。ただこれがそういう話なのはいいとしても、なんでドラマと映画で同時進行させなければならないのか?そこがよく分からない…。ドラマだけでもいいと思うし、まぁ映画が大ヒットしたとして、ドラマにする(のが流行り過ぎだけど)という流れが多い中、新たな試み…というよりは、何がしたいのか分からない試みになっているような気もする両方観ないと理解できないぞ。的な宣伝映画を作る製作側の「黒い意図」を感じる。視聴率のせいで肝心の赤い糸が切れそうなピンチになってきたのはフジテレビは気の毒である。とても中学生には見えない?高校生でも無理がある顔ぶれの若手達はどんなに好演してもドラマの流れの中学生という無理な設定は隠せないのである。2勝29日にこだわるドラマ自体もおかしいみなし誕生日は日本中には20万人以上いて全員誕生日は法律で2月28日にされる2月29日は2月29日の延長でありうるう年には全員みなし誕生日以外のものでも誕生日は物理学的にずれる。みなし誕生日と普通の誕生日の生まれの者は一生の間でズレはわずか一日にすぎない。このドラマは分析すれば大きな糞ドラマである。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中10

「YASUKUNI」以上に「コドモのコドモ」は悪質です「くっつけっこ」で妊娠するとか、大人に頼らず子供たちだけの力で赤ちゃんを守るとか、社会的な悪影響は相当なものだと思うんですけど・・。妊娠とか公共の場所でのセックスを描いた「純愛」映画の「恋空」にしても、なんで市民団体や政治家はこういう作品は問題視しないんでしょう?「感動」という言葉でカモフラージュしているぶんタチが悪いと思いますが。児童ポルノ法改正で騒いでいる議員は、コレはなんとも言わないの?アニメは「キモくてダメ」といっているけど、コレも考えてみれば十分キモイ。…吐気もする。こんな内容でしか「生命の重さ」を表現できないとは日本の映画界も終わったな。だいたいやる前から問題作って言ってる時点でおかしい。悪影響は間違いないのに誰に観てもらいたいんだろうか。こんな内容でしか「生命の重さ」を表現できないとは日本の映画界も終わったな。だいたいやる前から問題作って言ってる時点でおかしい。11歳の孫がおります。何でも知っているようで、まだまだ子供です。こんな日常生活の延長で遊びのように「くっつけこ」してる映画なんて本気で許せません。しかも子供だけで守ろうなんてフィクションにしてもおかしすぎ。まともな子は誰もいないという設定ですか日本では小学生の出産は14才いなの出産が激増しているにもかかわらず、ここ十数年間起きていません。起きていない小学生の出産を描くこと自体が許せません目的もわかりません。協議にもなりません。日本は14才以下の出産は1970年に比べると悪魔の教育となった性教育の影響で2006年は42件、2003年は「14才の母」の影響を受けて43元と激増している。しかし、小学生の出産はここ十数年間も起きていない。起きていないことを何で映画化するのか。起きていないことを描いて問題提起などはできない。2007年は14才以下の出産は43件あったが41件は中3の14才と中2、中1の出産が2件あった。しかし小学生の出産は0件だった。小学校5年生が出産衝撃で問題いっぱいの幼い奴らの物語、命の大切さ友情、団結、子供の成長、あなどるな子供達の力という映画のキャッチフレーズは完全におかしいではないか。突っ込まればきりがない超問題映画だ。「14才の母」の問題とは比較にならない。「コドモのコドモ」は見なくても多くの学校教育現場に悪影響を与えていますね。小学校5年生で男女合同宿泊の件で「コドモのコドモ」の原作漫画を読んだ親達が危険だから男女合同宿泊がモンスターペアレントのような親達が出現してウザくなってきたのですよ。小学校5年生になると全員が子供を作れる体になるというひどい性教育的な間違いがあるからです。小54月で精通する男子はデーター調べてもありません女子の生理さえも小54月では40人に一人以下です。子供が性交しても、できるわけはないのです。誤解を保護者達に与えてしまっています「コドモのコドモ」はいやなら見なければいいだろうという問題ですまないのですよ。小学生や中学生の出産や妊娠の映画たテレビドラマは「いやなら見なければいいだろう」で済むと思ったら痛い目にあいますよ。直接的な影響だけではなく間接的な影響も考えてくださいよ。映画観ました。つまんなかった。コドモを馬鹿にするな!!とも思いましたね。劇中の性教育だって「コミニュケーション」とか教えてましたよ。これを見た親が、「性教育はもっと早くからやるべきだ」なんて言い出すんじゃないかしらね。言いだすと逆効果が起きて余計に子供の性が暴走する悪循環が起きる。大人が子供の無邪気な力に触れて感動したくてつくった映画。子供のためにはならないね。性交シーンとかはないから18R禁止にはならないんでしょうね―残念ながら。ひどい映画作ったモンだね。小学生の性行為は認められてるのですか?倫理を置き去りにして感動もないでしょ。観終わって「何故、この原作を映画化しようと思ったのだろう?」という疑問が頭から離れません。原作の漫画は連載の途中で無責任な出版社によって連載が停止。「子供が子供を生む」という現実的にもある(実際に多くの国であること)親にはショッキングな内容だっただけに何の決着も無く終了というのは、非常に残念なことでした。そのことに決着をつけようという意思があるのであれば
もっとテーマを掘り下げても良さそうなものですがこれでは単純に面白がって映画化しましたと思われても仕方の無いことだと思います。これでは倫理の欠如を問われても仕方の無いこと。その点をもっと考えた脚本であれば良かったのですが子供たちの演技の素晴らしさ以外に、この映画から得るものは私には無かったようです。監督並びに制作関係者がまさにコドモのコドモである。このようなケースの子供を美化していい訳がない。誰でも自分の子供が同じ様な状況になったら、こんな内容許せるはずがない。大人が見ればファンタジーで済むけど、子供は影響受けやすいんだから常識的に考えてほしい。制作者側は、あえてこういう問題映画を作れば話題になり、みんなが興味を持つってのが意図だろう。何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。私はマスコミ試写会できちんと映画「コドモのコドモ」を見て感想を書いている。映画の試写会に参加した人の中には多くの城英反対の声があがりましたが反対の声は無視されて映画は強制上映ですPG-12、R-18の指定もありません。ただしマイナーな単館映画で上映するという条件付きでした。単館映画でも今はシネマ・シンジケートができてその第一弾が「コドモのコドモ」です。単館映画でもこれから全国で見られますから。見ていても絶対に起こらない10才の小学生同士での性交での妊娠や教育現場や医療現場が完全にバカにされ現実離れしすぎであり主人公が妊娠により追い詰められる場面もなく物語に重さがないと非難が続出です。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート9

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月14日(水)11時43分6秒
  愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーにまた危険な一般人の恋愛記事返信が掲載された。危険な一般人の恋愛記事返信そのまま掲載。

=一人を愛する幸せかみしめてほしい ととり(22)12月22日付「好きな人に彼女 どうすればいい」のみのもざさん、1月7日「本当に好きなら彼に話しかけて」の千里さんへ。人を好きになるということは、とても素敵なことです。しかし、相手に別の好きな人がいたら、それはなかなか難しいことですよね。「好きな人と一緒にいたい」。せっかく芽生えた感情を「奪う」という行為で実現させようとするのは、悲しいことではないかと思うのです。人を好きになることは、いったい何なのでしょう?両思いになることが、恋の成功になるとは思いません。恋をする中で、楽しいことやつらいことがたくさんあったはずです。それはあなたがその人を好きになったからこそ経験できたことです。必至に一人の人を愛せたこと。たくさんの悩み、苦しんだこと。そのような経験ができる幸せをかみしめながら人を好きになれたら、素晴らしいことだなと思います。(今治市・女性)

一般人の人は冷静に両想いになることは「恋の成功」ではないという意見。しかしヤング落書き帳の投稿する女子生徒達はもう眼先のことしか考えていない。この意見と中高生の恋愛記事をつなぎ合わせると独り芝居臭いなという声も聞こえるが一般人の投稿は教育現場には影響はないが中学生や高校生そのものに与える影響は甚大なものがあるので今後も要注意である。

=ヤン落デスクから=

「彼女のいる人を好きになったけど・・・」という投稿に、とリリさんから大人の恋愛観をいただきました。
◆一方で、振り向かせたいという恋愛の仕方もわからなくはありません。恋愛というものは先着順で決めるものでしょうか。「奪う」というよりも、本当にその人にとって幸せな相手はだれなのか。自分の存在を知ってもらった上で決めてもらいたいということではないでしょうか。
◆どちらの恋愛観がいいのか、デスクにはわかりません。単に立場の違いで変わるものかもしれません。それぞれの立場からいろんな意見を聞いてみたらいいですね。(j)

ヤン落デスクの支持のほうが危険である。ヤン落デスクは恋が多岐になれと指摘しているようなもので男女間のトラブルからとんでもない事件を発生させるものだ。また時々変わる今回のヤン落デスクは非常に危険だ今日の愛媛新聞ヤング落書き帳には一般の中高生からは良い意見が2つも送られているのに一般人の送った恋愛記事にしか全く支持がないのである。こんなとんでもないヤン落デスクのいる「ヤング落書き帳」はやめてほしいとの声が高まっているが愛媛新聞は一行に辞めない

「赤い糸」はドラマ×映画というキャッチコピーに惹かれて鑑賞。ドラマは見ていますが、原作は未見です。TVと映画の新しい融合かと期待していたのですが、結果は見事なまでに表題の通り。『フジテレビ』が金銭目的で製作したとしか思えません。ここまでして視聴率に広告収入・興行収入に話題が欲しいかと考えると、逆に素晴らしいのかもしれません。そういった短絡的な意味では成功なんでしょうが、これが長期的に映画もドラマも陥れるような結果にならないことを切に祈ります。今まで見た映画、大なり小なり起承転結が描かれていましたが、この作品ではこれでもかというくらいに“承”ばかりです。そもそも“起”がないんだから手の施しようがない。突然登場人物を映し出したかと思えばがんがん時間を経過させ次から次に事件を連発。ここまで手を広げて、どうやってエンディングに持っていくのかと思っていたら、エンディングがないまま『to be continued』で終了・・・。あまりの展開に呆然といった感じです。残念ながら『映画』として評価することができない作品でした。映画とドラマを同時に公開しようとした試みや、2月29日生まれ同士が出会う奇跡(確率論としてレアケースです)というアイデア、音楽(特に主題歌)、役者さんたちの演技(よくあんな無茶な脚本であれだけの演技ができたもんだ・・・)は問題ないどころかレベルが高かったと思うので、原作か脚本かどちらに問題があるのかはわかりませんが物語の内容と予告編にも見える映画の位置づけが残念でなりません。ドラマ観てるのでレディースデーに観にいきました。前半30分位はドラマの総集編のようなものでした。ドラマ見てる私としては映画もすんなり楽しめましたが…友達の自殺未遂辺りから「??」の連続でした。ちょっとした勘違いで友達が自殺未遂騒ぎを起こしますが「そんな事でしんじゃっていいの??何もじさつするような事??」と簡単に自殺しようとした友達に呆れてしまいました。主人公の彼氏もとっても簡単に事故死してしまいます。なんとゆうか…命を粗末に扱い過ぎた映画ですね。でも主人公の女の子は地味だけど若い頃の山口智子に似ててとてもいい女優さんだなと思います。1番気になるのが…「この先やるドラマで映画と同じ内容をやられたらどうしょう」という事です。なんかヒドい出来でした。ドラマからの続きらしいのですが、いきなり映画から入ると、人間関係が全くわからず、全く感情移入できませんでした。予告の方が共感できた。なぜ映画と同時並行でテレビドラマをやっているのでしょうか?他のレビューでも書かれている通り、宣伝映画?映画をなめてる2時間という枠で収めきれなかったのか?だったら監督が無能てことですね。まだ映画としては恋空のほうがまし、だってまだエンディングがあるんだもん。原作を読んだ人は見ない方がいいですね。内容が半分以上ズレてるし原作にいない人が出てくるのは仕方ないとしても原作にいる人を死なせちゃだめでしょう。。ドラマ見なきゃ結末わからんとか映画じゃない、心の底からあきれましたね。あとコイツら中坊なんですよね!?壮絶な人生歩んでます。薬物依存症の母親がででくるんですがどうにも甘ったるい、以前ドキュメンタリー番組で見た方はこの程度じゃなかった、もう何もやる兆しがないような顔色も青白く見てて言い方は悪いが私も顔が青ざめた。携帯小説ってのはどうにもこういう重いテーマを押し込んで重厚感を出したいらしいけどいい加減これはノンフィクションとかいうのやめてもらえないかな?あんたらどんだけ壮絶な人生送ってるんですか。ドラマを1~2話みて、封切りの昨日映画を見ました。そして夜ドラマ3話を見ました。特に人がすぬシーンや自殺未遂シーンは納得がいかない。沙良は原作では実際に自殺未遂を起こしているが、陸は全く死とは無縁でラストは大学生になり、きれいな彼女もできて幸せに暮らしているのになぜ事故死なのだ。これは命を粗末にする映画なのか?麻美は続編(高校生編)destiny(ディスティニーズ)で芽衣をいじめている。社会人編precious(プレシャス)の部分まで中学生、高校生、社会人と年齢が上がっている様子が映画からは分からない。全部中学時代のような描き方もよくない有害である。映画自体についての感想は、二人に隠された秘密が明かされたものの、別に彼等が恋に落ちることを止める理由は何もなかった。なのになぜラストで別れたの??さっぱり理由がわからないままのエンドロール。「ここで終わり?」という気持ちとともに、私がどこか見逃して別れた理由がわからなかったのか。。と考えていたら、「to be continued」のクレジット。
え?映画は映画だけで楽しめるつくりだったんじゃないんですか?結局、ドラマも見なきゃダメだよってことですか?なんですか、この作り方。そしてドラマ3話をその夜に見たら、映画でやったシーンを全て盛り込みつつ、詳細を描いてる。これ、映画を見に行く意味あるの?1700円も払って、映画でしか楽しめないシーン・ストーリ-はないの?ドラマのほうが人物背景、人間関係、人を好きになる過程が描かれてて、断然感情移入できるし、つじつまも合うって、どういうことなんでしょうか。お金を返して欲しい。そして、映画をわざわざ見に行く必要はありません。(断言できます)『結末だけカットされた総集編』を映画館でやっているだけです。をみましたがこの映画は中学生には発達段階を超える有害映画です。何の目的でこの映画を製作して上映しているのか?フジテレビも何のために放送しているのか対象年齢はまだ義務教育中の中学生で有害情報を中学生や高校生に与えて性のハードルを下げて性を暴走させるだけの映画にしか見えない。新の目的のある映画ではないからだ。中学生でもこんな芽衣のような中学生が一人でもいる学校ははレアケースである。芽衣のような生徒が学校に一人でもいれば、その中学校の生徒指導部は大変な事態になる。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中9

「コドモのコドモ」はR指定にしなくては!痛い。率直にそう思う。心が痛いのである。子供に対する「性教育」は、親にしてみれば永遠のテーマであろう。学校の授業でも「保健指導」として五年生には行われている。いずれはみんな知っていくこと、だからこそ丁寧に知らせてあげたいというのは大人のエゴだろうか。私の教室にもそういう微妙な年頃の生徒は大勢おり、その母親から「性教育」の悩みを受けることもしばしばである。「学校での指導が不完全」で「興味を助長してしまう」ことが「末恐ろしく」、結果として「きつい言葉で」戒めてしまうか、または完全に無視をして無いものにするかだそうである。
つまり「性」のタブー視は親側にあるということである。翻って社会を見渡すと、地上波に流れる猥雑な情報の氾濫であったり、有害どころか犯罪行為ですら是認するネット社会であったりと、子供を取り巻く環境は劣悪極まりない。教育の現場・親のしつけを簡単に上書きできる情報が、易々と、しかも無自覚に入手できるのである。ネット媒体が進歩した現在では、情報そのものもがんじがらめに禁止していくよりも、子ども自身がしっかりと自主性と主体性を持って「自己責任」においてそれらの情報と対峙する力が求められているのだろう。それが「メディアリテラシー」の定義である。そしてそれは、フランス革命のごとく「重い自由」であろう。「命がけ」の「自由」なのだ。だが、である。子供は子供であり、そこに真の意味での責任感など存在するのだろうかと、私は考えるのである。「責任」という言葉の語義が軽んじられてはいないだろうか。全てが自分にはねかえってくる現実感が子供にあるのだろうか。まして、「自由」に伴う「責任」なら、猶のことである。だからこそ、有害・無害の価値基準が曖昧なままでその情報を取捨させることを、私は危惧するのである。思春期である子供であるならば、多少の分別もあるのだろう。好奇と嫌悪の彼岸も曖昧ながら持ち合わせてもいるはずである。では、小学生は?
そう思うと慄然とするのである。「好奇心」が子供の特性であるならば、そして、それこそが人間の知のバイタリティーだとするならば、有害情報ですら、彼らは喜んで受け入れていくのではないか。それを思うと、恐怖すら感じるのである。「コドモのコドモ」である。「小学生の妊娠」というテーマで描かれたコミックを原作とした映画である。小学五年生が「くっつけっこ」をしていたら赤ちゃんができた。その赤ちゃんを巡るこの混乱(一般的モラルか?)と、その小学生の心の成長を描いたものである。残念ながら、私はしっかりと全てを読んだわけではない。読めないのである。腹が立ってしかたがないのである。往年の映画「禁じられた遊び」を下敷きにしたい映画監督やプロデューサー、もちろん作者も、この映画を「芸術」と称するのであろうが、私は認めない。子供の好奇心と、それに伴う責任の重さを実感させる題材にはあまりに不適切である。その好奇心と責任は、子供が環境から徐々に学ぶことであり、その意味で子供の心の発育は環境が作っていくと考えるからである。当然ながらそれを整えていくのは周囲の大人の問題である。だからこそ「情報」を「欲しい」のか「必要ない」のかをしっかりと教えていくのが、教育であり、しつけである、という意見には私も賛成である。そしてその環境整備に親は腐心している。そこに投げ込んだ石のつもりならば、それはあまりに乱暴に過ぎる。学校で、公園で、そして今は一般化した携帯のメールで、小学生の言葉で語られるこの映画の話題を想像してほしい。文化人が思うほど子供は成熟してはいない。むしろ一部を抽出して興味本位に騒ぐだけである。だからこそ、この映画を一般の映画館で上映することによる影響を、私は憂うのである。そこに深遠なテーマが含まれ、なんらかの提起であったとしても、私には、この映画が「有害情報」にしか思えないのである。「しっかりと読んでから文句を言え。」そのお叱りもごもっともだとは思う。教育の現場にいる私のエゴも承知である。それでも敢えて私は言いたいのである。「この映画はR指定にすべきである」と。
そして「あなたはこれを子供に見せたいですか?」と。そう思っていたら、同じようなご意見のブログを見つけたので紹介します。これがまともな大人(母)の意見であると思います。13歳という性交合意年齢以下は、合意があっても性虐待でこれを重罰化する動きは国際的な流れだ。いままで問題になってきたのは主人公の年齢が、性交合意年齢(13歳)に達し、かつ18歳未満である合法の範囲のものでこれらに対する批判なら、主観的な道徳的観点からのヒステリーだと揶揄できるけどこの映画に関する批判には、正当性がある。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート8

