teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ポスターハリスギャラリーの企画展

 投稿者:如月  投稿日:2008年 1月25日(金)00時51分38秒
  このところ私事で大変いそがしく、お返事、書き込みができなくて申し訳ありません。
年末年始、四谷シモン関係のTV番組はありませんでしたが、1月30日(水)まで渋谷のポスターハリスギャラリーで開催中の展覧会「マダム・オゴセーー美蕾樹復活祭」に四谷シモンもデッサンを出展しております。ギャラリーは東急本店のすぐそばにありますので、近くを通られた方は、どうぞのぞいてみてください。
ポスターハリスギャラリーのURLは、次のとおりです。
http://posterharis.com
 
 

こんばんは

 投稿者:村田譲  投稿日:2007年12月24日(月)22時12分14秒
  如月さん、今日はイヴということです。

シモンさんの年末年始TVでの情報とかありませんかね。
ちまちま見に来ますので、よろしくどうぞ。

ああ、わたしの方はこまこまとイベント入ってきています
です、ハイ。

http://www16.plala.or.jp/gliding-flight

 

内藤ルネさんを偲ぶ企画展

 投稿者:如月  投稿日:2007年12月 3日(月)00時05分54秒
  去る10月24日に心不全で亡くなったイラストレーター内藤ルネさんを偲ぶ企画展「アデュー内藤ルネさんの会」が今日、明日と銀座のスパンアートギャラリーで開かれています。
内藤さんというと、四谷シモンが澁澤龍彦さんが書いた記事でベルメールの人形作品の存在を知った直後、四谷シモンに自身が所有しているたくさんのフランス人形(関節人形)をみせてくれ、四谷シモンに関節人形制作への道を開いてくださった方です。
企画展では、内藤さんが亡くなる直前まで描いていた実質的な遺作等が展示されています。今日は、夕方金子國義さんも見えられ、賑やかな偲ぶ会になりました。
なお、明日(3日)は11:00から17:00まで開廊です。

スパンアートギャラリー
http://www.span-art.co.jp/
中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F
TEL=03-5524-3060
 

久世さん

 投稿者:貴子  投稿日:2007年11月29日(木)00時44分24秒
  久世さんのドラマ、ほとんど毎回拝見してました。シモンさんはお医者様の役が多くて、白衣がお似合いでしたね。教えてくださってありがとうございます。楽しみですね。  

25日の日経新聞

 投稿者:如月  投稿日:2007年11月24日(土)12時38分30秒
  貴子さん、「知るを楽しむ」ご覧いただきどうもありがとうございます(このところ、私事でなにかとあわただしく、お返事がすっかり遅れてしまい、もうしわけありません)。この番組、1月には、四谷シモンもたびたび出演した久世光彦さん(向田邦子ドラマの演出家)の特集だそうですから、こちらもちょっと目が離せませんね。

目が離せないといえば、明日(25日)の日経新聞朝刊もお楽しみに♪
 

人物伝

 投稿者:貴子  投稿日:2007年11月 6日(火)23時25分45秒
  先程放送されました、NHK「知るを楽しむ~私のこだわり人物伝」拝見いたしました。
これまで本などで読んだ事のあることですが、シモンさんご本人の言葉でうかがうと、もっと直接心に響いて、また、新しい感慨がわきました。蛇の目傘の歌も聴けましたし..

それから、先日、仙台の澁澤さんの幻想文学館に行って参りました。生憎台風にあたってしまいましたが、仙台文学館は森の向こうにある、ステキな小さなところでした。澁澤さんの使っていた細かいものなどが置いてあるのが似合うところでした。
 

展覧会の画像を追加

 投稿者:如月  投稿日:2007年11月 5日(月)00時18分28秒
  四谷シモンの展覧会情報のページを更新し、『澁澤龍彦 幻想美術館』展(横須賀美術館)および『六本木クロッシング:2007 未来への脈動』展(森美術館)の展示風景の画像を追加しました。ちょっとアクセスしてみてください↓。
http://www.simon-yotsuya.net/information/exposition.htm
 

近代美術館の開館記念展

 投稿者:如月  投稿日:2007年10月24日(水)12時51分11秒
  現在開催中の東京国立近代美術館工芸館↓の「<開館30周年記念展 Ⅰ> 工芸館30年のあゆみ」で、同館に収蔵されている四谷シモン作品『解剖学の少年』(1983年)が展示されています。重要文化財指定の重厚な美術館で、秋のひととき、四谷シモン作品および近代工芸の粋を楽しんでみてはいかがでしょうか。
同展は12月2日まで開催です。

http://www.momat.go.jp/CG/cg.html
 

撮影終了

 投稿者:如月  投稿日:2007年10月24日(水)01時39分13秒
  21日の澁澤邸での撮影をもって、『知るを楽しむ~四谷シモン編』の撮影は無事終了しました。どのような番組になるかとても楽しみです。
それと、番組撮影のため現在『澁澤龍彦ーー幻想美術館』展を開催中の横須賀美術館も訪問させていただきましたが、同美術館は、横須賀市郊外の海を見下ろす位置にあって、採光がとてもいいだけでなく、エントランスには海の香りのただよう、とてもすてきな美術館でした。
http://www.yokosuka-moa.jp/
またこの美術館には本格的なイタリアン・レストラン「アクアマーレ」もついていて、たとえば海を見下ろしながらイタリアンを食べ、合わせて美術を鑑賞するといった予定を組むと、なにかとても有意義な一日が過ごせそうという感じです。
撮影はとてもスムーズにいきましたが、テレビの画面からはすてきな海の香りが伝えられないのがとても残念です。
 

『六本木クロッシング』展

 投稿者:如月  投稿日:2007年10月15日(月)12時27分36秒
  六本木の森美術館で、『六本木クロッシング2007:未来への脈動』展がはじまりました(1月14日まで)↓。
日本の現代のアートシーンの最先端に立つとして絵画、彫刻、写真、デザイン、映像、漫画、ゲーム、人形、ペンキ絵、演劇などジャンルを問わず選ばれた36人(組)のアーチストがその作品を展示する企画展です。さまざまな作家が、既存の美術ジャンルにとれわれず、表現の枠や幅を拡げようと苦心しているエネルギーというかテンションの高さが、見ているうちにストレートに伝わってくるとてもエネルギッシュな展覧会だとおもいます。
http://www.mori.art.museum/html/contents/roppongix02/index.html
四谷シモンも1960年代制作の『頭部』から2004年制作の『少年の人形』まで、8点の作品を出展しておりますので、みなさんぜひご覧ください。
 

レンタル掲示板
/14