teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


DV→DB

 投稿者:TMD  投稿日:2010年10月24日(日)20時56分25秒
編集済
  すみません・・・DBでした(汗)  
 

TMD期待のラインナップ

 投稿者:オーディオ愛好家  投稿日:2010年10月24日(日)19時26分22秒
   WEBページ拝見させていただきました。

驚きのラインナップです。特にERSTED SELECT-Cには驚きを通り越して・・・です。
購入計画を練り直さねばなりません。良い意味でアテが外れました。
購入資金を考え直さねばならないでしょう。(とは言っても商い的には小さな金額ですが)
これは暫く悩ましい日々をおくることになりそうです。
DREAM4-5も美しい・ERSTED SELECT-Cこんな外観したケーブルはTMDだけだ・・・悩ましいです。


失礼ですが、model-DV→model-DBの誤記であるかと。
 

(無題)

 投稿者:オーディオ愛好家  投稿日:2010年10月16日(土)20時59分13秒
   律儀にお返事をいただけますので、申し訳ありませんから、これを投稿の区切りといたします。

私の書き込み内容についてもし必要が生じましたら転載・引用等はご自由になさって下さい。(「支持者の声」として)

「ERSTED」の紹介ページにSHOPページへのリンクがない理由が分かりました。
研究材料として保管なさるおつもりだったのですね。
「ERSTED」は未聴ながら、定価販売でも不当に安いであろう筈です。
デジタルケーブルどころかプリアンプも今後のオーディオ生活において、買い替え不要になるかも知れないからです。
アナログ盤を聴かない人ならプリアンプも不要でしょう。
(TMDのケーブルは何故かゲインを増幅しないケーブルであっても音量感が上がるので、伝送ロスがあっても音が小さく聞こえない筈ですし)
ERSTEDは恐らく切り替え接点以外に劣化する箇所が無いと思われますから、生涯使用しても壊れないでしょうし。
>自分好みの音を、と言うよりは、年代・録音状態・音量・形態(生演一発直録りなのかマルチトラック生楽器ナシ電子音楽なのか、など)
がバラバラな音盤を一定の範囲に持っていく為に可変型ケーブルは有効なのではないかと思います。(音の合わせこみ)
セール価格18万円は最大限の好意での値付けであるとわかります。ですが、今直ぐには手が出ません。
数ヶ月か半年先にでも残っておりましたら、その時点での価格(当然セール価格よりは高いでしょう)にて是非お譲りいただきたいと思います。
ERSTEDがどこかの幸運なユーザー宅へ嫁ぎましたら、いつか、同様の物を正価にて一品物で製作依頼したいと思います。

良いとわかっていても、無い袖は振れませんので、TMDの製品は失礼ながら中古にて揃えさせていただきました。
使用中のケーブルはガラスチューブ世代がほとんどで、ひとつだけ名称不詳のジャケット纏い世代が加わっております。
安く複数本入手して、繋ぎ換えにて音盤ごとの音合わせをしております。
ジャケット纏い世代のケーブルは、主にSHOP店頭にて機会に恵まれた時に聴いております。いつも、進化がすごいと感じています。
店員の方も、その方の好みから外れていても皆TMDに一目置いているように見受けられます。

「TRIOUN」は音もさる事ながら、見た目が美しくて魅かれました。オーガンジーのジャケットがセンス良く、印象が焼き付いております。
個人的には世界一美しいオーディオケーブルです。(大袈裟でしょうか?)
音の為に、他社とは真逆に「外してゆく」進化をしたTMD。他社は、上位製品ほど飾りが多く、シールドも増えます。結果、音のゴージャスさは増しますが
音の表情が一面的になります。一時期TMDは「外してゆき過ぎて」裸の外観になっており、これを嫌う人もいたと思いますが、現在の製品は美しい外装で、
これが音にも貢献しているとなると
今後ライン・SPケーブルを直に購入させていただく際には、もしかしましたら、別途費用追加にて「ジャケット変更」を申し出るかもしれません。
(可能でありましたら。そして費用の折り合いがつきましたら。)
外装変更サービスもなさると喜ばれるかも知れません。(オーディオシステムの外観を統一したい人も多いですし。)

素人がいくらビンテージワイヤー・貴金属・高純度金属線などを駆使してケーブル作ったところで、限界があります。
銀線絹巻きケーブルなどでも単一素材で作った物は、いくら手間をかけても限界があります。自作の手間を少しでも知っている身と
しましては、TMD製品が地味な見た目(最近はゴージャスですが)でも時間を費やして作られている事がわかります。
単に「部品代=販売価格」では無い事実に多くの人は目を向けません。
量産効果か人件費のダンピングか部品を削るか開発費を削る(他社製品のアイデアを盗用する等)しか安く作れる理由はありません。
音決めのセンスも努力では身につきません。お金で製品を買うより他はありません。自作自体が趣味ではありませんのでそうなります。