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月13日(火)11時00分6秒
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーに一般人の男性から危険な恋愛記事のアドバイスが掲載された。一般人の男性から危険な恋愛記事のアドバイスそのまま転載。

大人の目
=相手の気持ちをまずは考えようシロチビ(22)=

7日付「本当に好きなら彼に話しかけて」の千里さんへ。好きな彼が好きな人を自分が嫌いということですが、自分さえよければいいのでしょうか?「自分のほうが幸せにできる」とか「周りもそう言ってくれている」とか事情は知りませんが、本当に好きなら「まずは好きな相手の気持ちを考える」ことをしてみてはどうでしょう?その彼はその人が好きだから付き合ったり思ったりしているんじゃないですか?恋愛に限らず、人間関係というのは相手がいなければ成り立ちませんよね?年代が違いますが、少し気になったので投稿させていただきました。(松山市・男性)

この男性の支持はズバリあきらめろという指摘で支持はてきぱきしている。しかし思春期の少女にとっては非常に危険、松山市の中学生のアンケートでは「あなたは今恋をしていますか」は中3で2%高3で15%と非常に低い男子では中3で20%高3では60%が今恋している。付き合っているは男女ともに中3では1%未満高3で15%とかなり低いのが現状で意外だったと先生達が答えている。愛媛新聞「ヤング落書き帳」の記事投稿もほとんどの子が知らない段階だがこんなにも恋愛記事が出てくるのはおかしいと頭をひねる教育関係者が多い。今日は一般人なので教育現場は落ち着いているがこれが中学生や高校生の投稿記事ならまた大変な事態になっていただろう。なおこの男性の投稿記事に内容かカウンセラー級であることも今後のことを見据えて見逃してはいけない。

=ヤン落デスクから=
◆一方、恋愛は逆かもしれません。誰かを好きになると、その人しか見えなくなります。ほかに好きな人がいても振り向かせたい千里さんにシロビチさんから大人に意見をいただきました。
◆千里さんも奪うというときつい感じがしますが「新人として同じ選挙区に立候補したい」ということですね(J)

まったくアドバイスができないヤン落デスク「新人として同じ選挙区に立候補したい」と政治家立候補と同じ感覚で恋愛を捕らえられると今後が大変な事態になる。十分に周りを見渡してもらいたい。

「赤い糸」のような携帯小説好きではない、「恋空」も最悪だった。しかし映画を見ないと評論は書けない。映画は見に行った。CM的に凄く中学生の青い性をおもちゃにしている。私は小説もドラマもちゃんと見てから映画を見に行った。しかし、映画の中で女子中学生が泣けた場面はなかった。自分的にはよく意味がわからないというか映画にするほどでもないなと思う。この映画はラマの総集編では?私が行った映画館では終わった瞬間『おもくないー!』と言う声が聞こえたく。キャストと366日事態が原作ドラマを壊している。原作は365日にはこだわっていない。キャストは最悪だった。中1の私の女子の孫でも泣けなかったとは、共感できませんでしたし感情移入もなかったような気がします。たかチャンの設定大幅変更はドラマをぶち壊していた原作では生きて幸せになっていたキャラクターが映画の中では死ぬのがから。なんか見ててはがゆい思いです。てか2年前呼んだケータイ小説で小説読んだんですがおもしろくなかったのに「何でお金だして見に行ったんだろうって感じだった」という声が私の背後から多く出ていた。「赤い糸」は批判を書くためには映画を見ておくことは必要不可欠だ。東京の映画館11時40分、他作品と同時に、17時35分上映開始分のチケットを購入。受付スタッフ「全席あいております。お好きな席を、どうぞ(満面の笑み)」私の心の叫び「えっ、ヤッター公開2日目だよ。しかも日曜日だよ。ネット予約システムあるよね。それなのに、大コケ確実??全席あいてるとはどうよ」と期待感は高まるばかりでした。案の定、空席の予感は、幸いにも上映開始前にわかりました。私が見たひとつ前の回も、ふたつ前の回も、空席だらけで半分以上が開いている。私が見ている回も、若いカップル、女性連れが多いかと思いきや、中年のロリコンおじさんたちのほうが多かった。(シネコン88席と座席数の少ない劇場をあてがわれていたのですが)空席を予測して、映画館のハードルを下げきっていた乃は正しかった。携帯小説で、ここまで反感を買ったケータイ小説は初めてです。特に、溝端くんの役柄の気持ちなんかは全く描き切れていません。こんな映画で涙なしには観られませんでしたという人はあほらしい。ちなみに携帯作品でこんな堕落したドラマや映画は初めてです。「恋空」の5分の一以下の出だしからもわかる。なんで、こんなに感情移入をしていた人が多いか、多くはないがこれは映画やテレビ局の宣伝である。作品をこまめに見て非難論が十分に書けるように浸ってしまったのか、帰りながら振り返ってみるとストーリーに入っている要素は、従来の携帯小説とかなり改変されている点が多い。陸軟化の改編は悲惨である。悲恋とか死とか。決定的に違ったのは、露骨にお客様を泣かしにいくかいかないか。登場人物が死んだり、失恋したりするシーンばかりである。ダラダラドラマをひっぱりしすぎである。一瞬で、場面転換する方式もよくない。
だから、どんな思いだったのだろうとか、ここから場面転換までの間に、なにがあったのだろうかとか、想像を膨らましても何せ設定が中学生、本当の義務教育中の中学校の出来事なら大事件である。つまり、空想世界が、無限に広がってしまって、結果として、お客様は勝手に、登場人物たちの感情を深く考えてしまい、感極まってしらけてしまい感涙する場面もない中年男性が多かったから仕方がないか。ただし製作側が、そこまで計算をしていたかというと、それは疑問です。テレビも同時進行しています。わたしは、まず原作小説5部作をこまめに読みテレビドラマや映画を見て感想を書いている。前日放送分含めテレビドラマも鑑賞して、公開前のテレビ分から、映画後のテレビ分につなげるために、映画の2時間の尺は短すぎる。だから、総集編のようにダイジェストっぽくなっている。となると、テレビでは深く掘り下げ、見ている側が「しつこいよ」と思うようなシーンであっても、映画ではサラッとしている。「恋空」に比べるとドラマも味気ないという人が多く中学生という設定に大きな無理があるという人が圧倒的に多かった。映像で描かれない見えない部分は、お客様に想像してもらうしかなくなり、それが膨らみ変な方向に行ってしまう。苦肉の策が、まったく裏目に出た感じである。フレッシュな役者も中学生という無理な設定でぶち壊れてしまった。南沢奈央さん。『山桜』『シャカリキ!』映画2作連続でパッとせず、「赤い糸」でもぱっとしない、テレビのスケールがフィットするんでしょうね。悲鳴の声質など、細部で気になる点はありましたが、すんごくなっとくできなかったです。役柄の行動には、男性として、理解できない部分もありました。岡本玲さん。実は同作、若いお客様を動員する上で、キーになるのは彼女だと睨んでました。ずばり、それは『恋空』主役、新垣結衣さんと同じニコラモデル出身者で、ガッキーの記録を塗り替えるほどの、人気を獲得していたから。『憐』『仮面ライダー キバ』と真面目で、どちらかと言えば暗い役ばかり。今作、髪の毛の色も変え、みんなのムードメーカーで、明るい甘えん坊役。はあっていません。笑顔は作られた笑顔です。悲しい表情の上手さはこれまでの作品の中でも最低です。何のために出演したのかわかりません。石橋杏奈は完全に期待外れ。『きみの友だち』主役で、かなり期待してたんですが、セリフ・カメラ映りともに、パッとしませんでした。自分と同年代の、いい子ちゃん役。普通すぎてやりにくかったのかもしれません。涙を拭き、鼻を啜りながら、上映終了。となる映画が全く逆で映画が終わると中年おじさんたちが多くすぐに席を立たってしまった。10分足らずで映画館は空っぽになった。あれこれと、映画の感想を話してるんです。いやぁ、こん菜くだらない映画の感想は初ですよ。作品にもがっかりしましたけど、この光景にもがっかりしました。中学生という無理な設定で中年のロリコンおじさんを狙った映画は良くないですね。「これ、テレビ見てないと、わかんないよね」映画観る人もなにがなんだかわかりませんよね?批判を大前提に、作品はフルスロットルで進み、登場人物のつながりや、描写はほぼカットされています。が中学生に喫煙や飲酒、ドラッグと有害情報を注ぎ込みすげです。予告編を何回も観ているか、テレビを見ていないと、さっぱりわかんない。定期購読している愛読雑誌では、評者全員が★で大酷評でした。いやぁ、これも初めてです。映画の続きは、引き続き、テレビドラマで観手も仕方がないですみんなネタばれです。ラストは社会人の成長した芽衣と淳史は結婚して妊娠して子供も授かり最高のプレゼントとなり完全なハッピーエンドなのです。「赤い糸」は「恋空」も駄作でしたが。「赤い糸」はその何倍も駄作です。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中7

この映画を制作した人たちは、いったい何を考えてこの映画を製作したのだろう。女子高校生が主人公の「恋空」でさえあれほど批判を受けているにもかかわらず、今度は小学5年生の少女の妊娠ですか?最近、週刊誌の記事を読んでショックを受けたことがあります。アジアのある貧しい国で幼い少女達が売春をして妊娠・・ まだ幼いのに子育てを強いられ、そしてその子供を養うためにまた売春をしなくてはならない・・しかも少女を買う客の多くが日本人だとか・・(日本人としてホント恥ずかしい・・)妊娠してしまった少女達の多くは、難産のため死んでしまうのですよ。体が成熟していないのに妊娠なんてもってのほかですし、奇跡的に無事に産まれたとしても、いったい誰が責任をもって子供を育てるのか?しかもこの映画について監督は「ファンタジー」と言ってるんだとか・・この映画を観て小学生の女の子達が真に受けたらどうするんですか?言いたいことはまだいっぱいある生理がはじまる小学生の高学年女子に性教育が必要なのは当然ですが男子には性教育小学生では必要ではない。この映画の内容では性教育にもなっていません。この映画はぜったい小中学生の少女達に見せてはいけません。映画を見た私は強く強く抗議します!しかもジェンダーフリーの映画として作成されるのだ。ジェンダーフリー=悪である前提で、「コドモのコドモ」も悪であるという暗黙の指摘「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。「くっつけっこ」を見ることで、子供が悪い影響を受ける、という指摘。小学生どころか、18歳以下でも妊娠は危険です。こういった現状を見ても、子供が子供を産むことの素晴らしさなんて、言えるんでしょうか?制作に対する批判。11歳の少女に子を産ませなければ愛を語れないほど貧弱な人間観しか持っていないといえるのではないか?「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。正直、この制作グループに乗せられてこのような映画を嬉々として持ち上げ、賞賛、宣伝してきた人々の余りにも軽率で軽薄な単細胞ぶりに驚くばかりである。小学生の子供に、「くっつけっこ」と称する性交をさせ、妊娠、そして出産・・・。どう考えても、これって【児童への性的虐待】ではないですか。それを映画撮影という理由で、幼い子供に疑似体験させるなんて、大人のエゴとしか言いようがありません。この映画には、たくさんの子供たちがオーディションに参加し、その中から役が決められたそうですが、子役の親たちも、どういう映画なのか、その内容をちゃんと分かってたんでしょうか。分かって我が子を送り出したとしたら、子役の親達にも問題があるのではないか・・・と思います。ヒロユキのような小学生の父親は世界でも一人も確認されていない。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート7

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月12日(月)10時26分41秒
  1月10日に放送の「赤い糸」で原作とは大きく違う1992年生まれの4月29日生まれでありふたりはみなし誕生日生まれというところにテレビドラマや映画はこだわっている。しかし現実の法律ではみなし誕生日はない2月28日の延長が2月29日なのでみなし誕生日の者は2月28日生まれに振り込まれるのである。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8F%E5%B9%B4 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』閏年  閏年生まれの2月29日生まれ 誕生日は4年に一回は間違いである2月28日が誕生日とみなされる。なぜなら生まれた日はい日しか一生の間で起きない。他のものも閏年生まれの ものも4年に一回の閏年は同じに迎えるため一生に一日だけのズレは2月28日の誕生日に振り込まれることで解決する。4年に一回の誕生日で年齢は進めない。一生の間での一日だけのズレは差し支えはないとみなされている。誕生日 平年における2月29日生まれの者の「みなし誕生日」については2 月28日とするのが一般的である。理由は、誕生月はあくまで2月だからである。日本の法律でも「2月28日とみなす」と規定している(銃砲刀剣類所持、等取締法(第7条の2)、外国人登録法(第11条)、道路交通法(第92条の2、第101条)。ただし、前2法では閏年においても2月28日とみなしている。)。なお、「加齢」については、日本の法律では、正確には「誕生日」の前日ではなく「起算日(ここでは生年月日)の応当日」の前日満了時(24:00)に加齢する旨規定されていることから、2月29日生まれの場合は、平年・閏年を問わず、毎年2月28日24:00であり、平年にあっては3月1日生まれの場合と同じである。(これをもって平年の「みなし誕生日」を3月1日とする者も少なくないが、法律上はあくまで2月28日である。)赤い糸のように4年に一度の誕生日は法律上はないのである。ここから「赤い糸」は矛盾しているのだ。中学生や高校生に2月29日生まれの者は4年に一度しか誕生日か来ないように勘違いさせている。「赤い糸」の観客は中学生女子が対象であることを忘れてはいけ ない。今日のドラマは修学旅行の場面がメーンであり淳史の母が病気になり淳史が芽衣を誘い旅館をよるに抜け出し屋台で肉マンを食べ一番有害で不適切な児童ポルノにつながる中学生の設定のキスシーンは児童ポルノに当たる「赤い糸」は中学生という年齢の設定に無理があるのだ。中学生や高校生に有害不適切な性情報を多く入れ込んでいる。また芽衣に陸が淳史の変わり一日デートをしたことがばれると陸が好きな沙良は旅館の屋上の高い位置から飛び降り自殺未遂をしている。たったこれだけのことで自殺をした中学生はこれまでにいない。今日のドラマはここで切れているが沙良は自殺未遂になっている。沙良は芽衣と陸が、恋人関係になったことで自殺未遂を起こす場面は子供が命を粗末にする元である。沙良は陸と芽衣の二人を見て大きなショックを受けたが自殺まですることはないと思う。中学生にこれも有害情報を与えてしまうのだ。陸は1日の付き合いで淳史のためにあきらめたのだ。沙良は屋上へ上がり、飛び降り自殺未遂。この高さでは普通では助からないが記憶喪失だけで済むからおかしい。またこのような事件が起きれば修学旅行は危険な事態に陥り中断されて打ち切られ切り上げで帰ってくる。保護者の身になってこのドラマは真剣に描かれていない。修学旅行も中止になる大事件が起きても先生たちの反応は鈍いこのドラマは現実離れし過ぎて子供の命を粗末にするとんでもないドラマである。これは中学生の保護者の怒りは収まらない。子供の命を粗末にするとんでもないドラマだ。また、この学校の先生達もどうかしている。このような大事件が起きれば中学生の保護者は心配するから修学旅行は途中で中止して切り上げて帰り保護者会が開かれるなど大事件に発展するが、ドラマではそのまま修学旅行は続行されている。こんなドラマを見ると中学生の子供を持った親は腹が立つのではないだろうか、母親が病気になってやむを得ず修学旅行を途中で引き返す淳史のようなケースはある。 私も現役教師時代修学旅行に行ったことはあるが400人以上の生徒に一人でも事件が起きないように先生達は修学旅行中は、どこでも厳しく巡視や生徒の集合や点呼に学校の先生達は必死なのだ。教育現場の先生達を馬鹿にしたような、このドラマは許せない。現実では沙良はあの高さでは下が土でも助からない、命を粗末にする中学生を描くのは良くない。2008年は校内暴力や虐めは小中高ともに史上最悪だった年になったが今後さらに輪をかけるこのドラマは許せない。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中7

