湯めぐり札幌 掲示板

ご自由にお書きください。
一部不適当と判断する書込みは削除する場合がございます、ご了承ください。
過去の投稿記事は、「湯めぐりねっと編集部」ページからご覧いただけます。

ホームページはこちら→日帰り温泉|湯めぐり札幌DX



カテゴリ:[ 温泉 ]


新着順:12/87


[81] 九州旅行行ってまいりました。

投稿者: さすらいの旅人 投稿日:2018年 3月22日(木)21時59分5秒   通報   返信・引用

こんばんは。
九州旅行に行ってまいりました。
北海道の温泉情報ではありませんが、
北海道から九州旅行に行く際の何か参考になればと思います。

九州には北海道に負けないぐらい、沢山素敵な温泉があって、
特に大分県は温泉天国と言われるぐらい素晴らしい温泉が多々あります。

安く行くならLCC(格安航空会社)を利用するのが良いと思います。
今回私が利用したのは「Peach」という航空会社で、九州(福岡空港)まで片道7,000円ちょっとでした。

飛行機の席が若干狭いぐらいで後は特に問題なく、福岡空港へ到着することが出来ました。

で、色々回りましたが何といっても一番感激したのはラムネ温泉です。
大分県の竹田市にあるラムネ温泉館、そして七里田温泉下ん湯をハシゴしましたが、
どちらも感激するレベルでした。
「ラムネ温泉館」は二種類の二酸化炭素泉があり、内湯は高温の濁り湯の浴槽が三つあり(どれも41度くらい)、
露天は無色透明の二酸化炭素泉(33度~35度くらい)があり、内湯で身体を温め、露天の二酸化炭素泉に入り血行の流れを良くするという「療治泉」が楽しめます。
初めて入る方には施設の方からきちんと説明がある点も良かったですね。
外にサウナもあって、汗を出した後に露天の低温の二酸化炭素泉に入ると気持ちが良かったです。
身体にまとわり付く気泡は、今まで色々な温泉に入浴して来ましたが衝撃度としては群を抜いていましたね。

人工の炭酸泉はスーパー銭湯の中でもたまにありますが、天然モノはやっぱり違うなぁって感動しました。

ラムネ温泉館の後、七里田温泉下ん湯というところへ行きました。
こちらの温泉はラムネ温泉館から車で10分くらいの距離にある温泉で、七里田温泉の本館で受付をし、鍵を借り入浴するスタイルです。
ちょうど他に利用客が居なく、貸切状態で楽しむことが出来ました。
こちらの温泉はラムネ温泉館よりもさらに極力な炭酸泉を楽しむことが出来ました。
無色透明のお湯が注ぎ口から流れ続けているのですが、パチパチって音がするんです。
その後しゅわしゅわ~と。 「バブ」という入浴剤をお風呂に入れると音がしますが、
あの音そのものと言ってよいほどでした。
入浴制限があり1時間を目安に利用すること、換気は必須(ガスなので)とのことでしたが1時間たっぷり楽しめました。 ラムネ温泉にしても七里田温泉にしても500円で入浴出来るっていうリーズナブルさもまた魅力的な部分でした。

「塚原温泉」 二年前の成分分析表が掲げられていましたが、今はph1.9(かつてはph1.4)のようです。
お湯自体が透明に近いぐらいで、匂いも殆どせず入浴しても酸性度はあまり感じられませんでしたが
味が強烈でした。腐ったたまごと強烈な鉄臭さ。今までに味わったことがない味でした。
露天風呂に入浴しましたが、外気温が寒かったのもありますが浴槽は40度くらいでした。(注ぎ口からはあっつあつのお湯がチロチロと流れていましたが、もうちょっと強めに流して欲しかったかな)

ただ、入浴後はさすがというか。肌の角質が取れすべすべになった感があり、
また肌に若干の酸性泉特有の鉄臭いあの匂いが付いていい温泉に浸かったなぁ!と。
入浴中より入浴後にその良さを感じる素敵な温泉でした。

「黒川温泉」
宿泊した宿の温泉はそこそこでしたが、
黒川温泉の真骨頂は1,300円で3湯入ることが出来る手形を購入し湯巡りすることにあると思います。
一箇所当たり400円ちょっとで(どの施設も通常日帰り500円ぐらいです)入浴できるんですが、選んだのが
洞窟風呂が有名な日本秘湯を守る会に加盟している新明館
創業して後10数年で300年を迎える老舗、接客の良い御客屋
黒川温泉内でも珍しい、白く濁った硫黄泉を楽しめる旅館美里
こちらの3つにしましたが正解でした。
混浴の洞窟風呂は想像以上に広く、中に入ると結構暗いので女性でもあまり恥ずかしくない?かな?入るまでに勇気が要りそうですが。(女性専用の洞窟風呂もあります)

御客屋は内湯と露天を楽しむことが出来ますが、何より接客が素晴らしかったです。
手形を見せ受付をした後スタッフが地下にあるお風呂まで案内してくれるんですよね。
日帰りでも一人ひとりきちんと接客してくれるのは少々驚きましたが、黒川温泉の人気の高さが分かった気がします。

美里はこじんまりしている感じで、こちらも御客屋と同様お風呂の入り口まで案内してくれました。
脱衣場を掃除している方ですら対応が良く黒川流のおもてなしを受けました。
温泉は白濁している硫黄泉でとっても気持ちよかったです。


そのほかにも別府の不老泉(ぬる湯で42度、あつ湯で44度 100円で入浴できます)や福岡の温泉も行きましたが、九州の温泉は本当に楽しかったです。


新着順:12/87


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.