繰り返しとなりますが、今度も「TMD」に期待を込めて支持してゆきます。
 

全ては現在進行です。

 投稿者:TMD  投稿日:2010年10月14日(木)22時35分32秒
  オーディオ愛好家様
色々と有り難うございます。
現在SLPシリーズとSLAシリーズの完全次世代バージョンを
次月のAA誌広告に載せるべく色々やっております。
今後とも宜しくお願い致します。
 

お答えへのお礼

 投稿者:オーディオ愛好家  投稿日:2010年10月14日(木)22時11分7秒
  早々にお答えいただきありがとうございます。
掲示板や著作・WEBページなどを拝見しまして、TMDは主催者が設計者であり製作者であるので、具体的でわかりやすい対応を
していただけると感じ、安心してお伺い出来ると思っておりました。
わからない事はわからない、現時点で可能ではない事は出来ないとはっきり仰って下さるのも安心につながりました。

2日ほど前に更新されました「ERSTED」の紹介ページは画像が表示される前でしたので詳細が不明でしたから
わかりませんでしたが、表示後に拝見しました所、大変な内容であると知り、廉価には商品化出来ないと思いました。
製作の手数・部材の費用・試作の手間と費用を考えますと、お答えにあるとおり何らかの画期的な発見でもしないかぎり
は不可能であると思いました。
パッシブ型は増幅が行えないので(以前自作解説でTOYA氏がトランスを用いたパッシブ増幅を紹介しておられましたが・・)
音量・音圧感でアクティブ型に譲るのも何となくはわかるつもりです・・・
しかしパッシブ型は電源部も無いので、機器の側に設置する際にもノイズ撒き散らさないですし、延々と回路を通って鮮度を
減ずることも無く、メリットは大きいと思うのですが。・・・
パッシブ方式で音を可変させる機器を製作しようというメーカー・工房はTMD以外に知りません。
ですから、期待して待たせていただきます。

お察しの通り、わたくしはオーディオ愛好者でありながらハードには予算を割けません。
>TRIOUN以上の音質を持つもので価格は低廉と言うのも出るかも知れません(こんな商売上不利な事でも伝える会社は珍しいです)
との事ですので、もう少し待たせていただきたいと思います。
アナログ音声ケーブルの方は、スピーカーケーブル共々、現在進行形のSLPシリーズかセールに出品されます商品(済みません)で
選択をさせていただくつもりです。他社製品との組み合わせは一切考えておりません。

TMDはケーブルでもアンプでも、プロ機器でもいくつものブレイクスルーをしてこられたと思いますので
そう遠くない先にまた何かを掴まれるかと思います。
PSEなどの法律が厳しいようですが、音の根幹である電源ケーブルの再投入にも期待したいです。
(新素材だけで構成してTMDのハイエンド基準を満たすのは困難かと思われますし、やはり手間がかかり高価になってしまいます
ようには思いますが。)
>レア部品に依存せず、何とか技術を駆使して好ましい音を作れ・・・に期待を抱いてしまいます。
お金も落とさずに無理ばかり申しておりますがますが、一流設計家の方の「発想」への刺激になるかと思い、
失礼を省みずに希望を述べさせていただきました。
 

お答え

 投稿者:TMD  投稿日:2010年10月14日(木)10時32分24秒
  「色々、開発しています」の内容はケーブルであったりアーテミスのようなアンプであったりします。これらは単に一つの音だけが出る従来のオーディオ製品の音の幅の狭さに対する反省から出発しています。

ダ・ヴィンチやERSTEDはとにかくBOXの付いたケーブルですので「箱もの」と呼んでいますが、これら箱ものの廉価版については結構難しいのです。というのは可変要素を持つと言う事は内部に可変機能が付くので仕組みはなかなか複雑であります。つまり手間がかかるのです。オーディオ回路などの製造を簡単に手早くするのには「プリント基板」を作ってしまえば作業は早まりますが音は確実に落ちます。ですからダ・ヴィンチの製造ですら一般的なTMDケーブルよりもはるかに手間と時間と部品代がかかってしまいます。結果的に価格に跳ね返り、実験的に開発はできたものの価格的には高くなってしまいました。従って箱ものケーブルの廉価版ができる時というのはTMDが何か非常に大きな「現象」を掴み、シンプルな操作で可変幅を大きく取れた製品ができた時には可能かと思っております。そうした現状です。

「TRIOUN」に関しては現在でも製造の為の部品、設計図等がありますのでご要望があれば受注生産でお作り致します。その際はメールなりをいただければ対応致します。

デジタル・ケーブルについては現在、色々と企画しております。その中にはTRIOUN以上の音質を持つもので価格は低廉と言うのも出るかも知れません。

「ARTEMIS」はレア部品(WEパーツ等)に依存せず、何とか回路技術を駆使して好ましい音を作れないか?という希望への一つの提案です。デジタル補正モノで満足できる人ならば問題は発生しないのですが、スーパーアナログの範疇でTMDはやりたいと思っています。それで先ほどから言及している「音色の可変幅」についてですが、アクティブなやり方とパッシブなやり方の二つがあり、アクティブは電源部を持つ回路技術で、パッシブは電源部を持たない回路技術ということになります。