この映画を制作した人たちは、いったい何を考えてこの映画を製作したのだろう。女子高校生が主人公の「恋空」でさえあれほど批判を受けているにもかかわらず、今度は小学5年生の少女の妊娠ですか?最近、週刊誌の記事を読んでショックを受けたことがあります。アジアのある貧しい国で幼い少女達が売春をして妊娠・・ まだ幼いのに子育てを強いられ、そしてその子供を養うためにまた売春をしなくてはならない・・しかも少女を買う客の多くが日本人だとか・・(日本人としてホント恥ずかしい・・)妊娠してしまった少女達の多くは、難産のため死んでしまうのですよ。体が成熟していないのに妊娠なんてもってのほかですし、奇跡的に無事に産まれたとしても、いったい誰が責任をもって子供を育てるのか?しかもこの映画について監督は「ファンタジー」と言ってるんだとか・・この映画を観て小学生の女の子達が真に受けたらどうするんですか?言いたいことはまだいっぱいある生理がはじまる小学生の高学年女子に性教育が必要なのは当然ですが男子には性教育小学生では必要ではない。この映画の内容では性教育にもなっていません。この映画はぜったい小中学生の少女達に見せてはいけません。映画を見た私は強く強く抗議します!しかもジェンダーフリーの映画として作成されるのだ。ジェンダーフリー=悪である前提で、「コドモのコドモ」も悪であるという暗黙の指摘「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。「くっつけっこ」を見ることで、子供が悪い影響を受ける、という指摘。小学生どころか、18歳以下でも妊娠は危険です。こういった現状を見ても、子供が子供を産むことの素晴らしさなんて、言えるんでしょうか?制作に対する批判。11歳の少女に子を産ませなければ愛を語れないほど貧弱な人間観しか持っていないといえるのではないか?「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。正直、この制作グループに乗せられてこのような映画を嬉々として持ち上げ、賞賛、宣伝してきた人々の余りにも軽率で軽薄な単細胞ぶりに驚くばかりである。小学生の子供に、「くっつけっこ」と称する性交をさせ、妊娠、そして出産・・・。どう考えても、これって【児童への性的虐待】ではないですか。それを映画撮影という理由で、幼い子供に疑似体験させるなんて、大人のエゴとしか言いようがありません。この映画には、たくさんの子供たちがオーディションに参加し、その中から役が決められたそうですが、子役の親たちも、どういう映画なのか、その内容をちゃんと分かってたんでしょうか。分かって我が子を送り出したとしたら、子役の親達にも問題があるのではないか・・・と思います。ヒロユキのような小学生の父親は世界でも一人も確認されていない。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート6

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月11日(日)10時57分33秒
  今度はNHK総合テレビで有害不適切放送「NHKスペシャル 女と男 最新科学が読み解く性 1惹かれあう二人 すれ違う二人」総合/デジタル総合 放送日 :2009年 1月11日(日) 放送時間 :午後9:00~午後9:50(50分)▽最新科学で探る「女と男」。第1回は男女の付き合いがテーマ。恋する脳とは何か、すれ違いのメカニズムは何かを探り、男女関係への知恵を紹介していく。男女はなぜひかれあうのか? 脳科学は恋のメカニズムを解明しつつある。その中心は快楽をつかさどるドーパミンの大量分泌だ。しかし、この大量分泌は体への負担が大きく、長く続かない。そのため、“恋愛の賞味期間”は3年ほどだという。そこで、どうすれば男女関係が長続きするかという科学的探求が進められている。「子育て協力者」から「人生のパートナー」へと変わる男女関係の“いま”を描く。筧  利夫,  西田 尚美,  つぶやきシロー,  木村 卓司,  【語り】小室 正幸,  園部 啓一,  加藤 優子 NHK総合テレビで番組の予告が流れて四国地方では地域ぐるみで小学生や中学生には過激な性教育につながるということになり。番組視聴が相次いで地域連絡網で私の家にも今日は休日なので「NHKスペシャル 女と男シリーズ」番組視聴中止の書類が回ってきました。NHK総合テレボが民放以上に過激な性教育につながる放送は許されません。高額な受信料は国民は視聴を禁じてもNHKに取られます。もっと良く考えた放送をしてほしいですね。

「赤い糸」はドラマ×映画というキャッチコピーに惹かれて鑑賞。ドラマは見ていますが、原作は未見です。TVと映画の新しい融合かと期待していたのですが、結果は見事なまでに表題の通り。『フジテレビ』が金銭目的で製作したとしか思えません。ここまでして視聴率に広告収入・興行収入に話題が欲しいかと考えると、逆に素晴らしいのかもしれません。そういった短絡的な意味では成功なんでしょうが、これが長期的に映画もドラマも陥れるような結果にならないことを切に祈ります。今まで見た映画、大なり小なり起承転結が描かれていましたが、この作品ではこれでもかというくらいに“承”ばかりです。そもそも“起”がないんだから手の施しようがない。突然登場人物を映し出したかと思えばがんがん時間を経過させ次から次に事件を連発。ここまで手を広げて、どうやってエンディングに持っていくのかと思っていたら、エンディングがないまま『to be continued』で終了・・・。あまりの展開に呆然といった感じです。残念ながら『映画』として評価することができない作品でした。映画とドラマを同時に公開しようとした試みや、2月29日生まれ同士が出会う奇跡(確率論としてレアケースです)というアイデア、音楽(特に主題歌)、役者さんたちの演技(よくあんな無茶な脚本であれだけの演技ができたもんだ・・・)は問題ないどころかレベルが高かったと思うので、原作か脚本かどちらに問題があるのかはわかりませんが物語の内容と予告編にも見える映画の位置づけが残念でなりません。中途半端すぎます。なにも伝わってきません。この演出は心に響かせようとしているんだろうな…という努力は感じられます。でもそれが逆に痛々しい…。見なきゃよかったと思う映画は初めてです。ドラマ観てるのでレディースデーに観にいきました。前半30分位はドラマの総集編のようなものでした。ドラマ見てる私としては映画もすんなり楽しめましたが…友達の自殺未遂辺りから「??」の連続でした。ちょっとした勘違いで友達が自殺未遂騒ぎを起こしますが「そんな事でしんじゃっていいの??何もじさつするよう事??」と簡単に自殺しようとした友達に呆れてしまいました。主人公の彼氏もとっても簡単に事故死してしまいます。なんとゆうか…命を粗末に扱い過ぎた映画ですね。でも主人公の女の子は地味だけど若い頃の山口智子に似ててとてもいい女優さんだなと思います。1番気になるのが…「この先やるドラマで映画と同じ内容をやられたらどうしょう」という事です。なんかヒドい出来でした。ドラマからの続きらしいのですが、いきなり映画から入ると、人間関係が全くわからず、全く感情移入できませんでした。予告の方が共感できた。なぜ映画と同時並行でテレビドラマをやっているのでしょうか?他のレビューでも書かれている通り、宣伝映画?映画をなめてる2時間という枠で収めきれなかったのか?だったら監督が無能てことですね。まだ映画としては恋空のほうがまし、だってまだエンディングがあるんだもん。原作を読んだ人は見ない方がいいですね。内容が半分以上ズレてるし原作にいない人が出てくるのは仕方ないとしても原作にいる人を死なせちゃだめでしょう。。ドラマ見なきゃ結末わからんとか映画じゃない、心の底からあきれましたね。あとコイツら中坊なんですよね!?壮絶な人生歩んでます。薬物依存症の母親がででくるんですがどうにも甘ったるい、以前ドキュメンタリー番組で見た方はこの程度じゃなかった、もう何もやる兆しがないような顔色も青白く見てて言い方は悪いが私も顔が青ざめた。携帯小説ってのはどうにもこういう重いテーマを押し込んで重厚感を出したいらしいけどいい加減これはノンフィクションとかいうのやめてもらえないかな?あんたらどんだけ壮絶な人生送ってるんですか。ドラマを1~2話みて、封切りの昨日映画を見ました。そして夜ドラマ3話を見ました。特に人がすぬシーンや自殺未遂シーンは納得がいかない。沙良は原作では実際に自殺未遂を起こしているが、陸は全く死とは無縁でラストは大学生になり、きれいな彼女もできて幸せに暮らしているのになぜ事故死なのだ。これは命を粗末にする映画なのか?麻美は続編(高校生編)destiny(ディスティニーズ)で芽衣をいじめている。社会人編precious(プレシャス)の部分まで中学生、高校生、社会人と年齢が上がっている様子が映画からは分からない。全部中学時代のような描き方もよくない有害である。映画自体についての感想は、二人に隠された秘密が明かされたものの、別に彼等が恋に落ちることを止める理由は何もなかった。なのになぜラストで別れたの??さっぱり理由がわからないままのエンドロール。「ここで終わり?」という気持ちとともに、私がどこか見逃して別れた理由がわからなかったのか。。と考えていたら、「to be continued」のクレジット。え?映画は映画だけで楽しめるつくりだったんじゃないんですか?結局、ドラマも見なきゃダメだよってことですか?なんですか、この作り方。そしてドラマ3話をその夜に見たら、映画でやったシーンを全て盛り込みつつ、詳細を描いてる。これ、映画を見に行く意味あるの?1700円も払って、映画でしか楽しめないシーン・ストーリ-はないの?ドラマのほうが人物背景、人間関係、人を好きになる過程が描かれてて、断然感情移入できるし、つじつまも合うって、どういうことなんでしょうか。お金を返して欲しい。そして、映画をわざわざ見に行く必要はありません。(断言できます)『結末だけカットされた総集編』を映画館でやっているだけです。をみましたがこの映画は中学生には発達段階を超える有害映画です。何の目的でこの映画を製作して上映しているのか?フジテレビも何のために放送しているのか対象年齢はまだ義務教育中の中学生で有害情報を中学生や高校生に与えて性のハードルを下げて性を暴走させるだけの映画にしか見えない。新の目的のある映画ではないからだ。中学生でもこんな芽衣のような中学生が一人でもいる学校ははレアケースである。芽衣のような生徒が学校に一人でもいれば、その中学校の生徒指導部は大変な事態になるのだ。中学生でも今は学校長の権限でいけない生徒は停学処分などで高校生と同じように学校に来させないことも自由にできる時代なのだが作者は学校教育現場の学校教育法の改正を知って書いていない。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中6

10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。産んだ後どうなるのか、あの女の子は、あの父親の男の子の人生は男の子が18歳になるまで2人は待ち続け、必ず結婚するのかどちらかの親が不自由なく育てればそれでいいのか赤ん坊はどんな環境でどんな問題を抱え、どれだけの精神的ダメージを受けながら育つ可能性があるのかとりあえず赤ん坊を死なせるような事が無ければそれでいいのか?人とは、社会とはそれでいいのかそれらを思えば、子供たちが協力して子供を取り上げるシーンが素晴らしいなど簡単には言えないはずだ、まともな大人なら。自分の子に性の目覚めるままに行動させ、生きさせて、責任も何も考えさせないのか。子供に良い映画だったと言うのなら産む事=命を大事にする素晴らしい行いだなどと考えさせるのは止めてもらいたい。これを見た小学生中学生に、「私ももし妊娠したら産みたい」なんてセリフを言わせるのではなく自分の歳で「もし妊娠したら…」などという事は絶対にあってはならないんだと教えてほしい。一つの命に責任を持って自分で育てていく事が大切であるからこそです。たとえ真剣にお互いが好き合っていても、今その思いのままに性行動する事、妊娠する事は愛でも何でもなく、互いを思いやれない無責任な行為なのだと私は子供に教えたいと思う。そのような事を考えました。この映画は大人の不甲斐無さはそれなりに描けていたけれど何かもう一つ抉れていない事と見る子供に、最後まで「命」が大事ならこうなってはならない本当に「命」と「自分」を大切にするならばこれではいけないという事がいまいち伝えられない表現のままでなにか、「これでもいいのだ」といった感じで美化したままに終ってしまったのが残念だと、私は思いました。。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート5

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月10日(土)11時21分14秒
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳面」に、、また非常に危険な中学生の恋愛記事が掲載された。非常に危険な中学生の恋愛記事そのまま転載。

=好きになる人にいつも彼女が・・・佐々本(15)=

少し前のことですが、3年間片思いしていたA君についに彼女ができました。甘利の悲しみに泣いていましたが、少し落ち着いたころ、新しい恋を見つけました。でもまた、その人にも彼女がいて・・・。どうして私は彼女がいる人ばかり好きになってしまうのでしょうか?かなわない恋、つらいです・・・。それに、あきらめたのに、なぜかA君を目で追ってしまいます。もう、ただのクラスメートに戻ったのに。別に好きでもないのに。これ以上新しい恋をしたくないです。今の恋、頑張ります。ですが、うまくいきません。失恋はつらいです。現在私は受験生なのですが、恋愛もうまくいかなくて、勉強もうまくいかなくて、嫌です。どうしたらいいか教えてください。よろしくお願いします。(西条市・女子)

西条の中学校、西条東中学校、西条南中学校、西条西中学校、西条北中学校、2度目の非常に危険な恋愛記事に今度は徹底調査に入る構えである。なおアンケートを取るといるの女子ばかりが好きな男子で悩んでいることは愛媛新聞ヤング落書き帳面で書かれているが、前の件で中学校や高校もアンケート調査を行うと男子は中3で65%、高校生では95%が彼女がほしいという回答が出ているがこれに対して女子は中3でわずか5%高3で15%だった。こんな状態で何で女子ばかりの投稿がヤング落書き帳に行くのか教育現場と少女コミックのコーナーのような「ヤング落書き帳」コーナーとの溝は深まるばかりである。なお大学生にも協力してもう愛愛媛大学のアンケートでは大学4年生でやっと男女同数の98%が異性の友達が欲しいと答えていることがわかった。ヤング落書き帳は文体が同じなうえに年齢の区別がない文章表現からやらせも入っていて。やらせであてられた校区はいつも大騒ぎになっている。魅力のある好きな子は男女ともに偏る傾向があり女子女子も男子は好きな子はクラスに1~2人に偏っている。「好きな子に彼女」はこれは普通に起って当たり前であるが時期が時期であり「現在私は受験生なのですが、恋愛もうまくいかなくて、勉強もうまくいかなくて、嫌です。どうしたらいいか教えてください。よろしくお願いします」という危険な面がいつもワンパターンで書かれているがここがいつも教育現場の先生を不安に陥れる原因になっていて教育現場がかき乱されているのだ。学校から連絡があれば愛媛新聞は堂々と実名を挙げるべきである。

=ヤン落デスクから=
◆好きになった人にはいつも彼女がいてつらいと佐々本さん。魅力的な人はみんなが好きですから、たいていそんなものではないでしょうか。自分に都合がいい状況が珍しいのです。
◆ですから、好きな人ができたら、とりあえずアプローチしておいてはいかがでしょう。結果はどうあれ、とにかく自分を知ってもらわないと話にならないと思いますけど・・・。
◆恋愛は振られてからが勝負です。(J)

今日の愛媛新聞に目を通してもらうとわかります。記事は他に良い記事は二つもありましたが他の記事へのアドバイスはなく恋愛記事だけにアドバイスばかりが集中しています。しかも◆の位置からの改行がおかしいのである。恋愛記事だけヤン落デスクはアドバイスしており非常に危険な傾向のコーナーになりつつあります。

「赤い糸」は主人公がひたすら不幸です。不幸の押し売り映画なのか?映画は納得できない部分が多くある。設定が高校生ではなくて中学生というのは絶対に無理である。何か、いいこと一つなかったような・・・可哀想でした。空恋に続く(他にもあった?)携帯小説原作の映画ですが、若い女性にはこういうのが受けいいんですか?親近感のある設定がシンパシーを生んで、さまざまな不幸イベントを友達に起きているかのように共有してしまう!?20台男の私には共感できませんでした・・・あとラストはどういう意味?むちゃくちゃな内容で共感できません今年度は「コドモのコドモ」「赤い糸」と小学生や中学生に有害な映画やテレビドラマが相次ぎました。本当に腹が立ちます。小学生や中学生の幼い青い性をおもちゃのように扱う国ニッポンになってしまった。アメリカや欧米先進諸国では15歳以下の性関係や出産、妊娠の映画やドラマは禁止されている。「JUNO」の16歳の設定はアメリカではぎりぎり許容ないの範囲なのである。「赤い糸」は生々しいと賞されながら、その実、大世離れな原作を、まんま世に送り出す事はしなかった。つまり、映画はとてもマイルドである。過激なアレもない。しかし中学生に有害な情報は十分に注いでいる。ご周知の通り、原作は『今の中学生ってここまでアレなの?』の、ド自堕落さがとにかく目に付く。ドラッグやアッチ(過激性描写)系の連発。比喩的表現、文脈で人を惹き付ける事もせず、ただもう乾いた表現で、ショッキングな事も加わり、それは覗き見的な、禁断の世界の興味を引く(多分)。“キワもの”と言って良し。例えば他の作品なら、バンド活動やスポーツの中に青春像を組み込む。“好いた、ハレた”以外にチャンと見せ場を創る。対してこの物語は“恋愛の他に見せ場がない”。“ムキ身”のテーマとでも言おうか。ずーっと『好いた、別れた』の世界。それはそれで良いのだが、それだけじゃ話にならない。結果、ドラッグやアッチ(過激性描写)系の話で刺激を与える。それが受けた…それだけの事なのだ。『赤い糸』はそうだった。ただし児童ポルノほうはケータイやインターネットの小説にも大きな影響は与え過激な性描写ものは控えるように警告が出てからは、続編高校生編「赤い糸destiny上・下」「赤い糸precious」完結編では並の大人しい表現に変わってしまっている政府の命令では作者、中宗根泉さんもかなわなかったようだ。『コレって実話って噂』の声もあるらしいが、どうなんだろう?実話なら、手間のかかる小説にせず、ドキュメントとして発表した方が、よりセンセーショナルだろう。まぁ、そんなマコトしやかな噂(多分)が出るのも、物語にあまりに空想性がなく、どこかニュースや雑誌で見た程度の“事件”しか起きない為だろう。しかし中学生がこれほどのことを現実にやるとビッグニュースになり芽衣や他の学校の生徒がかかわっている先生や学校長も首は瞬時に飛んでしまう。これは空想のファンタジーである「恋空」も現実と書かれていたが倒錯の空想話、ケータイ小説は幼稚園児がセックスして妊娠出産してもこれは実話ですというバカげたケータイ小説が激増している。ケータイ小説も制限を加える必要がある。まぁ、それは原作の話。今回、フジは映像化にあたってTVドラマを先行させた。素直に巧いと思う。“原作とは違うピュアな物語にしてます”そう宣言した。これに肩スカシを喰らった人は、もう付き合う必要はない。キュンときた人は、映画も大丈夫。そういう準備段階を創った。手抜かりないのは、映画はTVドラマを観たくなるような“仕掛け”をしてある。TVは、各登場人物によりスポットを当て、丁寧に立体的に、同じ話を描くのだ。かつ。 映画の続きを観たい方は、TVの最終話あたりを観て納得する形。(映画は1つの終わり方がある)“フジは、青少年にドぎついドラマは売りにしません、戦略で勝負します”そんなことはない。中学生のドラッグや夜遊び深夜徘徊は十分に有害な情報を与えて過激なドラマになっている。テレビドラマも映画はドぎつさ、過激なアレ(過激な性描写)は全くない。芽衣、敦史ともに、アバズレなど縁遠く、極めて清純。特に淳史は原作のアツシではなく、真面目で、母の薬物依存に心痛める、等身大の少年である。だからこそこの2人、微妙なスレ違い、誤解に揺れ動く。しかし中学生の大恋愛自体が中学生の発達段階を無視している。南沢奈央、溝端淳平のイメージも舞台あいさつのラブシーンを生で行いぶち壊した。とても繊細な心の様、それがメインに描かれて行くのだ。お父さん、お母さん方。お子様が『【赤い糸】を観てくる』と言うとやはり警戒する必要がある。原作が【赤い糸】である以上、薬物シーンや自殺、恋人の暴力といったシーンがある。それは他の中学生向け映画は見られない過激なものだ。『それでも、まっすぐに生きなきゃ』と言う、若いひたむきさがみられるというバカげたキャッチフレーズまであるのだ。チャンと心救われる映画に仕上っていない有害映画だ。“適度に”危険シーンオンパレードである映画。それが「赤い糸」だ。原作の毒は抜けても作品の中身が駄作で子供に与える有害情報からは抜け出せていない。これが問題になった。“過激さを抜くなら、【赤い糸】である必要はないのでは?”そういう疑問が沸いてくる。今作は、原作の流れを“キレイに”さらったダケ、つまりは毒のない【赤い糸】なのだ。ただし過激な性描写がないだけである。原作の不快なインパクトを、“揺れ動く心”の描写で補い切れたかと言うと…?である。原作を抑える事を良しとしながら、なんともジレンマなのだが、つまり、ソッチ(過激な性描写)系ではない強い見所を加えなければ、“この作品でなければ”という、愛着は沸かない人が多いロリコンと思われる中年のおじさんたちの数が半数を占めた映画館もあった。この原作の映像化そのものに、無理があったのかも知れない。恋愛模様しか展開されないドラマは、展開のストレートさが目に付く。これが中学生なのかという面が多い本当に刑務所にびち込んでやろうかと思うシーンは満載だ『コイツら好いた、ハレたしかないんかい』と。原作の知名度を利用し、“形だけ”の【赤い糸】を、ブームにのせて創ったそれが真実かも知れないが、とにかく独自性はない。“適度に”だから、それなりの見所もない。淳史の画になるたたずまい。芽衣のクリクリ目の芯強さも何かアンバランスである、次第に目が行くキャラがへんに描かれている。そして、1992年2月29日と言う特別な日をよりどころにして、紡ぎ上げていく、現代味のピュアな“想い”はどうか。1992年は阪神淡路大震災があった大変な年で村山内閣が崩御した年なのである。TVと同じキャストだから、どうなんだろ?と思った役者力も新鮮さに欠ける。とにかく、原作よりもTVドラマが好みの方には、安心して観られる作品ではない。映像化にあたり、原作のどぎつさに頼らず、“戦略”は中学生により過激有害情報を注ぎ込んでいる。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中3

小学生や中学生の出産や妊娠の映画たテレビドラマは「いやなら見なければいいだろう」で済むと思ったら痛い目にあいますよ。直接的な影響だけではなく間接的な影響も考えてくださいよ。映画観ました。つまんなかった。コドモを馬鹿にするな!!とも思いましたね。劇中の性教育だって「コミニュケーション」とか教えてましたよ。これを見た親が、「性教育はもっと早くからやるべきだ」なんて言い出すんじゃないかしらね。言いだすと逆効果が起きて余計に子供の性が暴走する悪循環が起きる。大人が子供の無邪気な力に触れて感動したくてつくった映画。子供のためにはならないね。性交シーンとかはないから18R禁止にはならないんでしょうね―残念ながら。ひどい映画作ったモンだね。小学生の性行為は認められてるのですか?倫理を置き去りにして感動もないでしょ。観終わって「何故、この原作を映画化しようと思ったのだろう?」という疑問が頭から離れません。原作の漫画は連載の途中で無責任な出版社によって連載が停止。「子供が子供を生む」という現実的にもある(実際に多くの国であること)親にはショッキングな内容だっただけに何の決着も無く終了というのは、非常に残念なことでした。そのことに決着をつけようという意思があるのであれば
もっとテーマを掘り下げても良さそうなものですがこれでは単純に面白がって映画化しましたと思われても仕方の無いことだと思います。これでは倫理の欠如を問われても仕方の無いこと。その点をもっと考えた脚本であれば良かったのですが子供たちの演技の素晴らしさ以外に、この映画から得るものは私には無かったようです。監督並びに制作関係者がまさにコドモのコドモである。このようなケースの子供を美化していい訳がない。誰でも自分の子供が同じ様な状況になったら、こんな内容許せるはずがない。大人が見ればファンタジーで済むけど、子供は影響受けやすいんだから常識的に考えてほしい。制作者側は、あえてこういう問題映画を作れば話題になり、みんなが興味を持つってのが意図だろう。何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。私はマスコミ試写会できちんと映画「コドモのコドモ」を見て感想を書いている。映画の試写会に参加した人の中には多くの城英反対の声があがりましたが反対の声は無視されて映画は強制上映ですPG-12、R-18の指定もありません。ただしマイナーな単館映画で上映するという条件付きでした。単館映画でも今はシネマ・シンジケートができてその第一弾が「コドモのコドモ」です。単館映画でもこれから全国で見られますから。見ていても絶対に起こらない10才の小学生同士での性交での妊娠や教育現場や医療現場が完全にバカにされ現実離れしすぎであり主人公が妊娠により追い詰められる場面もなく物語に重さがないと非難が続出です。「YASUKUNI」以上に「コドモのコドモ」は悪質です「くっつけっこ」で妊娠するとか、大人に頼らず子供たちだけの力で赤ちゃんを守るとか、社会的な悪影響は相当なものだと思うんですけど・・。妊娠とか公共の場所でのセックスを描いた「純愛」映画の「恋空」にしても、なんで市民団体や政治家はこういう作品は問題視しないんでしょう?「感動」という言葉でカモフラージュしているぶんタチが悪いと思いますが。児童ポルノ法改正で騒いでいる議員は、コレはなんとも言わないの?アニメは「キモくてダメ」といっているけど、コレも考えてみれば十分キモイ。…吐気もする。こんな内容でしか「生命の重さ」を表現できないとは日本の映画界も終わったな。だいたいやる前から問題作って言ってる時点でおかしい。悪影響は間違いないのに誰に観てもらいたいんだろうか。こんな内容でしか「生命の重さ」を表現できないとは日本の映画界も終わったな。だいたいやる前から問題作って言ってる時点でおかしい。11歳の孫がおります。何でも知っているようで、まだまだ子供です。こんな日常生活の延長で遊びのように「くっつけこ」してる映画なんて本気で許せません。しかも子供だけで守ろうなんてフィクションにしてもおかしすぎ。まともな子は誰もいないという設定ですか日本では小学生の出産は14才いなの出産が激増しているにもかかわらず、ここ十数年間起きていません。起きていない小学生の出産を描くこと自体が許せません目的もわかりません。協議にもなりません。日本は14才以下の出産は1970年に比べると悪魔の教育となった性教育の影響で2006年は42件、2003年は「14才の母」の影響を受けて43元と激増している。しかし、小学生の出産はここ十数年間も起きていない。起きていないことを何で映画化するのか。起きていないことを描いて問題提起などはできない。2007年は14才以下の出産は43件あったが41件は中3の14才と中2、中1の出産が2件あった。しかし小学生の出産は0件だった。小学校5年生が出産衝撃で問題いっぱいの幼い奴らの物語、命の大切さ友情、団結、子供の成長、あなどるな子供達の力という映画のキャッチフレーズは完全におかしいではないか。突っ込まればきりがない超問題映画だ。「14才の母」の問題とは比較にならない。「コドモのコドモ」は見なくても多くの学校教育現場に悪影響を与えていますね。小学校5年生で男女合同宿泊の件で「コドモのコドモ」の原作漫画を読んだ親達が危険だから男女合同宿泊がモンスターペアレントのような親達が出現してウザくなってきたのですよ。小学校5年生になると全員が子供を作れる体になるというひどい性教育的な間違いがあるからです。小54月で精通する男子はデーター調べてもありません女子の生理さえも小54月では40人に一人以下です。子供が性交しても、できるわけはないのです。誤解を保護者達に与えてしまっています「コドモのコドモ」はいやなら見なければいいだろうという問題ですまないのですよ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート4

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月 9日(金)11時03分52秒
  主人公がひたすら不幸です。何か、いいこと一つなかったような・・・可哀想でした。
空恋に続く(他にもあった?)携帯小説原作の映画ですが、若い女性にはこういうのが受けいいんですか?親近感のある設定がシンパシーを生んで、さまざまな不幸イベントを友達に起きているかのように共有してしまう!?20台男の私には共感できませんでした・・・あとラストはどういう意味?今の学生ウケを狙って作ったんでしょうが内容が薄い…フィクションだから突っ込み所満載ですが敢えて言いませんもっともっといい映画あるし携帯を手放して文庫本を読んで下さい。映画館で見終わって切実に「お金を返して欲しい」と思えた初めての作品です。1 原作の改悪。原作も魅力のある話ではないですが、それでもヒロインにはバカな子なりの魅力がありました。しかし、映画版では中途半端に「ピュアな子」に設定され、毒にも薬にもならないキャラクターに変更されています。また、原作では死なないキャラクターを自動車に轢かせて盛り上げようとする安直さにも閉口です。轢かれた瞬間に隣のカップルがニコニコとしていたのが印象的でした。2 魅力のない主人公たち。1でも触れましたが、ヒロインの中途半端ないい子ぶりに閉口します。そして何よりも解せないのが、アツシもメイも何故か「昭和のにおい」がするんです。セリフが今の中学生・高校生っぽくないんです。「中学生に見えない」という感想は、役者の体つきだけでなく、その中学生らしからぬ発言もアシストしてます。そんな中にも、今時っぽい中学生の日常が要所要所で混ざったりして何ともいえない奇妙なことになっています。主演二人の演技が下手という意見もありましたが、あの台本ではどう演じていいのかわからなかったのではないでしょうか。役者のせいにするのは酷かもしれません。3 トゥビーコンティニュード色々な方がレビューで触れていましたが、結局はTVドラマのダイジェストでしかないということです。もちろんダイジェストなので登場人物の感情はほとんど負えず、唐突な出来事や、アツシから漂う昭和のにおい、半端にいい子なメイのキャラに驚かされているうちに、あれよあれよという間に時は過ぎ、HYの主題歌が流れてきます。そしてとどめは「トゥビーコンティニュード」・・・。あとはドラマで???知らないで観てしまった身からすれば本当「お金返して」です。フジテレビさんはティーンエイジャーから小銭を巻き上げれればそれでいいんでしょうか。そういう意味ではTV局のなりふり構わない姿勢は伝わってきましたよ。映画やテレビを見た人からYAHOOレビューからも不満の声が多く噴出している。原因は「赤い糸」事態がまだ義務教育中の中学生の体と心の発達段階にあっていない。高校生でさえ厳しいドラマなのだ。今の中学生日記は2008年は校内暴力やいじめは小中高とも過去最高になったのにNHK教育テレビの「中学生日記」は中学生の問題などはそっちのけであり、フェミニストやジェンダーフリーが喜ぶ恋愛ストーリーばかりでもう中学生日記はやめてほしいと苦情が相次いでいるまたNHK教育テレビ天才てれびくんMAXも中学生特集や木曜生放送「うきうきラブアワー」で男女のケータイメール交換を指導するなど今はケータイは小学生も中学生も高校生までも持ち込み禁止の券が増えているのに天才てれびくんMAXも中学生特集や木曜生放送「うきうきラブアワー」に非難が相次いでおり学校ぐるみで視聴を中止するというバカげた現象をNHK教育テレビは起こしてしまった。「赤い糸」はこのような番組の延長線上にできたものであり、中学生では起こらない無理な出来事なのである。恋空でさえ非現実的と非難されているのに対象を中学生に下す加減知らずのスタッフのバカ興収入のことしか考えない。正月映画は恋愛物はSFに完敗した。これは子供を持つ親たちからの反発かもしてない。「コドモのコドモ」「14才の母」「赤い糸」「恋空」といった問題作は今後はもう2度と映画やテレビドラマでは制作してほしくない。子供の性の価値観やモラルを低下させて性のハードルが日本の子供たちは外国の子供たちに比べてはるかに低下しているのだ。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中3

子供は産んだものの、一番大切なのは自分の人生という親が増えてきた。育児に自分の人生の時間を取られる事を、「リスク」だと言ってしまう女性達。生きたいように生きる為に子供はほったらかし。鍵を渡して、ご飯はレンジでチンさせて。今日学校であった事、聞いてほしい話を子供がしようとすれば「お母さんつかれてるから明日ね」と言ってそのまんま。自分のやりたい事が最優先になれば子供が毎日どんな出来事の中でどんな気持ちをもって生きているのかには無関心になっていく。もっと酷いのは、産んでいきなり赤ん坊を保育施設に預け、仕事、付き合いに没頭。子供に熱があろうが面倒見るのは保育所の先生。髪をふり乱して子供の為に過ごす日など一日もありはしない。そして育児はしようとすれども育てられず。夜鳴きが続けば簡単にまるで流行り病のように育児ノイローゼになりお人形みたいにじっと大人しくしていてくれない、言う事を聞かないといっては行き過ぎたせっかんで殺してしまう。こうした子供ほったらかし、育児出来ずの大人が多くなってる現代大人よりも、世間知らずゆえの真っ直ぐさで事を貫こうとする子供の方が人間らしいのではないか?そういう事がこの映画の言いたい事じゃないのかと、私は思いました。しかし子供が子供を産むなんて事があってはなりません。命が大切だと言うならなおの事。自分達の力で何不自由無く責任を持って育てていけるそういう年齢、社会的立ち位置に立たなければ命を創る事などしてはいけない。それだけはしっかりと映画の中で答えを出さなくてはいけなかった。レビューの中には子供達が力を合わせて出産に携わるシーンなどを手放しで素晴らしいと評価している方がいますが
それは大人としてあってはならないと思います。妊娠、出産、命、こんなテーマを上辺だけて美化して評価するなど大間違い。物事はどんな事でも、その立場、年齢、状況によって素晴らしい事になったり悲惨な事になったりと変化するんです。頼むから上辺だけの美談で素晴らしいなんて言わないでもらいたい。産んだ後どうなるのか、あの女の子は、あの父親の男の子の人生は男の子が18歳になるまで2人は待ち続け、必ず結婚するのか
どちらかの親が不自由なく育てればそれでいいのか赤ん坊はどんな環境でどんな問題を抱え、どれだけの精神的ダメージを受けながら育つ可能性があるのかとりあえず赤ん坊を死なせるような事が無ければそれでいいのか?人とは、社会とはそれでいいのかそれらを思えば、子供たちが協力して子供を取り上げるシーンが素晴らしいなど簡単には言えないはずだ、まともな大人なら。自分の子に性の目覚めるままに行動させ、生きさせて、責任も何も考えさせないのか。子供に良い映画だったと言うのなら産む事=命を大事にする素晴らしい行いだなどと考えさせるのは止めてもらいたい。これを見た小学生中学生に、「私ももし妊娠したら産みたい」なんてセリフを言わせるのではなく自分の歳で「もし妊娠したら…」などという事は絶対にあってはならないんだと教えてほしい。一つの命に責任を持って自分で育てていく事が大切であるからこそです。たとえ真剣にお互いが好き合っていても、今その思いのままに性行動する事、妊娠する事は愛でも何でもなく、互いを思いやれない無責任な行為なのだと私は子供に教えたいと思う。そのような事を考えました。
この映画は大人の不甲斐無さはそれなりに描けていたけれど何かもう一つ抉れていない事と見る子供に、最後まで「命」が大事ならこうなってはならない本当に「命」と「自分」を大切にするならばこれではいけないという事がいまいち伝えられない表現のままでなにか、「これでもいいのだ」といった感じで美化したままに終ってしまったのが残念だと、私は思いました。。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。小学生の出産はここ15年間以上も起きていない。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート3

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月 8日(木)12時42分54秒
  愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーに高校生ではあるが非常に危険な恋愛記事が掲載された。高校生ではあるが非常に危険な恋愛記事転載。

=大好きな彼氏と過ごす毎日幸せ 深兎(17)=

私には今大好きな彼氏がいます。今の彼氏彼氏と出会ってから、私の毎日はすごく楽しくなりました。彼が私のすべてを好きだと告白してくれたからです。私は、前に付き合っていた人に殴られたりすることがありました。ひどいことも言われました。私はこのことをきっかけに、どうせ男はみんな同じだと考えるようになりました。でも、それがなんだか寂しくて、好きでもない人と付き合って、すぐ別れの繰り返しでした。でも、今の彼は私がため込んでたことをすべて聞いてくれて、今までのことを詳しく話しても軽蔑(けいべつ)もせず、励ましてくれました。それからしばらくたったとき、好きだといわれました。私はすごく悩んで付き合うことを決めました。最初は不安ばかりでしたが、今では毎日が幸せで、すごく大事にされていることがわかります。私の親や兄弟は、どうせまたすぐわかれるとか言ってわかってくれません。無理もないなとは思っていますが、分かってもらいたいと思います。(喜多郡・女子)