ダ・ヴィンチやERSTEDは回路はありますが電源部を持たないのでパッシブ系統です。

「ARTEMIS」は電源部を持つのでアンプ内蔵の形にする方が好ましいのです。

効果は当然ながらアクティブ型の方が大きくパッシブ型の方がやや薄味になります。

>アンプほど高価ではないケーブルで近似の効果が得られるのなら

仰る通りで、そのような物を作りたいのです。
しかし現実は難しく今後なんとかそうした物を作ってみたいと思っています。

ps:ちなみに10月末日でWEB SHOPの仕様変更に伴いこの掲示板が使えなくなる可能性があります。その際はTMDのメールアドレス宛、直接 送信下りますようお願い致します。
 

ダ・ヴィンチ、ERSTED、「色々、開発しています」などについて

 投稿者:オーディオ愛好家  投稿日:2010年10月14日(木)02時52分19秒
     質問をさせていただきます。
{1}AA誌の広告にありましたダ・ヴィンチ、
今回のHPにありますERSTED、
以前のHPにありました「色々、開発しています」のケーブル数機種は、如何様な物でしょうか?
(「色々、開発しています」の写真にERSTEDが写っておりましたように記憶しています。)
{2}ダ・ヴィンチは高額価格帯製品でありましたが、
これらの廉価版は今後の開発プランにございますか?
{3}某専門店にて「TRIOUN」と云う素晴らしい音を持つデジタルケーブルを聴きました。
短期間で製造終了されたかと思いますが、今後、再製作の予定はございますか?
TRIOUN製造終了の理由如何によっては難しいかとおもいますが、廉価版は実現可能でしょうか?
{4}TMDの新機軸「ARTEMIS」はきっと素晴らしいかと思いますが、不況の折、手が出ないオーディオファン
も多い筈です。
(得られる音の結果から考えましたら、おそらく不当なくらい安価であるかと思いますが)
デジタル補正モノは、緻密ではありますが、高価な製品であってもどこかよそよそしい音がします。
正直申しまして、効果に驚くのは暫くの間であり、アキが来るのが早いです。
これまでデジタル補正モノの音に関心はさせられましても、感動はしませんでした。
TMDのケーブル特有の「不思議に実在感・実体感のある音」が、聴く音盤に合わせて可変
(もしくは合わせこみ)できるのは福音だと思います。
それが、アンプほど高価ではないケーブルで近似の効果が得られるのならうれしいことです。
ご無理かとは思いますが、{2}に書きましたように低価格帯で音の可変ができるケーブルを
開発していただきたいと願います。
 

アムリタとエリクシールの違い

 投稿者:TMD  投稿日:2009年11月10日(火)04時04分30秒
  アムリタとエリクシールの違い についてですが・・
当初、エリクシールは完成後にアムリタ両機種は製造終了する予定でした。それは統合モデルを作りたかったのと、更に好ましいモデルができないかと考えていたからです。価格もエリクシールの方が安いのはケーブル製作の製造上の行程を工夫し省力化できたからです。音質的には絶対評価というのはできない訳で、TMDが載せるコメントもTMD試聴室でのある決められた試聴条件の範囲での相対評価です。ケーブルだけの音というのは絶対に聴けないからです。システム全体で一つの音が出るからです。お客様のシステムではまた違った評価が出て当然です。そこで自宅試聴を考えました。実際に聴いて頂いてシステムに合えば使って頂ける可能性が出てきます。実際に聴いて合わない事もあるかもしれません。前置きが長くなりましたがアムリタとエリクシールでは、低音がまず違います。エリクシールの方が雄大に出ます。ただエリクシールは解像度方向ではセラトスが現在のところ典型的な高域情報が再現されますので、もうちょっと別の方向、つまり音楽の豊かさとか芸術的な表現とか・・そういう方向で作られています。ですから暖かみのある音に聴こえるかもしれません。音質的には私個人、エリクシールを現在、気に入って使用中です。音質的にはほぼ同レベルと考えており違いは好みの範囲ではないかと思っています。
 

アムリタとエリクシール

 投稿者:伊藤メール  投稿日:2009年11月10日(火)01時36分8秒
  初めまして、TMDのラインケーブルに興味ありまして質問させて頂きます。

アムリタとアムリタエリクシールは違うものと言うことは分かるのですが、音質的にはどちらが上ということは無いのでしょうか?

よろしくお願いします。
 

アンプ側の方の

 投稿者:TMD 畑野  投稿日:2009年 5月 6日(水)23時21分37秒
  弘季さま
アンプ側の方の端子形状はどんな形でしょうか?
対応できます。
 

レンタル掲示板
/2