人口の少ない喜多郡は今日はHRから大騒動だ喜多郡には長浜高校と内子高校の2校しかない。この高校生の少女は複数の男子生徒とすでに性経験を結んでいる可能性が高い。国語能力の高い人は「前に付き合っていた人に殴られたりすることがありました。ひどいことも言われました。私はこのことをきっかけに、どうせ男はみんな同じだと考えるようになりました。でも、それがなんだか寂しくて、好きでもない人と付き合って、すぐ別れの繰り返しでした。でも、今の彼は私がため込んでたことをすべて聞いてくれて、今までのことを詳しく話しても軽蔑(けいべつ)もせず、励ましてくれました。」この部分を見逃さないだろう複数の男子生徒と性経験の可能性があるのだ。この少女の書いていることは今問題作とされている映画やテレビドラマ「赤い糸」の危険な世界に似ている。喜多郡は中学校も高校も生徒指導はきちんとするように努めているが、どうしてこのようなことが出たのは理解できない。松山市の先生達は愛媛新聞社に行っても「個人のプライバシーにかかわることは新聞社の名誉にかけても言えません」と教育現場の先生の言うことは受け入れない。毎日送られる危険な恋愛記事に喜多郡の高校の先生達は生徒指導部は生徒一人一人個人相談もして人物特定を急いでいる。なお中学校と高校のアンケートを取ると異性への関心は中3で男子は70%女子はわずか7%があると答えている。高校生3年生でも99%以上の男子はあると答えているが女子はまだ17%しかいないこともわかりなぜ恋愛記事が100%女子なのか各学校の先生達は頭を悩ませている。少女コミックのようなコーナーはやめろと言っても寝耳に水の愛媛新聞に学校教育現場は怒りを感じている。

「赤い糸」を製作した物は頭がおかしい。作ったやつは、謝罪しろ。中学生の青い性に有害情報を与えて子供の性を暴走させただけだ。2008年は14歳以下の出産は45元と3件も増えた。中314歳と中2が42件中1が3人といずれも増加、小学生は0件であり問題にはなっていない。今年度は「コドモのコドモ」や「赤い糸」など有害映画が相次いだためにまた14歳以下の出産が増加したといえる。1970年はわずか9件だったので大変な激増である。小学生の出産は16年連続0件だった。中1が3件と一件増えたのが気がかりである。中314歳と中2が43件は日本では多すぎる。小学生が0件だったのが救いである。もう小学生や中学生の妊娠や出産、キスなどのラブストーリーはテレビドラマや映画では描かないで欲しい。ドラマ観てるのでレディースデーに観にいきました。前半30分位はドラマの総集編のようなものでした。ドラマ見てる私としては映画もすんなり楽しめましたが…友達の自殺未遂辺りから「??」の連続でした。ちょっとした勘違いで友達が自殺未遂騒ぎを起こしますが「そんな事でしんじゃっていいの??何もじさつするような事??」と簡単に自殺しようとした友達に呆れてしまいました。主人公の彼氏もとっても簡単に事故死してしまいます。なんとゆうか…命を粗末に扱い過ぎた映画ですね。でも主人公の女の子は地味だけど若い頃の山口智子に似ててとてもいい女優さんだなと思います。1番気になるのが…「この先やるドラマで映画と同じ内容をやられたらどうしょう」という事です。なんかヒドい出来でした。ドラマからの続きらしいのですが、いきなり映画から入ると、人間関係が全くわからず、全く感情移入できませんでした。予告の方が共感できた。なぜ映画と同時並行でテレビドラマをやっているのでしょうか?他のレビューでも書かれている通り、宣伝映画?映画をなめてる2時間という枠で収めきれなかったのか?だったら監督が無能てことですね。まだ映画としては恋空のほうがまし、だってまだエンディングがあるんだもん。原作を読んだ人は見ない方がいいですね。内容が半分以上ズレてるし原作にいない人が出てくるのは仕方ないとしても原作にいる人を死なせちゃだめでしょう。。ドラマ見なきゃ結末わからんとか映画じゃない、心の底からあきれましたね。あとコイツら中坊なんですよね!?壮絶な人生歩んでます。薬物依存症の母親がででくるんですがどうにも甘ったるい、以前ドキュメンタリー番組で見た方はこの程度じゃなかった、もう何もやる兆しがないような顔色も青白く見てて言い方は悪いが私も顔が青ざめた。携帯小説ってのはどうにもこういう重いテーマを押し込んで重厚感を出したいらしいけどいい加減これはノンフィクションとかいうのやめてもらえないかな?あんたらどんだけ壮絶な人生送ってるんですか。ドラマを1~2話みて、封切りの昨日映画を見ました。そして夜ドラマ3話を見ました。特に人がすぬシーンや自殺未遂シーンは納得がいかない。沙良は原作では実際に自殺未遂を起こしているが、陸は全く死とは無縁でラストは大学生になり、きれいな彼女もできて幸せに暮らしているのになぜ事故死なのだ。これは命を粗末にする映画なのか?麻美は続編(高校生編)destiny(ディスティニーズ)で芽衣をいじめている。社会人編precious(プレシャス)の部分まで中学生、高校生、社会人と年齢が上がっている様子が映画からは分からない。全部中学時代のような描き方もよくない有害である。映画自体についての感想は、二人に隠された秘密が明かされたものの、別に彼等が恋に落ちることを止める理由は何もなかった。なのになぜラストで別れたの??さっぱり理由がわからないままのエンドロール。「ここで終わり?」という気持ちとともに、私がどこか見逃して別れた理由がわからなかったのか。。と考えていたら、「to be continued」のクレジット。
え?映画は映画だけで楽しめるつくりだったんじゃないんですか?結局、ドラマも見なきゃダメだよってことですか?なんですか、この作り方。そしてドラマ3話をその夜に見たら、映画でやったシーンを全て盛り込みつつ、詳細を描いてる。これ、映画を見に行く意味あるの?1700円も払って、映画でしか楽しめないシーン・ストーリ-はないの?ドラマのほうが人物背景、人間関係、人を好きになる過程が描かれてて、断然感情移入できるし、つじつまも合うって、どういうことなんでしょうか。お金を返して欲しい。そして、映画をわざわざ見に行く必要はありません。(断言できます)『結末だけカットされた総集編』を映画館でやっているだけです。をみましたがこの映画は中学生には発達段階を超える有害映画です。何の目的でこの映画を製作して上映しているのか?フジテレビも何のために放送しているのか対象年齢はまだ義務教育中の中学生で有害情報を中学生や高校生に与えて性のハードルを下げて性を暴走させるだけの映画にしか見えない。新の目的のある映画ではないからだ。中学生でもこんな芽衣のような中学生が一人でもいる学校ははレアケースである。芽衣のような生徒が学校に一人でもいれば、その中学校の生徒指導部は大変な事態になる。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中3

映画「コドモのコドモ」を見てYAHOOレビューを見て批判論を書いている人に意見は通ているが肯定的な意見を書いている人は意見の筋が通っておらず突っ込みどころ満載である。YAHOOレビューを見るとこうもこのような意見があったので、感じ、思ったことを素直に書かせてもらいます。この映画では人間の愛情、家族や友人を思うことの美しさを感じることができません。おばちゃんに妊娠していることがバレてしまうシーンでの会話、居間で母親に抱かれながらの会話、おじいちゃんの「子どもは宝」という台詞。こんなことは現実とはまっさかさまでありいい加減な政策の仕方に腹が立つ。映画の良いところはSF、寓話ファンタジー、ドキュメント、ステレオタイプ、教育的配慮の映画の狙いがはっきりしていないといけない。一番いけないのは非現実であるところを現実的に子供に思い込ませる映画です。映画の中では僕らが生きている現実の世界では感じられないもの、夢や理想をとても身近に感じ、楽しむことができる。しかし区別ができない映画は駄作である。「コドモのコドモ」には映画の醍醐味が全くないから評価も低く映画もコケたのだ。この映画は一般的に考えられる余分な物をかき混ぜていて、人間が持っている悪い面をまっすぐに見せる悪質な映画である。この映画を現実的でないと批判をする方々は正しい。本当に映画を好きな人たちである。子どもに対する影響だが、この作品を見る人間の多くが大人なのだが、子供たちもR指定がない以上は何人か見ている議論する必要は大いにある。僕が見た時も、空白席が多かったが全員が中高年の男性ばかりだ。着た人はほとんどが話を聞いていると「あの子がかわいいな」という言葉が聞こえる。ロリコンおじさんたちなのだ。そして原作と変えられていることロは多くあるが内容はほぼ一緒です。すべてのシーンを再現して映画にすることは不可能です。映画として成り立ちません。「現実、現実」と繰り返す人ほど本当に現実を見ています。くどくこの映画を肯定する人は現実が見えていません空想の世界の妄想にふけています。現実に苦しんでいるからこそ、冷たい世の中のことを忘れられる何かを人は望むはずです。しかし「コドモのコドモ」は小学生の出産というここ15年以上も起きていない現象で問題にもなっていないことを映画化して問いかけても性教育にも全くなりません。映画「コドモのコドモ」は現実ではなかなか見ることのできない、とても大きな愛情に包まれているように見えるが実は全く逆であり現実の世界に変えるとさらに心は冷えます。小学生の出産はここ15年以上も日本は起きていないが子どもが子どもを作ってしまったら小学生どころか中学生でもほとんどは中絶する。この社会では生きづらくなってしまう質合も悪くなる、これを「どこか違うように思えます。命を軽んじているというかなんというか」という考えのものが多く子供の出産を認めると日本はたちまち貧乏な国になり国は崩壊する。私は映画を見終わった時良い気分が悪くなった。みなさんはどうでしょうか?見て気分が悪くなったと答える人が映画を一緒に見た人は言っているのです。日本は14歳以下の出産は1970年はわずか9件だったが悪魔の教育となった性教育の影響で激増した2006年は42件2007年は「14才の母」の影響で43件と増えた。しかし小学生の出産はここ15年以上は起きていない。2007年の14歳以下の出産は中3の14才と中2で41件、中2が2件あったが小学生は0件だった14歳以下の出産は毎年今は中3の14才と中2で40件前後、中1は2~5件起きている。しかし小学生の出産はここ15年以上も起きていない。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート2

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月 7日(水)11時31分4秒
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーに危険な高校生の恋愛記事の返信が掲載された。危険な高校生の恋愛記事の返信そのまま転載。

=本当に好きなら彼に話しかけて 千里(16)=

12月21日付「好きな人に彼女 どうすればいい」のみのもざさんへ。私も、好きな人に彼女とまではいきませんが好きな子がいて、好きな子がいて、付き合う数全だという似たような状況になっています。しかし、私は彼をあきらめきれないし、彼のすくなこと仲良くないし、私はとても負けず嫌いで強情なところがあるので、メールとかしてみたりとかして、彼を私に振り向かせるように頑張っています。みもざさんも、私みたいに勇気を持って彼女から彼を奪えるように、彼女にいないところでいろいろ積極的に話しかけるなどして頑張ってみてはどうでしょうか?それか、やはり奪える勇気がないのなら彼女と彼が分かれるまで待って、2人が別れてから彼にまずは簡単な会話を交わしてみたりして、徐々にお互いを理解しあい、付き合えるように頑張ってみるのはどうですか?(伊予市・女子)

この千里さんという女子高校生のアドバイスは非常に危険で伊予市の高校ではHRから先生達はこれまでにない大掛かりな調査を始めている。男女のトラブルは中学生も高校生も激増しており女子が一人の男子をめぐり5人の女子は集団で一人の女子をリンチした事件がある中学校で起こり高校や中学校では恋愛を相次いで禁止する高校が増えて恋愛トラブルは最近は激減しているが。愛媛新聞が恋愛トラブルの基になる恋愛返信記事を投稿するとは何事かと反発が起きている。「なぜいつまでもヤング落書き帳を続けるのか若者に役立つ記事ならいいが恋愛時期は一件でも乗ると大変な事態を招いている。しかも今回は女子が一人の男子の奪い合いのトラブルのもとになるとんでもない記事に伊予市の高校、伊予高校、伊予農業高校、中山高校はもう愛媛新聞には送っても寝耳に水のメールを送ったりHRでの生徒指導など今日は大変な事態が続いている。
=ヤン落デスクから=

恋愛は今の日本では唯一といっていいほど、自然界に近い自由競争が残されている分野ですから、そうゆう選択もありますよね。みなさんの恋愛術を教えてください。投稿は住所、氏名、年齢、性別、ペンネーム、電話番号を明記して、Eメールtoko@ehime-np.co.jpまでお願いします。(j)

このヤン落デスクの指導も人間を動物と同じに例える危険な指導であり人間はとの動物と違い知性が何万倍もある動物であることを忘れている。人間が自然界の動物のように恋愛ばろるを始めると人間は滅亡してしまう。こんなことを考えてヤン落デスクは「恋愛は今の日本では唯一といっていいほど、自然界に近い自由競争が残されている分野ですから、そうゆう選択もありますよね」と言っているのだろうか。これは国家解体を示す言葉である。しかも朝鮮民主主義人民共和国の若者は楽しみはセックスだけというひどさで、すぐにセックスの走っている。日本を朝鮮民主主義人民共和国にする狙いも感じられるこのヤン落デスクのひどいアドバイスは許せない。愛媛県民も考えないといけない。

映画「赤い糸」を見て日の様に事件が起き、これでもかと不幸が襲ってくる。「フィクションだから」と片付けてしまうのは簡単だがそれでいいのか? こんな中身のない「携帯小説」という駄文を読んで、良い「書籍小説」を読まずに成長していく子供たちはどうなっていくのか考えてしまう作品。唯一期待するのは、映像化したこの駄作を観て「携帯小説」の中身のなさに気付いてくれる人が一人でも多く増える事。そうならなければ何の救いもなくなってしまう。「赤い糸」は批判を書くためには映画を見ておくことは必要不可欠だ。東京の映画館11時40分、他作品と同時に、17時35分上映開始分のチケットを購入。受付スタッフ「全席あいております。お好きな席を、どうぞ(満面の笑み)」私の心の叫び「えっ、ヤッター公開2日目だよ。しかも日曜日だよ。ネット予約システムあるよね。それなのに、大コケ確実??全席あいてるとはどうよ」と期待感は高まるばかりでした。案の定、空席の予感は、幸いにも上映開始前にわかりました。私が見たひとつ前の回も、ふたつ前の回も、空席だらけで半分以上が開いている。私が見ている回も、若いカップル、女性連れが多いかと思いきや、中年のロリコンおじさんたちのほうが多かった。(シネコン88席と座席数の少ない劇場をあてがわれていたのですが)空席を予測して、映画館のハードルを下げきっていた乃は正しかった。携帯小説で、ここまで反感を買ったケータイ小説は初めてです。特に、溝端くんの役柄の気持ちなんかは全く描き切れていません。こんな映画で涙なしには観られませんでしたという人はあほらしい。ちなみに携帯作品でこんな堕落したドラマや映画は初めてです。「恋空」の5分の一以下の出だしからもわかる。なんで、こんなに感情移入をしていた人が多いか、多くはないがこれは映画やテレビ局の宣伝である。作品をこまめに見て非難論が十分に書けるように浸ってしまったのか、帰りながら振り返ってみるとストーリーに入っている要素は、従来の携帯小説とかなり改変されている点が多い。陸軟化の改編は悲惨である。悲恋とか死とか。決定的に違ったのは、露骨にお客様を泣かしにいくかいかないか。登場人物が死んだり、失恋したりするシーンばかりである。ダラダラドラマをひっぱりしすぎである。一瞬で、場面転換する方式もよくない。
だから、どんな思いだったのだろうとか、ここから場面転換までの間に、なにがあったのだろうかとか、想像を膨らましても何せ設定が中学生、本当の義務教育中の中学校の出来事なら大事件である。つまり、空想世界が、無限に広がってしまって、結果として、お客様は勝手に、登場人物たちの感情を深く考えてしまい、感極まってしらけてしまい感涙する場面もない中年男性が多かったから仕方がないか。ただし製作側が、そこまで計算をしていたかというと、それは疑問です。テレビも同時進行しています。わたしは、まず原作小説5部作をこまめに読みテレビドラマや映画を見て感想を書いている。前日放送分含めテレビドラマも鑑賞して、公開前のテレビ分から、映画後のテレビ分につなげるために、映画の2時間の尺は短すぎる。だから、総集編のようにダイジェストっぽくなっている。となると、テレビでは深く掘り下げ、見ている側が「しつこいよ」と思うようなシーンであっても、映画ではサラッとしている。「恋空」に比べるとドラマも味気ないという人が多く中学生という設定に大きな無理があるという人が圧倒的に多かった。映像で描かれない見えない部分は、お客様に想像してもらうしかなくなり、それが膨らみ変な方向に行ってしまう。苦肉の策が、まったく裏目に出た感じである。フレッシュな役者も中学生という無理な設定でぶち壊れてしまった。南沢奈央さん。『山桜』『シャカリキ!』映画2作連続でパッとせず、「赤い糸」でもぱっとしない、テレビのスケールがフィットするんでしょうね。悲鳴の声質など、細部で気になる点はありましたが、すんごくなっとくできなかったです。役柄の行動には、男性として、理解できない部分もありました。岡本玲さん。実は同作、若いお客様を動員する上で、キーになるのは彼女だと睨んでました。ずばり、それは『恋空』主役、新垣結衣さんと同じニコラモデル出身者で、ガッキーの記録を塗り替えるほどの、人気を獲得していたから。『憐』『仮面ライダー キバ』と真面目で、どちらかと言えば暗い役ばかり。今作、髪の毛の色も変え、みんなのムードメーカーで、明るい甘えん坊役。はあっていません。笑顔は作られた笑顔です。悲しい表情の上手さはこれまでの作品の中でも最低です。何のために出演したのかわかりません。石橋杏奈は完全に期待外れ。『きみの友だち』主役で、かなり期待してたんですが、セリフ・カメラ映りともに、パッとしませんでした。自分と同年代の、いい子ちゃん役。普通すぎてやりにくかったのかもしれません。涙を拭き、鼻を啜りながら、上映終了。となる映画が全く逆で映画が終わると中年おじさんたちが多くすぐに席を立たってしまった。10分足らずで映画館は空っぽになった。あれこれと、映画の感想を話してるんです。いやぁ、こん菜くだらない映画の感想は初ですよ。作品にもがっかりしましたけど、この光景にもがっかりしました。中学生という無理な設定で中年のロリコンおじさんを狙った映画は良くないですね。「これ、テレビ見てないと、わかんないよね」映画観る人もなにがなんだかわかりませんよね?批判を大前提に、作品はフルスロットルで進み、登場人物のつながりや、描写はほぼカットされています。が中学生に喫煙や飲酒、ドラッグと有害情報を注ぎ込みすげです。予告編を何回も観ているか、テレビを見ていないと、さっぱりわかんない。定期購読している愛読雑誌では、評者全員が★で大酷評でした。いやぁ、これも初めてです。映画の続きは、引き続き、テレビドラマで観手も仕方がないですみんなネタばれです。ラストは社会人の成長した芽衣と淳史は結婚して妊娠して子供も授かり最高のプレゼントとなり完全なハッピーエンドなのです。「赤い糸」は「恋空」も駄作でしたが。「赤い糸」はその何倍も駄作です。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中2

この映画を制作した人たちは、いったい何を考えてこの映画を製作したのだろう。女子高校生が主人公の「恋空」でさえあれほど批判を受けているにもかかわらず、今度は小学5年生の少女の妊娠ですか?最近、週刊誌の記事を読んでショックを受けたことがあります。アジアのある貧しい国で幼い少女達が売春をして妊娠・・ まだ幼いのに子育てを強いられ、そしてその子供を養うためにまた売春をしなくてはならない・・しかも少女を買う客の多くが日本人だとか・・(日本人としてホント恥ずかしい・・)妊娠してしまった少女達の多くは、難産のため死んでしまうのですよ。体が成熟していないのに妊娠なんてもってのほかですし、奇跡的に無事に産まれたとしても、いったい誰が責任をもって子供を育てるのか?しかもこの映画について監督は「ファンタジー」と言ってるんだとか・・この映画を観て小学生の女の子達が真に受けたらどうするんですか?言いたいことはまだいっぱいある生理がはじまる小学生の高学年女子に性教育が必要なのは当然ですが男子には性教育小学生では必要ではない。この映画の内容では性教育にもなっていません。この映画はぜったい小中学生の少女達に見せてはいけません。映画を見た私は強く強く抗議します!しかもジェンダーフリーの映画として作成されるのだ。ジェンダーフリー=悪である前提で、「コドモのコドモ」も悪であるという暗黙の指摘「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。「くっつけっこ」を見ることで、子供が悪い影響を受ける、という指摘。小学生どころか、18歳以下でも妊娠は危険です。こういった現状を見ても、子供が子供を産むことの素晴らしさなんて、言えるんでしょうか?制作に対する批判。11歳の少女に子を産ませなければ愛を語れないほど貧弱な人間観しか持っていないといえるのではないか?「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。正直、この制作グループに乗せられてこのような映画を嬉々として持ち上げ、賞賛、宣伝してきた人々の余りにも軽率で軽薄な単細胞ぶりに驚くばかりである。小学生の子供に、「くっつけっこ」と称する性交をさせ、妊娠、そして出産・・・。どう考えても、これって【児童への性的虐待】ではないですか。それを映画撮影という理由で、幼い子供に疑似体験させるなんて、大人のエゴとしか言いようがありません。この映画には、たくさんの子供たちがオーディションに参加し、その中から役が決められたそうですが、子役の親たちも、どういう映画なのか、その内容をちゃんと分かってたんでしょうか。分かって我が子を送り出したとしたら、子役の親達にも問題があるのではないか・・・と思います。ヒロユキのような小学生の父親は世界でも一人も確認されていない。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

中学生の性を食い物にした赤い糸フジテレビの放送中、映画上映始まる赤い糸リポート20

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月 5日(月)10時33分56秒
  「赤い糸」は効果音で内容の薄さを隠している印象NHKの朝ドラ以下であり中学生を対象にしたことは純愛物でも小さな恋のメロディーを過激に描いたみたいでうんざりした。赤い糸第3話はいきなり喧嘩の場面からスタート。コータ達は何か話している。中学3年生に時間はジャンプしました。中3で同じクラスメートと同じになりました。芽衣のバスケットボールで中川さんが鼻血です。芽衣はクラスの男子に人気があります。何か原作と2年持がちがいそのまま中3になってしまいました。中2の芽衣の初体験セックスシーンやコータとの愛のないセックスシーンはカットされています。中3では陸と過激なセックスシーンがあるけど映画でもキスシーン以外はみんなセックスシーンはぼかされていましたから、文化祭の準備で陸がのっています。原作では芽衣は淳史を捨てて陸に夢中になり彼氏としてセックスを重ねているのですが陸はテレビドラマの流れを見ていると片思いだけの面しか描かれていません淳史との恋の3角関係は出ていないのですがテレビでは3格関係として描いていますね。薬物依存症の女子がいます。やせ薬から女子はドラッグに入
り込むものが多いと聞きますからね。淳史の母は薬物依存症です。優梨はナツに愛を抱いています。テレビドラマはこれだけ改変されるとつかみずらいですね。しかし薬物依存症の話はよくありません。淳史と芽衣は仲好く文化祭の作業をしていますが陸は話をしているうちに片思いです。おじさんの赤い糸の中国の伝説を離しています。芽衣は図書館で中国の運命の赤い糸の本を探して読書しています。薬物です女子生徒で誰か薬物をやっている生徒がいます。芽衣は陸と淳史との関係がひどくなりましたが陸を本当に好きなのは沙良なのです。麻美がきましたが、これも原作では中3では淳史の彼女になり続編「赤い糸destiny上・下」高校生編で淳史をめぐり芽衣と対立するはずですが原作とは違いますね。この文化祭の場面さえ原作ではないのですから麻美のお父さんは自殺したそうです。麻美は陸の彼女のはずです。沙良が文化祭を頑張りすぎて倒れました。原作では沙良は中3の時、自殺未遂を行い記憶喪失を起こしていますが、うるう年2月29日生まれは4年に一度しか誕生日となりますが年齢は3月1日に年齢はい年進むようになっていますから。淳史の誕生日占いで今日はドラマ終了です。何か原作と大きく食い違いドラマがつかみにくいです感動するドラマではないことは確かです。来週がいよいよドラマが急変する修学旅行です。しかし、性描写を除いても、ドラック、自殺未遂と有害情報をこれだけ中学生に注ぎ込むのはいけません、原作の毒はかなり抜かれています。映画でも原作の毒はかなり抜かれていましたが有害な情報を中学生に与える面が目につきました。やはり性的な毒は取り除かれても純愛アイラブストーリーは中学生では成り立たない。純愛物でも今の段階が普通の子では続編「赤い糸destiny上・下」で18%程度起こること、と本には書かれていますが今のドラマはみんななぜか早熟だらけが多いです。ただしドラッグや自殺未遂は中学生に有害情報を注ぎ込みます。これはいけません。今後の展開は要注意です。

引き続き警戒、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画「コドモのコドモ」上映中20

映画「コドモのコドモ」を見てYAHOOレビューを見て批判論を書いている人に意見は通ているが肯定的な意見を書いている人は意見の筋が通っておらず突っ込みどころ満載である。YAHOOレビューを見るとこうもこのような意見があったので、感じ、思ったことを素直に書かせてもらいます。この映画では人間の愛情、家族や友人を思うことの美しさを感じることができません。おばちゃんに妊娠していることがバレてしまうシーンでの会話、居間で母親に抱かれながらの会話、おじいちゃんの「子どもは宝」という台詞。こんなことは現実とはまっさかさまでありいい加減な政策の仕方に腹が立つ。映画の良いところはSF、寓話ファンタジー、ドキュメント、ステレオタイプ、教育的配慮の映画の狙いがはっきりしていないといけない。一番いけないのは非現実であるところを現実的に子供に思い込ませる映画です。映画の中では僕らが生きている現実の世界では感じられないもの、夢や理想をとても身近に感じ、楽しむことができる。しかし区別ができない映画は駄作である。「コドモのコドモ」には映画の醍醐味が全くないから評価も低く映画もコケたのだ。この映画は一般的に考えられる余分な物をかき混ぜていて、人間が持っている悪い面をまっすぐに見せる悪質な映画である。この映画を現実的でないと批判をする方々は正しい。本当に映画を好きな人たちである。子どもに対する影響だが、この作品を見る人間の多くが大人なのだが、子供たちもR指定がない以上は何人か見ている議論する必要は大いにある。僕が見た時も、空白席が多かったが全員が中高年の男性ばかりだ。着た人はほとんどが話を聞いていると「あの子がかわいいな」という言葉が聞こえる。ロリコンおじさんたちなのだ。そして原作と変えられていることロは多くあるが内容はほぼ一緒です。すべてのシーンを再現して映画にすることは不可能です。映画として成り立ちません。「現実、現実」と繰り返す人ほど本当に現実を見ています。くどくこの映画を肯定する人は現実が見えていません空想の世界の妄想にふけています。現実に苦しんでいるからこそ、冷たい世の中のことを忘れられる何かを人は望むはずです。しかし「コドモのコドモ」は小学生の出産というここ15年以上も起きていない現象で問題にもなっていないことを映画化して問いかけても性教育にも全くなりません。映画「コドモのコドモ」は現実ではなかなか見ることのできない、とても大きな愛情に包まれているように見えるが実は全く逆であり現実の世界に変えるとさらに心は冷えます。小学生の出産はここ15年以上も日本は起きていないが子どもが子どもを作ってしまったら小学生どころか中学生でもほとんどは中絶する。この社会では生きづらくなってしまう質合も悪くなる、これを「どこか違うように思えます。命を軽んじているというかなんというか」という考えのものが多く子供の出産を認めると日本はたちまち貧乏な国になり国は崩壊する。私は映画を見終わった時良い気分が悪くなった。みなさんはどうでしょうか?見て気分が悪くなったと答える人が映画を一緒に見た人は言っているのです。日本は14歳以下の出産は1970年はわずか9件だったが悪魔の教育となった性教育の影響で激増した2006年は42件2007年は「14才の母」の影響で43件と増えた。しかし小学生の出産はここ15年以上は起きていない。2007年の14歳以下の出産は中3の14才と中2で41件、中2が2件あったが小学生は0件だった14歳以下の出産は毎年今は中3の14才と中2で40件前後、中1は2~5件起きている。しかし小学生の出産はここ15年以上も起きていない。
 

中学生の性を食い物にした赤い糸フジテレビの放送中、映画上映始まる赤い糸リポート19

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月 4日(日)10時55分12秒
  原作の内容をそのままテレビにしたらクレームの嵐でである。授業は平気でサボるし、中学生での喫煙・飲酒等、教育上よろしくないことのオンパレードだ。いくら深夜の放送とはいっても、テレビ、設定が中学生で原作を全て忠実に再現するのは社会が許さなだろう。私も原作を読んでからドラマ、映画を見たが、主人公をまじめな中学生にしてキレイにまとめてる。芽衣のギャルっぽさやアッくんの女性経験の多さなどの派手なキャラ設定や展開を大幅にカットしテレビ向けの、ピュアな純愛路線のストーリーに持ってい公としているのは見えている。ドラマ版が好きで今後も見たいのであれば、原作はこれ以上読まないことをオススメしたい。きっとがっかりするはずだ。映画はとてもマイルドである。
過激なアレもない。しかし中学生に有害な情報は十分に注いでいる。ご周知の通り、原作は『今の中学生ってここまでアレなの?』の、ド自堕落さがとにかく目に付く。ドラッグやアッチ(過激性描写)系の連発。比喩的表現、文脈で人を惹き付ける事もせず、ただもう乾いた表現で、ショッキングな事も加わり、それは覗き見的な、禁断の世界の興味を引く(多分)。“キワもの”と言って良し。例えば他の作品なら、バンド活動やスポーツの中に青春像を組み込む。“好いた、ハレた”以外にチャンと見せ場を創る。対してこの物語は“恋愛の他に見せ場がない”。“ムキ身”のテーマとでも言おうか。ずーっと『好いた、別れた』の世界。それはそれで良いのだが、それだけじゃ話にならない。結果、ドラッグやアッチ(過激性描写)系の話で刺激を与える。それが受けた…それだけの事なのだ。『赤い糸』はそうだった。ただし児童ポルノほうはケータイやインターネットの小説にも大きな影響は与え過激な性描写ものは控えるように警告が出てからは、続編高校生編「赤い糸destiny上・下」「赤い糸precious」完結編では並の大人しい表現に変わってしまっている政府の命令では作者、中宗根泉さんもかなわなかったようだ。『コレって実話って噂』の声もあるらしいが、どうなんだろう?実話なら、手間のかかる小説にせず、ドキュメントとして発表した方が、よりセンセーショナルだろう。まぁ、そんなマコトしやかな噂(多分)が出るのも、物語にあまりに空想性がなく、どこかニュースや雑誌で見た程度の“事件”しか起きない為だろう。しかし中学生がこれほどのことを現実にやるとビッグニュースになり芽衣や他の学校の生徒がかかわっている先生や学校長も首は瞬時に飛んでしまう。これは空想のファンタジーである「恋空」も現実と書かれていたが倒錯の空想話、ケータイ小説は幼稚園児がセックスして妊娠出産してもこれは実話ですというバカげたケータイ小説が激増している。ケータイ小説も制限を加える必要がある。まぁ、それは原作の話。今回、フジは映像化にあたってTVドラマを先行させた。素直に巧いと思う。“原作とは違うピュアな物語にしてます”そう宣言した。これに肩スカシを喰らった人は、もう付き合う必要はない。キュンときた人は、映画も大丈夫。そういう準備段階を創った。手抜かりないのは、映画はTVドラマを観たくなるような“仕掛け”をしてある。
TVは、各登場人物によりスポットを当て、丁寧に立体的に、同じ話を描くのだ。かつ。 映画の続きを観たい方は、TVの最終話あたりを観て納得する形。(映画は1つの終わり方がある)“フジは、青少年にドぎついドラマは売りにしません、戦略で勝負します”そんなことはない。中学生のドラッグや夜遊び深夜徘徊は十分に有害な情報を与えて過激なドラマになっている。テレビドラマも映画はドぎつさ、過激なアレ(過激な性描写)は全くない。芽衣、敦史ともに、アバズレなど縁遠く、極めて清純。特に淳史は原作のアツシではなく、真面目で、母の薬物依存に心痛める、等身大の少年である。だからこそこの2人、微妙なスレ違い、誤解に揺れ動く。しかし中学生の大恋愛自体が中学生の発達段階を無視している。南沢奈央、溝端淳平のイメージも舞台あいさつのラブシーンを生で行いぶち壊した。とても繊細な心の様、それがメインに描かれて行くのだ。お父さん、お母さん方。
お子様が『【赤い糸】を観てくる』と言うとやはり警戒する必要がある。原作が【赤い糸】である以上、薬物シーンや自殺、恋人の暴力といったシーンがある。それは他の中学生向け映画は見られない過激なものだ。『それでも、まっすぐに生きなきゃ』と言う、
若いひたむきさがみられるというバカげたキャッチフレーズまであるのだ。チャンと心救われる映画に仕上っていない有害映画だ。“適度に”危険シーンオンパレードである映画。それが「赤い糸」だ。原作の毒は抜けても作品の中身が駄作で子供に与える有害情報からは抜け出せていない。これが問題になった。“過激さを抜くなら、【赤い糸】である必要はないのでは?”そういう疑問が沸いてくる。今作は、原作の流れを“キレイに”さらったダケ、つまりは毒のない【赤い糸】なのだ。ただし過激な性描写がないだけである。原作の不快なインパクトを、“揺れ動く心”の描写で補い切れたかと言うと…?である。原作を抑える事を良しとしながら、なんともジレンマなのだが、つまり、ソッチ(過激な性描写)系ではない強い見所を加えなければ、“この作品でなければ”という、愛着は沸かない人が多いロリコンと思われる中年のおじさんたちの数が半数を占めた映画館もあった。この原作の映像化そのものに、無理があったのかも知れない。恋愛模様しか展開されないドラマは、展開のストレートさが目に付く。これが中学生なのかという面が多い本当に刑務所にびち込んでやろうかと思うシーンは満載だ『コイツら好いた、ハレたしかないんかい』と。原作の知名度を利用し、“形だけ”の【赤い糸】を、ブームにのせて創ったそれが真実かも知れないが、とにかく独自性はない。“適度に”だから、それなりの見所もない。淳史の画になるたたずまい。芽衣のクリクリ目の芯強さも何かアンバランスである、次第に目が行くキャラがへんに描かれている。そして、1992年2月29日と言う特別な日をよりどころにして、紡ぎ上げていく、現代味のピュアな“想い”はどうか。1992年は阪神淡路大震災があった大変な年で村山内閣が崩御した年なのである。TVと同じキャストだから、どうなんだろ?と思った役者力も新鮮さに欠ける。とにかく、原作よりもTVドラマが好みの方には、安心して観られる作品ではない。映像化にあたり、原作のどぎつさに頼らず、“戦略”は中学生により過激有害情報を注ぎ込んでいる。

引き続き警戒、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画「コドモのコドモ」上映中、めざめよ日本中の保護者達19

「コドモのコドモ」この映画上映の最終日。大阪府の映画館へ小学校の京師の私は勤務が終わり13歳の娘と見に行って来ました。娘の名前は仮の名ですがリンレンとつけておきます。見終わったときの会話は、リンレン「非常にわるい映画だったなあ~。こんなくだらない。この映画のどこが いいのか さっぱりわからん。特に、親と一緒に、子どもが見たほうがいいな。子供だけでは危険だよ」父「そうやな~」リンレイ「うちは今妊娠するようなことは絶対にしないし 妊娠したことが分かれば他人に分からないようにそっと胎すよお父さん」父「この映画のように性交をして子どもができることを知らずに、くっつけっこして妊娠してしまった・・というシチュエーションならこの映画では妊娠は無理だ小学生の10歳同士の性交では妊娠は起こらない小学生の父は世界でも確認されていない。 また小学生ではこのこのように、産むことは不可能だ命がけの帝王切開手術になり昔の日本や発展途上国では今でも多くの少女が低年齢出産により命を落としている。いのちの重さを知ってるりおんなら、このような映画は作成できないだろうな、生まれた子供も育てていけれるはずはない~子供だけの出産は生まれた子どもは死亡するし生まれた条件では母子ともに即死するのだよ。その前に、親が気がつかないことはおかしいけど。」
リンレイ「私なら大変なことなので親にすぐ行って子どもは胎すよ、生んでも親の手がないと自分たちだけでは育てるのは無理です。第一命がなくなるのは怖いもの、この映画は小学生に小学生でも無事に赤ちゃんが生まれることの誤解を招き大変な事態を招く映画だよ」父「この映画のように生むまでが描かれてるなら 感動して終わり、乃は現実は厳しくてならない発展途上国のケースを見ても11歳の出産は多くの少女が自然分娩出なくなっている武田信玄の初めの妻も13歳の低年齢出産で死んでいるのだ息子勝頼は23歳の嫁の子供なのだ。現実は、その先が大変やしな。もちろん感動軟化は実際のありゃしない、その先の責任が、今の自分に持てるはずはない~ここ15年間以上も小学生の出産は起きていない14歳以下の出産は毎年45件前後起きているが中3の14才と中2で40件前後、中1で5件前後起きているが小学生の出産はここ15年以上も起きていない。子どもを育てるって 真剣勝負なんやて。一緒に生きていきながら学ぶことも多いけど、まず精神的にも、経済的にも自立して 始めて責任が持てる 立場に立てるんやと思うよ。
小学生では出産は命にかかわってくる中学生もリスクは非常に高い。中学生はたとえ生むのは産めても、子どもを一人前に育てるのは どっちがかけても難しい。だから、セックスを、今の自分がやれる時期なのかよく考えないかんと言うよりもしてはいけない時期なのだ子宮癌を知っているかい。子宮癌は生理があって1年以内に性交をしたものは生理があって10年後に性交したものよりもなんと26倍のハイリスクができるのだよこれはペニスによる刺激だからコンドームをつけていても一緒なんだよ」リンレイ「本当に怖いね妊娠だけでなく性感染症もかかりやすいのだね。うちもそう思う。また自分の娘の妊娠をだいたい、まわりの親や、教師が気づかないのがおかしい!!まさか、子どもが子どもを妊娠してるなんて、おもわんにしても、5か月もすれは親も身体検査を毎月行っている学校の先生も絶海に気がつくよ子どもをみてない妊娠に気がつかない大人にびっくりしたわ。親が性教育をするべきだしまた八木先生の性教育は過激な性教育で子供の姓を刺激して大変な事態を招くと思う。性経験の年齢低下は社会環境のせいにしているけれで一番大きな原因は学校の過激な性教育が一番大きな原因で学校が 一番悪いとおもった。うちみたいに性教育にはダブーにならず性教育も発達段階に合わせて、ちゃんと育てとったら、相談も出来るし、親も安心できる。自分たちが教えすぎたり教えてないから、不安やし、子どもに知らせたくないんやろ。そんな親に聞いてみたい。高校生のなれば自分たちはなぜ子どもを生んだの? どういう気持ちで性交をしたの?娘や息子が聴いてもズバッと答える時期に初めてなってくるのだ。エロ本とか見てさ、興味があって、やりたくって子どもができたんだったら、もっとばかや。エロ本見ても昔から性交に走る子供は出てこない学校の性教育が子供の性交を激増させるのや自分らがそうやで 恥ずかしいこととおもっとるのはいいことであり、子どもにも恥ずかしいことでキスシーンだけ見て凍りつく雰囲気が昔の子供は性のガードになっていた。「コドモのコドモ」はまねされたら困るんやろ~。そんなんなら、その子どもも、親から聴けずに、友達とインターネットやケータイでエロサイト見らねなくするのは、今は簡単だ。それで普通と思わせないといけない。子どもは、悪いことをしたということがわかっとるから、親が怒ると思って、おとなには何にも言わんくなる。親が知らんところで、自分たちで、カンパして、いのちをあたりまえのように中絶して・・・怖いことやよ。しかしいくらカンパして中絶しても保険所の関係で親にはばれるようになっているのだよ。うちは、こうしてけじめをつけるように話せるけど、だめです!!っていえない親や子供をジェンダーフリー家庭で自由に育ててしまうフリーセックスを進めるこの映画の世界のような家庭ばかりでは、こんな話絶対できんしな。」父「そうやな~。こういった映画はもう製作はしないことだ、小学生や中学生の妊娠や出産を描いたドラマは、いやなら見なければいいだろう出は絶対に済まない。もう生理が始まったら、すぐに妊娠できるというのは間違いだ。女性は初経後10ヶ月経たないと妊娠できる体にはならない。小学生でも10カ月すれば妊娠できる体になる。日本人の平均初潮年齢12,6歳と外国人よりも1年以上も早いので小学生の妊娠は+10か月でも性交相手が中学生以上の大人だと超レアケースでも妊娠はしてしまうわけだから、もし妊娠すれば命にかからるから小学生は中学生や高校生のようにカンパでりゅうぜつなど入っておられない。妊娠を正直に親に打ち上げて親と真剣に 話し合うことが必要やな。文部科学省から目をつけられている性教協の学校の保健の先生の話では、情報は大げさだが実際に、小さい頃に、父親から性的虐待を受けてた子が、おとなになってそれが性交であったことを知り、ショックで立ち直れなかったり、やはり小さい頃、近所のおじさんにレイプされたけど、何のことかわからなかった。ただ、痛くて痛くて、母親におなかが痛い!!と訴えた。母親は、おなかが痛いという子を内科に連れて行くわけだけど、なんともない。その家では、性器の名前を恥ずかしくって口に出していなかったという 悲惨なこともあるらしいよ。しかし今では内科でも妊娠は検査ですぐにわかるのだ。「コドモのコドモ」の世界はあまりにも現実離れでSFでありしかも悪質なSFだその、年、年齢、成長段階で、どこまで話すかはあるだろうけど 成長に合わせて、話をしていくことが大事やとおもうよ。」ただ問題はここ15年間以上も起きていない小学生の妊娠を描いた問題提起では現実に起きていないのになんでわざわざ映画化してまで問題化しないといけないのかここに大きな問題点があると思う。これは私の親類の家庭から送られたお便りを基に書き込んだドキュメントです。女性は命いっぱいの覚悟を決めて出産に挑むのです出産とは女性にとっては、一生の内に命をかけるすごい瞬間のはずこの映画は、その神秘的で素晴らしい命の誕生を女性をおちょくっているとしか思いません。と映画を見た後、反発を繰り返す女性が多かったのだ。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性を食い物にした赤い糸フジテレビの放送中、映画上映始まる赤い糸リポート18

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月 3日(土)10時45分15秒
  「14才の母」以上の超問題作「赤い糸」は中2が激しい性描写、セックス、妊娠、飲酒、喫煙、麻薬(ドラッド)暴走など中学生の過激な行動がいっぱい。『赤い糸』問題(1)過日、日テレ系で問題となった『14才の母』(主演:志田未来)以上の超問題作・『赤い糸』(主演:南沢奈央)がこの冬からフジのドラマ・松竹の映画のメディア・ミックス形式で公開されと発表され、問題視されている。ケータイ小説の原作では、主人公は中学生で、様々な男性遍歴を重ねていき、その間、主人公やその周辺では、強姦、妊娠、喫煙、麻薬(ドラッグ)などの性非行・非行を重ねていくが、その生々しく、過激な性的表現と、現実にはあり得ない展開・進行が話題となった作品であるが、これがそのまま映像化できるのか?映画もそうだが、特に大手キー局が、テレビという公共の電波でこういう非行を垂れ流していいのだろうか?この他、ケータイ小説の中には、「コドモノコドモ」など、やはり、幼児・児童・生徒という低年齢層まで性的な対象としたもの(セックス、強姦、出産等)があり、これらのケータイ小説中の描かれる過激な性的描写のさることながら、実話であるとしたら由々しき事態である。これら「ケータイ小説」のヒット→映画化にともなって、主人公の低年齢化と過激な描写の頻出が気になる。去年流行の『恋空』の主人公は高校生だったが、今回制作中の『赤い糸』では、主人公は中学生と低年齢化しており、かつ、なかばアウトロー的な非行・性非行のオン・パレードである。仮にこれらケータイ小説の末路で児童・幼児への性行為・性描写へのエスカレートしていく可能性は十二分にある。『赤い糸』については、一部、制作者サイドの見解では「(映像中、あるいはシナリオ段階では)きわどいシーンは控えた」ともとれる発言が仄聞されるが、それがどの程度のものなのか、あるいは、逆に『赤い糸』の原作を相当改変した-すでに『赤い糸』ではなくなっていないのでは?という疑問も残る。しかし、現時点で、公式HPからたどれるオリジナルのケータイ小説の文言や刊行されている同シリーズを読む限り、どこがそのように「無毒化」されているのか、全くつまびらかではない。『赤い糸』問題(2)また、上記の個別の問題以外に、そもそも、アクセス数を根拠に、過大な視聴可能性人数を弾き出した代理店、それを鵜呑みにし、かくも無内容・有害な作品を「純愛」という虚偽の包装紙に来るんで製作する、フジテレビ・松竹-また、この番組・企画に関係・出資するスポンサーは、ここまで問題性が明らかになっている稚拙な作品をあえて映像化して世に問う「意義・意図」を明らかにするべきである。ただ「売らんかな」という問題ではなく、これはメディアの良識と責任に関する根幹の問題と連関する。TBS系統の「恋空」が5%に届かず、日テレ系統の「学校じゃ教えられない」も保護者から「子供に見せたくない番組・ベストテン」入りしている現状、あまりに露骨で過激な中高校生のセックスや妊娠がテーマをテーマとしたものは、この夏休みにあっても低視聴率にあえいでいるのが現状である。逆に、古くさい古風な学園ドラマ「ごくせん」が高視聴率をマークしているのは、ある意味、皮肉である。保護者の選択によって、テレビの視聴の選好や映画の鑑賞は大きく左右される。「保護者が子供に見せたくない番組・映画」を量産して、テレビ局や映画会社に何の利得があるのか、客観的には全くその理由がわからないのが正直なところだが、この流れを考えると、主人公の中学生の男性遍歴、強姦、妊娠、友人の喫煙、麻薬などの非行を前面に打ち出した『赤い糸』の前途は多難である。同番組の公式HPなどでは「純愛路線」を謳うが(また、意見聴取の項目もない「一方的告知HP」である)、主人公・南沢奈央がシナリオを読んでショックを受けたとの報もあり、内容の過激さは、依然、保たれているようにも思われる。「傷は浅いうちに・・・」という声も漏れ聞こえるようである。あまりにも不適切なドラマで義務教育中の中学生に及ぼす影響を考えていないと大きな非難が出ている。ケータイ小説 赤い糸は、中学生の芽衣とアツシのラブストーリー。総アクセス数1600万件というとてつもない数字をたたき出していますが、書籍の方も、恋空を上回る発行部数だったみたいですね。ただ、アマゾンのレビューでは相当叩かれています→blog ranking描写がエグイらしい^^;4~5冊出ていましたが、平均☆マークは1個・・・。内容が突拍子もなさ過ぎるし、主人公が中学生なのに、過激な描写が続くみたいです。無料で読める携帯の中でならまだしも、お金を出してまで買う必要はないらしいですよ(笑)あんまり過激なのは、お茶の間の反感を買うと思うので、映画やドラマでは、その辺は考慮して製作してほしいですよね。ドラマか映画かは分かりませんが、すでに撮影は開始されている様子。いくらヒットしていてもケータイ小説を映画やドラマ化するのは危険性がある。「恋空」では高校生のセックス、妊娠、流産、喫煙が描かれていたが、「赤い糸」はさらに低年齢化させロケも静岡県の中学校で行いまた義務教育中の中学生のハードなセックス、妊娠、飲酒、喫煙、麻薬(ドラッド)を描くのである。このようなケータイ小説は小学生や中学生の性を暴走させ子供に性経験を激増させてセックス漬けにするばかりか幼稚園児や幼女の性まで暴走させる恐れがある。ケータイ小説のヒット作の映画化、テレビドラマ化は非常に危険である。最近ではテレビドラマ「学校じゃ教えられない」で高校生の妊娠、中絶が普通のように描かれ非難が出てテレビドラマの低視聴率の基になっている。今の日本は性教育がはじまってから小学生がひどく性の価値観をなくしてしまい中学生、高校生と世界一性の価値観や性のモラルの低い国になってきている。

引き続き警戒、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画「コドモのコドモ」上映中、めざめよ日本中の保護者達18


「命の尊さ」といいながら、小学生がくっ付け遊びといいながらふざけてやるものでなありません。妊娠、出産、産まれてくる赤ちゃんは命を掛けて必死なのです。本来、遊びでやるわけではありません。命を落とす人もいます。あなたは遊びで死ねますか?可笑しいと思います。小学5年生の妊娠、出産を描いている割にあまり深く真実味が伝わって来なかった。子供が曲がりなりにも自分達の力だけで立ち上がる姿が微笑ましいが、そこまで根付いた大人への不信感が何故に因るものなのか、社会派映画にしては描かれる事に説得力のパンチが無い。ハルナの家庭はまさに宮崎美子という俳優が持つイメージそのままの家庭環境で過ごしてきたように思えるが、そのイメージに反してハルナは冷めた今時の子供だし、姉の不審な行動に対して「アンタの顔を見ればアンタの体調や何か隠しているのか、すぐ分かるんだからね!」という実に母親らしい母なのに、何故最後までハルナの妊娠には気付かないのか?姉や父親も同様、姉に至っては友達の妊娠で悩んでいた筈なのに、何故かハルナには無関心。でも、家庭はアットホーム。・・・・・・・あり得るのか?あのまさに母親らしい母親なのに。これなら田舎のアットホームな雰囲気を醸し出すようなハルナの家庭環境を都会的に代えた方がまだ良くはないか?まるで主人公の家庭設定だけ宮崎美子の俳優イメージに、舞台を合わせたかのようだ。おおらかにハルナを包んでくれる暖かいお婆ちゃん。おばちゃんの姿を見るだけでも、孫への暖かい想いは伝わってくる。でも、お婆ちゃんはまさに母親の中の母親である。プロ中のプロである。育児や教育の辛苦は今まで嫌という程経験されて来た筈だ。小学5年生で妊娠して更に産んで育てるという事が、どれだけ大変な事か判っている筈である。それなのに、「そりゃあー!驚いたさー!」という台詞だけで終わらせて、ただ祖母の愛情を描いているのはどういう事か?お爺ちゃんに至っては、ただ認知症老人という事を笑いのネタに使っている。すこしお爺ちゃん、お婆ちゃんの存在をやけに理想的に描き過ぎているのではないだろうか。クラスの子供達も、最初はまさに学級崩壊を思わせる憎らしい子供達ばかりだが、ハルナの出産が機になったのか、ラストはやけにハッピーに終わる。厳しい育児の現実が待っているというのに、そんな現実は考えなくても良いというように、観客の心をただ暖めるだけかのように、ハッピーエンディングであり、スタッフロール時に名前の横に現れる、キャストの赤ちゃんの時の写真。そこにもの凄く違和感を感じた。この映画は、ただ赤ちゃんが生きようとする暖かさだけを描いた映画だったのか?小学生の妊娠なんて衝撃的なテーマを扱っているのに、ただ命の尊さ、その逞しさ、暖かさ、だけを取り上げて描いてしまって良いのか?「厳しい現実なんて何処かへポイ!人の命はこんなにも暖かいんだよ!力強いんだよ!人間の源なんだよ!」そんなメッセージの描き方なんて、あの「恋空」と一緒である。この映画を製作した意図が「恋空」みたいに軽く描く事にあったのならば、小学生の妊娠なんてテーマを採用する必要はない。壊れていく子供達と、人生の規範にならなければならない先生の教育ロボット的な模範、学校に自分の教育を押し付ける無責任で、文句だけ言うけど子供達には無関心な親達、そんな社会を見せ付けられても、自然と成長していく子供達。「そんな社会で良いのですか?」そんな命題を突きつけるにも残念ながら、責任に裏付けされた愛情が、この映画からはあまり感じられない。この監督は、この映画はファンタジーだ、などとのたまったそうで、それならわざわざ社会派ぶった、壊れていく社会の姿を取り入れる事は無かろう。ただ人の興味を惹く題材を取り上げたかっただけ、と言われても仕方のない事かもしれない。あるお気に入りレビュアー氏が憤慨していたように、この映画にR指定がない事も、製作陣の意識の軽さが窺える。もし、この映画を見て単純に「命ってなんて素晴らしいのだ!」なんて思われたら、その責任は重いと言う言葉以上の重さが製作陣に降りかかる。命には光だけではなく影もあり、輝き続ける為の責任もある。こんな衝撃的なテーマを扱うならば、もっと真面目に妊娠、出産のテーマを掘り下げて欲しかった気がする。表現の自由にも限度があり日本政府は外国のように思い切って国会で取り上げ完全規制をアメリカやスウェーデンのように書ける必要があるかもしれません。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して深刻に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

中学生の性を食い物にした赤い糸フジテレビの放送中、映画上映始まる赤い糸リポート17

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月 2日(金)10時37分18秒
  「赤い糸」は、ドラマ自体がばかだろ ドラマは芽衣が高校生になった時から急激に正常化して性描写も少なくなっている。芽衣のようなことを行うと普通は高校進学はできない飲酒や喫煙でも駄目だがセックス、レイプ、妊娠、中絶とこんなに問題の多い子を引き取る高校があるわけはない。芽衣が高校生になった時のドラマのあらすじは『<赤い糸 -destiny-のあらすじ> 時は流れ、芽衣は高校2年生になった。芽衣の親友の優梨に子供が生まれ、昔の仲間たちが集まることになった。そこで芽衣は、新しい恋人と一緒にいるアツシの姿を見つけ、心を痛める。もう気持ちに迷いはないと思っていたはずなのに、再び動き始める芽衣の運命。やがて、父親ががんに冒され、芽衣は落ち込んでいたが、手術が成功し安心する。手術の帰りに立ち寄った神社の絵馬にはアツシが芽衣の父親の無事を祈る言葉がつづられていた。その言葉を見て、アツシへと心を動かされる芽衣。その後、芽衣がドラッグパーティーから持ち帰ったヤクを、かつて芽衣と一緒に輪姦されてしまったことのある親友の美亜が使ってしまい薬物中毒に陥る。芽衣は薬中になってしまった 美亜への対応に悩みつつ、アツシの彼女の麻美からの嫌がらせにも苦しめられるようになる。
やがて芽衣は、麻美と別れたアツシと正式に付き合うようになるが、境界性人格障害である麻美の嫌がらせは止まらなかった。麻美は、経営がうまくいかないアツシの母親の店への融資の件や、芽衣の輪姦事件をネタにして、なんとかして芽衣とアツシを別れさせようと画策する。しかし、目の前で芽衣を救うために車にはねられたアツシを見て、麻美の嫌がらせは止まる。そののち、芽衣とアツシの二人は見事結ばれる。物語の最後に、芽衣の本当の両親の話が語られる。アツシは自殺した芽衣の実母のホステス仲間の子だった。運命の赤い糸って…きっとある気がする。』エンドは「恋空」とは逆のハピーエンドであり感動は薄れる。 糞ドラマなので。かなり視聴者離れた。ケータイ小説時点で期待できない人も多かったんだろう。最近スタートのドラマは中学生や高校生のドラマはラブレターで人々はおなかいっぱいになってきている。現実の教育現場では起こらないことばかり描くNHK教育テレビの「中学生日記」の非難もひどい。「天才てれびくんMAX 中学生特集木曜生放送うきうきラブアワー」への非難も大きい。まだ未成年のタレントを今は屋は苦から汚しすぎている。また小説では東京だったらどこでも明るくて人がいるから駐車場でレイプなんかありえない。すぐに他人に気づかれてしまうのだ。ドラマも現実離れの矛盾が多く「コドモのコドモ」のようなファンタジーで逃げている面が小説を読破してわかり実話という言葉がファンタジーの上に乗っかっている恐怖感を私は覚えている。ケータイ小説(笑)って レイプや妊娠やクスリや病気や自殺ってのが本当にあったことです。と書かれているのが特徴である。私もケータイ小説の有害さを危惧してケータイ小説も読めてインターネットもできるケータイを持っている。溝端は避けられているどこが良いのかわかんない。加えてあのヒロインでもない物語がつかみにくい。 初回から中学生のドラッグや深夜徘徊とまともな青春ドラマにはならない。 1話目は中学生の発達段階ではシャレにも恋愛ドラマにならない。NHK教育テレビの「中学生日記」でもひどい非難が出ているのだ。この先どうドラマ化されるかはわからないがスイーツなドラマは初回から壊れている。映画絡みでこの時期に初回にした意図ははっきりとわかる。しかし、時期は新番組見ようって気には人々はならないのである。商業ドラマ臭、少しは消さないといけない。 最初からテレビドラマと映画化同時並走は成功例はSFしかケースがない。 映画公開の後の視聴率がどうなるかも気がかりである。映画が「恋空」の要の甘利に性描写が露骨だとテレビドラマは映画の後は保護者が子供に見せたくない番組に指定して視聴率は必ずダウンする。 番宣とかCM(コラボのつもり?)とか ごり押しとか映画への集客とか そんなのばっかり目についてイヤになるドラマだ視聴者をナメてる。 『恋空』みたいに、映画大ヒット → ドラマ化でも、あんな悲惨な視聴率だったのに、これじゃ、ドラマも映画も悲惨な事になりそうな気がする。問題は中学生という低年齢の過激なセックス、レイプ、妊娠、中絶、飲酒、ドラッグと有害な情報を注ぎ込む要素しかないからだ。 もう、携帯小説のドラマ化自体、良識ある人々からは飽きられてる。また小説最悪すぎる。主人公に全く共感出来ない。主人公はただのヤリマソ。あっくんはただのヤリチソ。という感覚の物語でしかない。途中のドラマは映画を見ても性的な描写の部分に目がいき中学生や高校生は見やしない。また「恋空」「コドモのコドモ」のようにロリコンファンのほうが多いことも考えられる。「コドモのコドモ」は映画がこけたが90%が中年独身男性のロリコンであることがアンケートで分かって映画会社も驚いている。携帯小説でも僕たちと駐在さんみたく身近で素朴なのなら良いんだけど ただの腐女子目線だと引かれても仕方ないと思う。原作読んだときは舞台に田舎を想像してたがドラマでは舞台東京だ。 東京であの話の展開はありえない。田舎でも今では「赤い糸」の話の展開は起きない。 2回目はハチワン子供の時に麻薬である。

引き続き警戒、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画「コドモのコドモ」上映中、めざめよ日本中の保護者達15

10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。産んだ後どうなるのか、あの女の子は、あの父親の男の子の人生は男の子が18歳になるまで2人は待ち続け、必ず結婚するのかどちらかの親が不自由なく育てればそれでいいのか赤ん坊はどんな環境でどんな問題を抱え、どれだけの精神的ダメージを受けながら育つ可能性があるのかとりあえず赤ん坊を死なせるような事が無ければそれでいいのか?人とは、社会とはそれでいいのかそれらを思えば、子供たちが協力して子供を取り上げるシーンが素晴らしいなど簡単には言えないはずだ、まともな大人なら。自分の子に性の目覚めるままに行動させ、生きさせて、責任も何も考えさせないのか。子供に良い映画だったと言うのなら産む事=命を大事にする素晴らしい行いだなどと考えさせるのは止めてもらいたい。これを見た小学生中学生に、「私ももし妊娠したら産みたい」なんてセリフを言わせるのではなく自分の歳で「もし妊娠したら…」などという事は絶対にあってはならないんだと教えてほしい。一つの命に責任を持って自分で育てていく事が大切であるからこそです。たとえ真剣にお互いが好き合っていても、今その思いのままに性行動する事、妊娠する事は愛でも何でもなく、互いを思いやれない無責任な行為なのだと私は子供に教えたいと思う。そのような事を考えました。この映画は大人の不甲斐無さはそれなりに描けていたけれど何かもう一つ抉れていない事と見る子供に、最後まで「命」が大事ならこうなってはならない本当に「命」と「自分」を大切にするならばこれではいけないという事がいまいち伝えられない表現のままでなにか、「これでもいいのだ」といった感じで美化したままに終ってしまったのが残念だと、私は思いました。。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性を食い物にした赤い糸フジテレビの放送中、映画上映始まる赤い糸リポート16

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月 1日(木)11時38分13秒
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳」に正月早々中学生の非常に危険な恋愛記事が掲載された。中学生の非常に危険な恋愛記事そのまま掲載。

=勉強に恋に悩んだ一年 有栖(15)=

昨年を漢字一文字で表すならば「悩」。受験生でもあり、なれない家庭勉強で学力の伸び悩みにあきらめさえ出始めていました。しかし、そんな私に転機が訪れたのは昨年の夏。高校見学に参加し、その高校のありのままの姿を見て、「私もこんなふうになりたい!」と強く思いました。それから受験勉強も前以上に頑張れるようになり、勉強が苦にならなくなってきました。今は、その高校に合格できるように、成績を維持しようと努めています。もう一つ悩んだことは恋。私には、今自慢の彼氏がいます。その人とも、6月から付き合い始めていっぱいケンカしました。彼氏がほかの子と話してや気持ちも。だけどやっぱりその人がいてくれたから、今の私があると思います。今春新しい高校生活が切り開いていけたらいいな、と祈るばかりです。(松山市・女子)

愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーに松山市の中学生の非常に危険な恋愛記事が掲載され松山市の先生たちは正月早々また生徒指導部の先生たちは正月返上となった。松山市の中学校では性教育の中でも恋愛指導は今年は過激にしない方針に決めたが、やはり恋愛記事が愛媛新聞ヤング落書き帳面に載り松山市の先生たちは新聞社がこのような少女コミックのような恋愛記事や性ネタ記事を少女コミック並に2~3日ごとに掲載されてきている。正月早々飛び上がる恋愛記事に松山市の先生たちは校区内準氏に力を入れている。新聞社がこのような記事掲載を行うと非常に困る中学生のアンケートを取ると愛媛新聞を知っているのは90%以上ただし毎日読むは35%でありスポーツ欄ばかり読んでいる。「ヤング落書き帳」コーナーを知っているのは高校生で15%であり中学生では5%にもみたない。小学生では6年生でも1%以下である。こんな状態で連日、恋愛記事を編集している愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーに首をかしげている。

「赤い糸」は映画をなめてる2時間という枠で収めきれなかったのか?だったら監督が無能てことですね。まだ映画としては恋空のほうがまし、だってまだエンディングがあるんだもんドラマ見なきゃ結末わからんとか映画じゃない、心の底からあきれましたね。あとコイツら中坊なんですよね!?壮絶な人生歩んでます薬物依存症の母親がででくるんですがどうにも甘ったるい、以前ドキュメンタリー番組で見た方はこの程度じゃなかった、もう何もやる兆しがないような顔色も青白く見てて言い方は悪いが私も顔が青ざめた携帯小説ってのはどうにもこういう重いテーマを押し込んで重厚感を出したいらしいけどいい加減これはノンフィクションとかいうのやめてもらえないかな?あんたらどんだけ壮絶な人生送ってるんですか今月から始まる「フジテレビ」の連続ドラマの映画版。しかも、本来なら「映画公開」→「ドラマ放映」 「ドラマ放映」→「映画公開」というのが流れなのだが、「ドラマが放映途中に映画公開」というなんだか変な映画。「赤い糸」というぐらいだったので、恋愛物で大変に暗い映画かと思ったが、実は青春物だったので、イメージほど暗くはなかったけどね・・・とにかく、突っ込む所ばかり・・・・友人が自殺未遂するんだけど、退院して記憶がなくなるんだけど、会いに行くと、傷ひとつない綺麗なひとなのね・・・・男の友人が親友の彼女だった子と付き合うんだけどね・・・あんなに良い子だったのでに・・・付き合うと180度性格が豹変するんだよね・・・そんで、また良い人になってあっさり友人に彼女を返すんだよな・・・・そんで、申し合わせたように交通事故で死んで(笑い)また、主役の女の子に両親が生世の秘密を話す場面があるんだけど、本当ならもっと話すタイミングってあるじゃん、あんな時に普通は衝撃事実なんか話すタイミングじゃないよ・・・と、言ってしまえば、韓国ドラマのような・・・・日本なら日本映画の良いところがあるのにね・・・韓国ドラマのまねしなくてもね・・・でも友人が事故で死んだ時、隣で座っていた女子高生ふたりは、涙ぐんでいたよね・・・それを友人に、涙ぐむ理由が分からないと言うと「それは、ゼネレーションギャップだよ」と、笑われてしまった。ま、今の子なら良いのかもね・・・・私的には、作り物ね・・・リアルさがかけて、まさに今時のドラマ、これなら「3年B組金八先生」を過激化したドラマ。自殺、薬、妊娠など、これらの負のキーワードさえ入れておけば今の携帯小説原作の映画化は成り立ってしまう。紛れもなく二匹目のどじょう狙いだが観客は馬鹿ではない、前回のガッキー主演の映画で辟易しているにもかかわらず似たような映画を作っても正直どうだろう。前回の映画が受けた背景は紛れもなく携帯小説ブームという背景があったからこそで今やその神通力も通じまい。所詮、薄っぺらい原作には薄っぺらい映画しか生まれない。対観に行かないでください! つまらない 恋空以下 お金の無駄ですドラマの延長線上というなんともお粗末なシステムドラマもゴミだが 映画もひどかった 大人はもちろん 高校生いや中学生にも退屈する内容主演の二人が感情もなく台詞をたどたどしく話す 演技の勉強もしていない俳優陣に言葉もでないある意味アイドル映画以下である
お金をはらうのも、レンタルするのもおすすめできない関係者は必死で「純愛!リアル!最高!感動ストーリー!」などど絶賛のあらしを書き込むだろうそして 多くの学生からなけなしのお金搾り取っていく被害者を少なくするため立ち上がろうと思う絶対観ては行けない理由は つまらない 退屈 俳優がごみ 携帯小説の最低映画。試写会で時間つぶしのために鑑賞。この映画のゴミさにある意味で翻弄された。くだらないという言葉を使うことすら出来ないあまりのゴミさ。試写会の劇場全体からとてつもないイビキは聞こえてくるわ。映画自体も本当におもしろくないわ。舐めてるんですか? 本当に映画製作する気あり!? 馬鹿!?「純愛はキレイごとじゃない」とか言ってましたが正直、映画本編でこの言葉はあまり関係しません。しいて、すると言えば主人公が不幸になるぐらいです。まぁ花男よりもひどい出来です。なんせ、主演の二人がろくに演技できていませんから!!!!ドラマ×映画とかいう新しい試みをしているなどと宣伝していますが、これは私「映画評価君」を怒らせるための火薬ですか!??私は以前からドラマの映画化は必ず邦画界をぶち壊しにかかると申しておりましたが、ついにそのときがやってきたのかもしれませんね。テレビ局が製作するのは映画ではなく「興行回収のための有料ドラマ」なんですよ!!!!!!!!!!!まず監督の村上はテレビ畑の監督ですから映画を製作する能力はないです。以前、「電車男」や「7月24日通りのクリスマス」なんてゴミ映画を作っていましたが、それから成長することもなく今回も相変わらずゴミな仕上がりです。それから映画の中でセックスのテーマを持ってくるのはやめろ!!これは、私、一国民としての叫びだっ!こういう映画は嫌でも、若年層が集まってくるものである。それなのにこういうテーマを持ってくるのはやめなさい!年末の時期に入っているのにも関わらずこのような不衛生な映画に出会ってしまったことが非常に残念である。

引き続き警戒、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画「コドモのコドモ」上映中、めざめよ日本中の保護者達15

クラスの子供達も、最初はまさに学級崩壊を思わせる憎らしい子供達ばかりだが、春菜の出産が機になったのか、ラストはやけにハッピーに終わる。厳しい育児の現実が待っているというのに、そんな現実は考えなくても良いというように、観客の心をただ暖めるだけかのように、ハッピーエンディングであり、スタッフロール時に名前の横に現れる、キャストの赤ちゃんの時の写真。そこにもの凄く違和感を感じた。この映画は、ただ赤ちゃんが生きようとする暖かさだけを描いた映画だったのか?小学生の妊娠なんて衝撃的なテーマを扱っているのに、ただ命の尊さ、その逞しさ、暖かさ、だけを取り上げて描いてしまって良いのか?「厳しい現実なんて何処かへポイ!人の命はこんなにも暖かいんだよ!力強いんだよ!人間の源なんだよ!」そんなメッセージの描き方なんて、あの「恋空」と一緒である。この映画を製作した意図が「恋空」みたいに軽く描く事にあったのならば、小学生の妊娠なんてテーマを採用する必要はない。壊れていく子供達と、人生の規範にならなければならない先生の教育ロボット的な模範、学校に自分の教育を押し付ける無責任で、文句だけ言うけど子供達には無関心な親達、そんな社会を見せ付けられても、自然と成長していく子供達。「そんな社会で良いのですか?」そんな命題を突きつけるにも残念ながら、責任に裏付けされた愛情が、この映画からはあまり感じられない。この監督は、この映画はファンタジーだ、などとのたまったそうで、それならわざわざ社会派ぶった、壊れていく社会の姿を取り入れる事は無かろう。ただ人の興味を惹く題材を取り上げたかっただけ、と言われても仕方のない事かもしれない。あるお気に入りレビュアー氏が憤慨していたように、この映画にR指定がない事も、製作陣の意識の軽さが窺える。もし、この映画を見て単純に「命ってなんて素晴らしいのだ!」なんて思われたら、その責任は重いと言う言葉以上の重さが製作陣に降りかかる。命には光だけではなく影もあり、輝き続ける為の責任もある。こんな衝撃的なテーマを扱うならば、もっと真面目に妊娠、出産のテーマを掘り下げて欲しかった気がする。表現の自由にも限度があり日本政府は外国のように思い切って国会で取り上げ完全規制をアメリカやスウェーデンのように書ける必要があるかもしれません。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して深刻に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。「命の尊さ」といいながら、小学生がくっ付け遊びといいながらふざけてやるものでなありません。妊娠、出産、産まれてくる赤ちゃんは命を掛けて必死なのです。本来、遊びでやるわけではありません。命を落とす人もいます。あなたは遊びで死ねますか?可笑しいと思います。小学5年生の妊娠、出産を描いている割にあまり深く真実味が伝わって来なかった。子供が曲がりなりにも自分達の力だけで立ち上がる姿が微笑ましいが、そこまで根付いた大人への不信感が何故に因るものなのか、社会派映画にしては描かれる事に説得力のパンチが無い。ハルナの家庭はまさに宮崎美子という俳優が持つイメージそのままの家庭環境で過ごしてきたように思えるが、そのイメージに反してハルナは冷めた今時の子供だし、姉の不審な行動に対して「アンタの顔を見ればアンタの体調や何か隠しているのか、すぐ分かるんだからね!」という実に母親らしい母なのに、何故最後までハルナの妊娠には気付かないのか?姉や父親も同様、姉に至っては友達の妊娠で悩んでいた筈なのに、何故かハルナには無関心。でも、家庭はアットホーム。・・・・・・・あり得るのか?あのまさに母親らしい母親なのに。これなら田舎のアットホームな雰囲気を醸し出すようなハルナの家庭環境を都会的に代えた方がまだ良くはないか?まるで主人公の家庭設定だけ宮崎美子の俳優イメージに、舞台を合わせたかのようだ。おおらかにハルナを包んでくれる暖かいお婆ちゃん。おばちゃんの姿を見るだけでも、孫への暖かい想いは伝わってくる。でも、お婆ちゃんはまさに母親の中の母親である。プロ中のプロである。育児や教育の辛苦は今まで嫌という程経験されて来た筈だ。小学5年生で妊娠して更に産んで育てるという事が、どれだけ大変な事か判っている筈である。それなのに、「そりゃあー!驚いたさー!」という台詞だけで終わらせて、ただ祖母の愛情を描いているのはどういう事か?お爺ちゃんに至っては、ただ認知症老人という事を笑いのネタに使っている。すこしお爺ちゃん、お婆ちゃんの存在をやけに理想的に描き過ぎているのではないだろうか。クラスの子供達も、最初はまさに学級崩壊を思わせる憎らしい子供達ばかりだが、ハルナの出産が機になったのか、ラストはやけにハッピーに終わる。厳しい育児の現実が待っているというのに、そんな現実は考えなくても良いというように、観客の心をただ暖めるだけかのように、ハッピーエンディングであり、スタッフロール時に名前の横に現れる、キャストの赤ちゃんの時の写真。そこにもの凄く違和感を感じた。
 

レンタル掲示板
/6